塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ポッキー!!!
2007-03-30-Fri  CATEGORY: 未分類
自虐ネタは、嫌いなのですが、先週の日曜に痛めた両手首がまだ腫れが残っており、力が入らない状態だったので、今日、病院に行ってきました。「骨折後、正常につながっていなかったら恐いことになる」と脅かされたからです。ギブスでぐるぐる巻きにされたらどうしようかと心配でしたが、いままで使っていた市販のサポーターで固定することで許してもらえました。左右、3まいずつレントゲンを撮影しましたが、骨のそばに欠けた破片らしきものや少しモヤッとしたものが見え、自然治癒が始まっているらしいです。もう10日経ちましたから…レーザー治療、電気治療、アイシングをしてもらい、うまく直っていることに安堵して帰ってきました。久しぶりの病院に興味津々で、人間ウオッチングを楽しんできました。行った病院は、整形外科とリハビリが専門で、驚いたのは、40歳前後と思われる先生以外、15名ほどのスタッフが20代であったことです。男のスタッフも多く、動きが俊敏で活気に溢れていました。残念だったのは、患者であるお年寄りに話しかけている言葉が、ため口であったことです。親しみを込めてのため口なのかもしれませんが、おじいちゃんやおばあちゃんに使ってはいけないと思います。敬語をうまく使いこなせないのは、私も同様なのですが、それなりに気遣う言葉はあると思います。たとえば、相槌には、「うん」ではなく「はい」とか…。いろんな世間話で、その場をなごませようと努力しているようなのですが、こう思い始めると気持ちのこもっていない空々しい言葉に聞こえてきて…。別に正しい敬語が使えなくてもいいと思うんですよね。なんというか「きれいな言葉遣い」、そう、大泉洋のような…。なんか、前回のつづきになってしまいますた
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
大泉 洋
2007-03-28-Wed  CATEGORY: 未分類
なんか記事が紹介されたみたいで、うれしいです。今回は、お礼も含めて、「大泉洋」について書きます。彼のすべては、「水曜どうでしょう」に詰められていると思います。私が「大泉洋」の魅力を考えたときに、真っ先に浮かんだのは、彼の言葉遣いです。それは「北の国から」の北海道言葉ではなく、彼自身からにじみ出る、やさしい言葉遣いにあります。聞くものをなぜかホンワカとさせてくれるのです。怒っていても許してしまう、彼の人徳みたいなものであり、それが大きな魅力になっています。また、「水曜どうでしょう」の面白さは、皆が経験したであろう、「学生の乗り」にあります。それを社会人の立派な大人である彼らが、あられもなく面に出し、実行していることに感激してしまうのです。私も学生の頃、深夜に誰かが海を見たいと言うと、すぐにポンコツ車にぎゅうぎゅう詰めになりながらも、明け方までかかって日本海を目指す。そんな青春がありました。そんな乗りが「サイコロの旅」の原点だと思うわけです。ディレクターの会話にも、そういやあ、こんなタイプの奴もおったなあと懐かしむわけです。でっ、でっもこんな経験のない若い人にも支持されているわけで…う~んみんな、彼らの乗りが好きなんでしょう。いい加減な話になってしまいましたが、彼らにしか作れなかった番組だと思います。いやほんとでもこんな言葉遣いの出来る彼を育てたご両親にちょっと会ってみたいです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
東京タワー
2007-03-25-Sun  CATEGORY: 未分類
東京タワーの放送が終わりました。テレビ世代なので毎週録画してチェックしていました。私は、九州人なので一回目の東京に出て行くシーンで、もうボロボロに…。って言うか、嗚咽をともなって泣いている状況で、自分にビックリしました。倍賞美津子さんがうまかったですねえ、死んだ母と重なってしまい、当然、わたしは「もこみち」ってことにそんなことより、もこみちの自然?な演技が光りました。大泉洋のもよかったのですが…。他にもワル役とエエ役がハッキリしていて見やすかった「華麗なる一族」そんなやつあおらんでの「ハケンの品格」ジャニーズの層の厚さと八千草薫のカワユサばかりが目立った「拝啓父上様」など観ていました。そんなん、いつ観てるの?と言われそうですが、もちろん、塾を閉めた後、夜中に観ているわけで…。ささやかな楽しみです。元から、映画が大好きで、よく映画館に通っていました。この仕事をしていると、生活パターンが一般の人と違ってきます。塾に朝一番にお電話するのだけはおやめください。お願いします。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
