塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
こども110番
2008-10-22-Wed  CATEGORY: 未分類
 泉州私塾連合会の関係でRITZ進学塾は「こども110番の家」になりました。皆さんは、あの子供のイラストの黄色いステッカーをあちこちでご覧になられていることと思います。

「こども110番の家」とは、
『地域の協力家庭が「こども110番の家」の旗などを掲げ、子どもたちがトラブルに巻き込まれそうになった時に、駆け込み、助けを求めることにより、子どもたちを犯罪から守り、被害を最小限に止めようとするもので、地域の皆さんのご協力をお願いしています』青少年育成大阪府民会議

実は、安易にステッカーを掲げていますが、本当にお役に立てるのだろうかと心配しているのです。塾の授業は夕方からなので、午前中や昼間は、誰もいないことが多く、不在のときに子供が駆け込んで来たら…などと考えてしまうのです。ステッカーを掲げることで、「犯罪の抑止」には役立つと思うのですが…

また、「動くこども110番」というのがあります。
『府内のタクシーや営業車、官公庁の公用車等に「こども110番」ステッカーを貼り、子どもたちの安全の確保に配慮します。地域でも安全パトロールなど、自主的な活動で子どもたちを守ります』青少年育成大阪府民会議

最近、よくステッカーを貼った車を見かけますが、安全パトロールという点では問題ないのですが、やはり、子供たちが駆け込むことに不安を感じるのです。たとえば駐車場に止まっている車に駆け込んだり、車が仕事で立ち寄った先に間違えて駆け込んでしまわないのか…。

ひとつに、「こども110番の家」と「動くこども110番」のステッカーが似すぎているのが問題でもあります。せめて色を変えるぐらいの配慮は必要だったのではないでしょうか?

子供にその違いが伝わらなければ…、私の心配は増すばかりです。
ですから、安直にこのステッカーをつけないで欲しいのです。そのためには、きちんとした審査も必要だと考えます。このステッカーには、それなりの義務や責任がついてくることになるのです。間違えても、企業のイメージアップの手段として、掲げている車がいないことを祈ります。

心配しすぎですかねえ…塾生には、しっかり話していきたいと思っています。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
全国統一小学生テスト
2008-10-17-Fri  CATEGORY: 未分類
 11月3日(祝)に「全国統一小学生テスト」を実施します。前回に引き続き2回目なのですが、テレビコマーシャルの影響か、外部(塾生以外)の受験申し込みが20名を超えました。塾生と合わせると3教室は必要なことになります。実は、私の心中は、あんまりうれしくありません。

 無料で受験できるこのテストは、昨年から始まっていますが、主催は「四谷大塚」、名前はお聞きになったことがあるとおもいます。毎週のテストを中心にして中学受験突破を目指す学習塾です。もとの会社は潰れてしまったのですが、テストを含めた教材やノウハウを別の大手塾が買い取った形で現在も続いています。

 問題点は、公的機関ではなく一学習塾が主催していることです。このため、営業的色合いが濃く、実施要領を含めた細かい指示書が出ます。思わず、以前勤めていた学習塾を思い出してしまいました。マニュアルを厳守し、指示書の通りに動く。ノルマに追われ、会議では突き上げられる。それが嫌で辞めたわけですから、私どもみたいに会場を提供するだけの個人塾には、「そんなの関係ない♪…」のです。

 現在の集計で、一般生は○○○○○名です。昨年同日対比○○○%増という驚異的な数値になっております。これからさらに…。テスト直前まではピークに…。こんな感じなのです。

 また、実施対象の学年が、小3から小5までで、なぜ6年生にはないのでしょうか?そうなんです。小学6年生は、中学入試でこんなテストを受験している暇などないのです。四谷大塚が主催しているからこそ、6年生のテストがないのだと思います。非受験生を対象に、実施すればよいと思うのですが…。

 それなら実施するなよ!ということになります。費用が無料で、具体的な成績資料となり、お子様の現状の学力とこれからの課題を考えていくのに役に立つのであればと考えて始めたのですが…。このテストの向かう方向を見定めて、今後の実施を検討したいと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
「緒形拳」さんを偲んで
2008-10-16-Thu  CATEGORY: 未分類
 奇遇にも、NHKの大河ドラマ「黄金の日日」を借りてきて観ている時に、訃報を聞きました。「太閤記」に続き「黄金の日日」の中でも、秀吉を演じられていて、この役ははまり役だと思います。どこかとぼけていながら、凄みのある演技が出来る役者さんでした。

「鬼畜」なんて映画では、優柔不断で弱い男を見事に演じていらっしゃったと思います。「魚影の群れ」なんてのもありましたね。

忘れていけないのは、「楢山節考」それから、「復讐するは我にあり」なんて情け容赦ない役も多かったですね。そうそう「櫂」「陽暉楼」「女衒」なんてありましたよね。思い出せばきりがなく、本当にいい役者さんだったと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
説明会の果てに…
2008-10-11-Sat  CATEGORY: 未分類
 先日、泉州私塾連合会主催「情報交換セミナー」と称して、14校の高校の先生の説明を二日に分けて聞きました。

 その学校は、桃山学院、プール学院、清明学院、興國、浪速、上宮、羽衣学園、商大堺、大体大浪商、初芝立命館、大阪学芸、堺女子、東大谷、開智です。

 午前10時から、30分刻みで七校。ちょっと眠くなりました。お話のうまい先生もいらっしゃいますが、こんな調子で塾で授業をしたら、生徒からそっぽを向かれるだろうと思われる先生もいらして、眠たい目をこすりながら、自分は、どんな授業をしているのだろうと思いました。

 続けて聞くと、その学校の来年にかける意気込みが分かります。自校のアピールにも目新しいコース等があれば、大きな声でそれを伝えられますし、募集が良好な学校は、それほど丁重なトーンではお話されません。

 まあ、私立高校は、落ちませんから、こちらも悠長にいろんなことを思いながら聞いているわけです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/10 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。