塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪学芸って!!!②
2007-07-29-Sun  CATEGORY: 未分類
いやはや、なんともお恥ずかしい結末です。国会でも、素直に非を認めなかったがゆえに大事になってしまった方が、何人もいらっしゃいますが、高校でも、しかも校長先生が…私も人に誇れるほど清廉潔白ではありませんが、公に向けて、こうもシャアシャアと嘘がつけるほど、アホでもありません。何がこうさせたのか分かりませんが、「同じ穴のムジナ」であったことは間違いありません。

「こんな学校に生徒を送っていた塾にも責任がある」とネットでおっしゃる方もいます。私の尊敬する塾の先生は、進学実績がドカンと上がった5、6年前、塾生を10名以上受験させましたが、翌年は0人でした。これは、入学した卒塾生の話から、生徒に勧めるべき学校ではないと判断されたからです。(内容は控えますが)RITZからは併願受験者は毎年いますが、実際に高等学校に進学した生徒はいません。しかし、中等学校に進学した生徒が2名います。

5、6年前から、「大阪学芸高校」の人気が高まりました。これは、いわずもがな進学実績が飛躍的に伸びたからです。毎年、10月に開催する「進学ガイダンス」では、説明を聞きに来る生徒が列をなします。そこで、他の高校が一つのブースで対応するのに対し、学芸は二つのブース、中等学校と併せると3つのブースで対応します。先生も5,6名いらっしゃいますが、それでも説明が聞けなかった生徒が出ます。それくらい、近年、人気が高まっていました。

今回の封書以前にも気になる文書がありました。たとえば、「1.5次の入試は実施いたしません」という内容のものです。一般的には、「1.5次の入試をしますのでよろしくお願いします」というのが普通なのですが、うちにはたくさんの受験者が来ているので、1.5次入試をしなくても十分になので…と言っている様なもので、高飛車な態度が受け取れます。(1.5次入試…私立高校の一般入試の後、公立前期入試の前に行われる入試、一般入試では募集定員が確保できそうもない学校が実施しています。近年、実施する高校が増加し、大阪の私立約90校のうち、50校あまりが今年も実施しました)また、募集定員を大幅にオーバーして入学させるのもこの学校の特徴です。3、4年ほど前、8クラスの募集定員に対し、入学者は16クラスという年がありました。


学芸高校を卒業し、現在、大学4年生になる他塾の卒塾生は、10校を受験し、受験料は無料だったそうです。報道は「氷山の一角」であったと思われますし、そう思われてもしかたないでしょう。

高等学校が、生徒・保護者宛に出した文書は、こう締めくくられています。
このような記事により大きく名誉を傷つけられたことを大変残念ですがこれも前向きに捉えて、本校として反省し是正すべきところはきちんと正していくとともに、こんなことにくじけず、今まで以上に教育内容を充実させ、精進していこうと考えています。保護者、生徒の皆様にはこの本校の決意を信頼していただき、今まで通り安心して学業にスポーツにと頑張り、生き生きとした高校生活をおくってほしいと思っております。

何も、申し上げなくともお分かりいただけると思います。「日本人は、権力に対してもっとモノを言うべきだと思います」おとなしくしているから、うやむやになってしまいます。今回のこの校長の発言には、生徒も保護者もそして塾も、もっと怒りをぶつけ、責任を追求すべきだと考えます!

「恥の文化」とは、ある意味、恥をかくのを恐れ、自分の行動を律する古来からの日本の文化をいっているのだと思いますが、新しい「恥の文化」、恥をかくのを恐れない、他人に恥をかかせてもなんとも思わない、そんな文化が生まれているのかもしれません。モラルの低下は、大人が模範を示さなければ、止まりません。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
大阪学芸って!!!①
2007-07-29-Sun  CATEGORY: 未分類
私の手元に二通の封書があります。差出人は、大阪学芸中等教育学校、日付は、7月20日と25日です。ご存知の方も多いと思いますが、同一法人である、大阪学芸高等学校が、①平成18年度の大学入試で、男子生徒一名が「関関同立」の計73学部・学科に合格したこと②高校がその受験料を「進学奨学金」として全額負担していたこと③合格後に、その生徒に現金などを送っていたこと。読売新聞(7/20)等で大きく報じられました。

元々、同じ学校であり、中等教育学校と高等学校は、同じ敷地に存在しています。これからは、ややこしいので中等学校と高等学校と呼び分けることにします。

冒頭に書きました通り、一通目は新聞報道直後に送られたものです。内容は、中等学校校長より…高等学校から私ども(中等学校)への説明によりますと、「大学入試センター試験」を活用して複数受験をさせたところ、予想外に多数の学部、学科に合格したことにより、同一人が多数の合格実績を出すに至りましたが、実際は、30数名の生徒の受験があったとのことでした。しかしながら昨年度は、そのことを反省し、出願学部、学科数を大幅に制限していることも併せて説明がございました。本校といたしましては、大学入試システムが、このように同一人の複数受験を許容していることから、予想外の入試結果をもたらすこともあり得ることを改めて強く認識した次第でございます。本校とは別組織とはいえ同一法人に属する学校にかかる事案であり、種々ご心配をおかけすることになりましたことに遺憾に存じております。なお、ご参考にしていただければと高等学校長名の高等学校「保護者・生徒」あて文書を同封いたしましたので、併せてご覧下さるようお願いいたします。…抜粋…

当塾にこの封書が届いた直後の25日、新聞各紙が中等学校にも「進学奨学金」が存在していること、また今春の入試で生徒7人が関関同立4大学の186学部・学科に合格していたことを報道しました。この人数は、中等学校の合格延べ人数の218人の大半を占めており、前述の高等学校が昨年延べ144人の合格者中の73学部・学科であったことを上回る水増しであることが分かります。

二通目…一通目と同じ中等学校校長名で…「進学奨学金」が本校にも存在し、それを使い、合格実績を「水増し」していたと報道された件につきまして、塾長ならびに中学入試ご担当先生には種々ご心配をおかけし、また不快な思いを持たれたことと、深くお詫び申し上げます。また過日に文書をお届けしましたが、そこで本校の「進学奨学金」の存在に触れませんでしたことを、重ねてお詫び申し上げます。…(生徒への説明会での内容のまとめ)・今朝、新聞に本校についての記事が載りましたが、大学入試で合格者の実績を上げるため、「関関同立」に、生徒の一部に学校からお金を出してうけてもらい、合格してもらっていました。このことを学校としてお詫びします。・また、その数を見て信じさせてしまったことについてもお詫びします。・そして、先日お家に送った「学芸高等学校の新聞記事」についてですが、その文章では「進学奨学金」や合格者数の「水増し」について、本校では関係がないかのように書いて、本日の新聞記事と違う内容になってしまったことをお詫びします。…抜粋…②に続く(原文引用のため、ちょっとおかしな表現部分もそのまま載せています)



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。