なにがなんだか…
2007-03-23-Fri  CATEGORY: 未分類
来週から、春期の講習会を迎えますが、今年の新年度募集の状況は、新小6と新中1に集中しています。例年、中1は、入塾者が一番多い学年なのですが、それでも、まずは学校に慣れてからと考える方もいらっしゃって、五月雨式の入塾が続くのが例年なのですが、今年は、予想を反してこの3月に集中し、その余波が続いている感じです。この時点で、6年生のクラスは増設しましたし、中1も、このまま続けば、1クラス増やさないと対応できなくなります。原因を考えていますが、現状では、ハッキリとした答えは出ていません。
慌ただしいですが、忙しいのはありがたいことですので、入塾していただいた方々に感謝するとともに、責任を果たすべくがんばる所存であります。こんな経験は、初めてなので恐い気もしています。一度、落ち着いてから、原因について書いてみたいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
合格ぱーてぃ!…
2007-03-21-Wed  CATEGORY: 未分類
合格した生徒を連れて、毎年どこかに出かけています。今年は、小学生はスケート&ボーリング。ちょっとスケートに年甲斐もなくマジになってしまい…。何回か転倒するうちに左手首に激痛を感じつつ、右手が大丈夫ならボーリングはいけると思いながら、さらに取り付かれているように滑っていたら、最後には右手首もいかれてしまいました。なんか、グルグル回り過ぎたせいか、酔ったみたいに気分は悪くなるし、左手の甲は、毛糸の手袋をしたように腫れ、右手にも力が入らず…。みじめですよお。上着が脱げない、チャックが閉めれない、車のキーが回せない、車のドアが閉められない。その日は、口まで箸を持ち上げることすらできませんでした。両腕が使えないのですからしょうがありません。おそらく、ひびか骨折したのだと思いますが、気力で直すと宣言して、両手首にサポーターを巻いて頑張っております。(本当は、病院行くのが恐いだけなんですが…)一昨日は、中学生を連れて「こてこて大阪ツアー」と題して、「なんばグランド花月」で漫才と新喜劇を観て、「道頓堀極楽商店街」で食事をして帰ってきました。吉本新喜劇は、生徒たちにどうなのか少し心配でしたが、テレビでは見ても、劇場まで足を運んだ生徒は少なくて、思っていた以上に好評でした。大阪人として、大阪の文化は、しっかり理解しておいて欲しいと思います。USJにも2,3度行きましたが、中でバラバラになってしまうのが、ちょっと寂しいです。
毎年、こうして別れが来ます。寂しい気持ちはつのりますが、新年度の忙しさに追われて、あまり深く考えないようにしています。それより、早く、両手首を直さねば…
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
完徹!!!?
2007-03-14-Wed  CATEGORY: 未分類
今日は、ヘロヘロです。この時期が一年で一番忙しいのですが、この15日は確定申告の締切日。サラリーマン時代は気にしたこともなかったのですが、個人で始めてからは、この時期がおっくうでおっくうで、早くしなきゃと思いつつ、忙しさにかまけてカウントダウンを続けてきました。もう限界と悟ったのか、昨夜は眠気もあまり感じず、徹夜してしまいました。昨日は、泉塾連の有志が集まっての「バトミントンクラブ」の日で、早起きして出かけての徹夜、体も悲鳴をあげています。特に右肘が…。しかし、提出書類の作成もほぼ終わり、ちょっとした安堵感と達成感で満足しております。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
新年度授業開始!
