塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
私立中学入試終わる!②
2008-01-27-Sun  CATEGORY: 未分類
 今日は、日曜日で塾を閉めるつもりでしたが、中3の「卒業テスト」(学年末テスト)の直前であるため急遽開けることにしました。RITZでは、新年度の開始時期も、中3生の最後の公立後期入試を区切りにしています。3月から新年度の授業を開始し、現中3と新中3が混在して授業がある塾が多いのですが、最後の最後まで、現中3にしっかり指導をしたいため、3月17日の後期入試までが、今年度。17日からが新年度となります。月半ばで、ちょっとややこしいのですが…。

 私立中学入試に以前から思うことがあります。それは、塾、特に「大手塾」による過剰な入試応援です。少人数ながら毎年、入試日の早朝、どこかの中学に出かけるのは、「大手塾」の威嚇とも取れる派手な入試応援に、RITZの受験生が、怯えて、萎縮して、緊張のあまり力を発揮できなかったらどうしようと考えるからです。

 最近は、少し落ち着いてきているようにも思いますが、塾の名前が大きく入った多数の「のぼり旗」、服装は、これも自塾でこしらえたジャンパーやコートに身を包み、鉢巻姿の講師もいます。まず、校門から両側に各塾の旗を持った講師がずらりと並びます。その奥では、自塾の生徒を一同に集め座らせ、その後ろに保護者が陣取るのです。何をするのか?気合を入れている塾。プリントを渡し最後の出題予想とその解法を伝授する塾。落ち着かせるために精神論をぶちまける塾。どれだけ効果があるのか、はなはだ疑問であり、落ち着かせているのは、何を隠そう一番緊張している保護者なのです。そうなのです。パフォーマンスなのです。受験を履き違えているようで、少し情けなくなります。それに踊らされている保護者の方々。「先生方は熱心にここまで指導してくださっている…」気づいて欲しいのです。

 違うんですよ!難関中学の合格者数かせぎに合格の可能性が10%にも満たない生徒を、おだてて受験させる塾もあるんですよ。そんな生徒が、たまに合格するのも中学入試だと知っているからです。分かっていただけますよね。実績が第一なんです。合格者数が命なんです。そのために、上位クラスになればなるほど、熱のこもった厚い指導がなされます。下位クラスは、そのとばっちりで…。もうこれ以上は、止めます。名前やチラシに惑わされない、保護者の方の目で見た判断で、塾を選んで欲しいだけです。

 今月19日の入試で「清風南海中学」に合格した生徒の1人は、RITZに昨年の4月に入塾しました。「以前通っていた塾を辞めて半年になるんですが…」と塾生の紹介で電話をいただいたのが3月の半ば、とにかく続けれるか様子を見ましょうということで授業を受けていただき、実際に中入試の学習を再開するかの決断は、春休み開けの四月になりました。そのお母様が先日塾に来られ、「実は、半年ではなく、8ヶ月のブランクがあったんです。8ヶ月というと入塾させていただけないと思って…」ホントにビックリです。8ヶ月のブランクは致命的であり、普通は頑張っても中堅校止まり…。南海中学まで届いたのは、本人の粘り強い学習への姿勢とそれを支えたお母様がいたからだと思います。本当に、中入試は、お母様の担う役割が大きいと感じます。合格した子供たちの後ろに、その偉大な母親の姿が浮かびます。 Hurray for the Mother!


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
私立中学入試終わる!
2008-01-27-Sun  CATEGORY: 未分類
 塾の新年は入試が終わってからとよく言われますが、その通りです。この1月の中学入試から、3月末の公立後期入試の発表まで、何となく落ち着かない、いつもと同じつもりでいるのに追い立てられているような不思議な感じがする、ちょっとうまく表現できませんが、「特別な雰囲気で過ごす」そんな時期です。

 今年の受験者3名は、無事「清風南海中学」のスーパー特進と特進へ、もう1名は「初芝富田林中学」に進学することが決まりました。この地域では一番の難関校である「清風南海」は、この5、6年さらに難しさが増し、その上に「スーパー特進」という上位クラスを設置した中学です。こんな名もない小さな塾から合格者を出せたことをうれしく思います。

 南海合格の2名は、以前このブログで批判した「帝塚山泉ヶ丘中学」のM入試にも当然ながら合格しました。泉ヶ丘の結果は詳しく聞いていませんが、このM入試の合格辞退者は、多いことと思われます。

 「初芝富田林中学」は当塾からの進学者が一番多い中学です。この中学の先生が、RITZにいらっしゃったときに卒塾生の現在の成績資料を見せていただくことがあります。どの子がどこまで伸びているのか、楽しみにしています。やはり「伸びしろ」を残した生徒が、うまく私立中学の学習に対応できているようです。

 今年の入試は、「少数激戦!」受験人数が増えなかった分、倍率はそれほど上がりませんでしたが、合格ボーダーライン近くは、「だんご状態」だったとある中学の先生がおしゃっていました。この結果、合格者数を読み違えた中学も多く、例年より「追加合格者」の多い年になったようです。

 「清風南海中学」の合格発表を見に行きましたが、不合格がわかり、しゃくりあげて泣いている受験生を見ると、この受験の厳しさを再認識しました。受験は、「通過点」ではありますが、一回のテストだけで決まるがゆえに、小六の子供には「受けとめるには大きすぎるもの」であります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
お正月!
2008-01-05-Sat  CATEGORY: 未分類
あけましておめでとうございます!
新年1月1日から、息子と一緒に花園に高校ラグビーの観戦に行ってきました。

都島工業に勝った、大阪朝鮮高校は、東福岡高校になんと、80対7で大敗しました。
まあ、東福岡の強いこと!フォワード2、7、8番に加え、バックスの11、15番の選手が目立ちました。それ以上に、総合力は、超高校級です。優勝するのではないかと思います。たぶん、初優勝だと思います。

そんなに寒くなかったんですが、やはりじっとしているとシンシンと足先から冷えてきました。観客の半分は、座布団持参で毛布で足をくるむ人も…。年配の人が多いのに驚きました。ラグビー人気は冬の時代。四十代以上、いや六十代以上の方が多かったです。女性もたくさんいらっしゃいました。六十過ぎのオジサンが派手なスタジャンを着ていたり、老夫婦が、揃いの座布団で観戦されている姿を見ると、ラグビー好きの人たちが、毎年、恒例行事としていらっしゃるんだと思いました。
まあ、1月1日にラグビー場に出かけてくるんですから、当たり前ですよね!

ラグビーは、野球以上に地域間のレベル差が激しいです。以前、熊本代表決定戦を見に行きましたが、大阪のベスト16レベルにも劣る試合で…。その大阪でさえ、メンバーが足りずに2、3校が集まっての合同チームが予選にたくさん参加しているのが現状です。とても寂しいです。

これも世の流れ、きつい、きたないスポーツは、敬遠されるのでしょうか?
また、花園が満席になる日はくるのかなあ!!?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。