2007-03-12-Mon  CATEGORY: 未分類
今日から、新学年の授業がスタートしました。毎年、中途半端なこの時期になるのは、公立後期試験の直前まで、中学三年生の指導をしたいからです。例年のことですが、新入塾生や新年度を迎えるための仕事で溢れ、ちょっと収拾がつかない状況です。
昨日、中3生の「公立入試直前対策」で五科のテストを実施し、その採点をしました。その成績を偏差値に換算しながら思ったことは、得意科目と不得意科目の差が大きいことです。いまさらながらの話になりますが、不得意科目をなくす事が、偏差値60突破の大きなカギになるようです。社会は出来るのに理科はさっぱり…。数学はできるのに英語がぜんぜん…。こんな生徒が、偏差値50~57,8あたりで、伸び悩んでいるようです。得意科目では、勝っているのに、5科トータルでは負けてしまう、改めて、バランスとれた成績の大切さを思いました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
「泉州私塾連合会」
2007-03-08-Thu  CATEGORY: 未分類
今日は、泉州私塾連合会の月1回の例会でした。泉塾連は、大阪府南部の個人塾が集まって、組織している団体です。今日は、短い研修がありました。以前、塾に勤めていたときは、会議や研修に追われる毎日が苦痛でした。嫌々、受けていたのだと思います。最近は、研修そのものが新鮮に思え、素直に耳に飛び込んできます。毎月は、嫌になるかもしれませんが、三ヶ月に一回ぐらいであれば…なんて勝手なことを考えてしまいました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
進級懇談実施中!
2007-03-06-Tue  CATEGORY: 未分類
先々週から進級懇談会を続けています。個人懇談形式で、時間は30分を目安にしています。次がなければ、1時間になることもあります。先日、懇談を実施した講師は、なんと二時間半もお母様と話をしていました!?私には、できそうもない最長記録!です。
お子様の家での様子を聞くことは、我々塾にとって大変有意義なことですし、外の社会で見せるお子様の顔にビックリなさるお母様もいらっしゃいます。今後の指導に直接活かせるお話しも多く、塾にとって欠かせない行事だと思っています。
もちろん、ここではお書きできない話もあります。特に、学級崩壊やいじめ、登校拒否。近隣の小・中学校のうわさも含め、学校の荒廃のお話は、最近増えている話題です。
いつも私がお話しするのは、私が小・中学生の頃と学校が変ってしまったことです。昔、学校で平気に言えたことが、言えない…つまり、少し窮屈な社会になっていることです。このため、気遣いが必要な場面も多く、できないとイジメられたりします。そんなに神経質にお子様を監視する必要はありませんが、学校にすべて任せ、先生の言うことに逆らわず、子供の問題として大人が口をはさまなかった時代は終わっているのです。「自分が過ごした小・中学校生活を、そのままお子様にあてはめれない」ことを頭において、お子様の話しを聞いていただけたらと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
公立前期試験の結果
2007-03-05-Mon  CATEGORY: 未分類
2日に公立前期入試の合格発表がありました。6人が挑戦していたのですが、5人が合格しました。公立は私立と違い、募集定員しか合格者を出さないので、倍率がそのまま入試の厳しさを表しています。泉北(国際)1.68倍、受験者2名中2名合格!堺東(総合)1.64倍、受験者2名中1名合格!成美(総合選択)1.54倍、受験者1名中1名合格!伯太(総合選択)1.94倍、受験者1名中1名合格!本当によく健闘してくれたと思います。やはり、授業後残ったり、授業のない日も来て勉強したりしていた生徒は、みごとに花を咲かせたと思います。最近、学習指導だけでなく、個々の生徒と話合い、目的を明確にさせることが、そのまま学習意欲につながり、成果を上げています。つまり、生徒がやる気になれば、こちらが何もしなくとも、成績は向上するのです。(こちらも授業に熱が入り、相乗効果もうみます)いよいよ、新年度です。新しいクラスの雰囲気作りに、こちらから積極的に働きかけてみようと思っています。そうすることで、私の業務も楽になるわけですから…。
そうそう、私立専願生が、今年は非常に多かったことに加え、前期試験生がほとんど合格した結果、後期試験の生徒が例年の半数しかいません。当然、3月の授業料収入は減ることに…。うれしいのですが、ちょっとだけ複雑…!?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昨夜も…
2007-03-01-Thu  CATEGORY: 未分類
学年末テストの前日で、昨夜も11時30分過ぎまで6名の生徒が残っていました。今年の新中3生、中2生も、この時期からやっていれば黙っていても成績は向上すると思います。
でも、正直、塾も睡眠不足です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。