塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
第2回高校進路希望調査
2009-01-24-Sat  CATEGORY: 未分類
大阪府公立中学校長会が、「第2回進路希望調査結果(1月15日現在)」を発表しました。これは府下の全中学三年生に対して中学校が実施した調査です。(1月21日新聞各紙掲載)

公立後期入試の調査は、今回とは別に3月初旬の発表になりますが、この数字には毎年ある一定の法則を見つけることが出来ます。調査時点で、1.0~1.3倍の高校は、最終の志願者数もほぼこの枠内に収まります。ところが、1,3倍を超える倍率の高校は下がり、また1.0倍に満たない学校は上がります。これは、校長会等を通して、人数調整が実施されるからです。「A高校はもういっぱいだから、B高校に回るように指導しなさい」希望調査の数値に基づいてこんな調整が行われているのです。

これに対し、今回発表になった公立前期の希望調査と実際の志願者との間には、ほとんどの高校で、調査時の人数を最終の志願者数が上回る傾向があります。前期には調整がありません。いや、調整ができないというのが正しい表現かもしれません。この十年で、普通科以外の学科が急増し、魅力ある新しい学科が設置されました。また、早く入試を終えたい生徒が増えていて、前期入試が年々賑やかになってきました。最終の志願者が増えるのは、この調査後に、受験を決める生徒がいるということです。中学の先生も、不合格になっても後期入試がありますから、成績がその高校の基準に満たないなどと、厳しい話はしません。この結果、直前になって、前期試験に踏み切る受験生が増加しているのです。

最後に、私立高校ですが、1月15日時点の調査ですのでほぼ確定した数字です。これから変更があるのは、高校との進路相談がうまくいかなかったごく一部の生徒に限られます。今まで以上に各高校間の明暗が分かれたのが今年の調査の特徴です。特に、大学との提携を募集の目玉にした高校の落ち込みが激しいようです。近畿大学泉州(現:飛翔館)募集240名に対し、専願と併願を合わせて希望者42名。早稲田摂稜(現:摂稜)275名の募集に対し専、併合わせて33名。初芝立命館(現:初芝)立命館コースは、専願のみ240名の募集に対し85名。賢明学院近大医薬・近大系属コース60名の募集に対し専、併合わせて32名。生徒を集める「呼び水」となるべき提携が、裏目に出てしまったようです。提携によって、入試の成績基準がかなり上がった高校。提携はするものの、進学基準が厳しく提携大学に上がりにくい高校。それぞれに敗因があるようです。

また、逆に定員より100名以上多く確保できそうなのが、浪速、大阪商業大学堺です。この両校に続き、男子校では、興国。女子高では堺女子。共学校では、追手門学院、大阪夕陽丘学園、此花学院、精華、清明学院の健闘が光ります。こう並べてみると、中位から下位校ばかりなのがよく分かります。これは、先ほどの募集難の高校を避けて、同レベルの各校に流れていったものと推測出来ます。

前にも書きましたが、この結果からも大学との提携には、マイナスの影響が大きいことが分かります。改革とは、目新しさを追い求めることではありません。今まで築き上げてきたものの良さをさらに深めて、その伝統を受け継ぐことも改革だと思うのです。私たちは、その高校へ通っている生徒を見ています。生徒たちがどう過ごし、どう変わったのかを見ているのです。アドバルーンを揚げて外部にアピールするのではなく、私立高校内部の改革が進むことを期待しています。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
公立小中学校への塾講師ハケン!
2009-01-20-Tue  CATEGORY: 未分類
1月10日から、大阪府箕面市立西小学校の学習会「西小サタデースクール」に大手塾の講師による補習がスタートしました。これから3月末までの6回、小3~6年生の希望者10人に漢字と英単語を指導するのだそうです。

これには、橋下府政が掲げた「公立教育改革」の特別顧問である藤原氏が大きく影響しています。藤原氏は、東京の公立中学校長時代に大手進学塾による有料特別授業「夜スペシャル」を実施した人だからです。賛否両論に分かれましたが…

昨年夏、私どものような個人塾にも小中学校に講師を派遣することが可能か?また、それを希望するか?等の調査用紙が回ってきました。これは、小中学校が、現状の指導には限界があり、塾の助けを借りなければ、正常に機能できないところまできていることを明らかにしたものだと受け取っています。

しかし、この大阪の「夜スペ」は、個人塾にいくつかの脅威を与えています。一つに、前校長藤原氏は、東京の大手塾とつながっており、大阪府教委は、当然、一括して任すことの出来る、大手塾との提携を優先させたことです。大手塾が学校に進出することは、個人塾にとってとても気になることであるのはお分かりいただけると思います。

さらに、以前「パソコンスクール」を公的機関が始めたとき、二つの脅威が起こったのだそうです。一つは、私ども民間のスクールの生徒が減ったこと。もう一つは、安い受講料に対抗するためにこちらの受講料も下げざるをえなかったことです。これが、そのまま今回も起これば、塾業界は大きな打撃を受けることになります。

講師への謝礼は二時間1500円と定められており、生徒側の負担はありません。何をどこまでやるのかで違ってきますが、学校の授業後、すぐに実施できることもこの補習の利点でもあります。

改革に躊躇できないほど、大阪府の小中学生の学力低下が進んでいると橋下氏は言うのでしょうが、教育改革の具体的な方針さえ決めぬままのこのスタートには、大きな反感が出ています。味方が少ない現状で、氏は、どうしてもっとうまく立ち回れないのか不思議に思うのは、わたしだけでしょうか。

この取り組みに、楽観的な人もいます。「ゆとり教育」の中では、塾はいらないといわれながら、逆に塾の存在が大きくなってきたからです。今回の取り組みによって、塾の担う社会的役割が、さらに大きくなっていくのかもしれません。

以前勤めていた講師が、教員採用試験に合格し、RITZを辞めるときに私に言った言葉を思い出しました。
「学校では生徒指導で手がいっぱいだと思います。学習指導は、塾でよろしくお願いします」
わたしは、これから教師になる人間のこの言葉に失望し、答えるべき言葉が見つかりませんでした。彼は、今どんな教師になっているのでしょうか…
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
サクラサク!!!
2009-01-17-Sat  CATEGORY: 未分類
今日は、関西の入試解禁日でした。毎年、どこかの中学に入試応援に行くのですが、今年は帝塚山泉ヶ丘中学に行ってきました。

相変わらずいるんですよ。揃いのコート姿の変な集団が…。「絶対に合格するぞ~」「精一杯ガンバロウ」(大きな掛け声は、保護者へのアピール!)寒い中、小学生を外に並べて…。すると、一枚のプリントが配られました。最後の注意事項が書いてあります。(そんなの昨日済ませとけよ)うなずいているのは保護者たちだけ…

昨年は、清風南海にいきましたが、明らかに今日のほうが応援は穏やかでした。並んでいる数も違えば、目立っている塾の名前も違う…各塾の地位や趨勢を感じさせるものがあって面白かったです。

悲しいかな、塾の先生らしき人はオタクっぽい、一般企業では勤まりそうもない人が多くて…保護者も子どもの先生でなければ避けて通るであろう人が多く…まあ、一般企業が勤まらないから塾に転職したわけで…特に中入試は特別な指導法を必要とする分、ちょっと変わった人が…。
ちょっと、悲しいです。私もその中のひとりですから…

午後8時半過ぎに、ネットで合格発表がありました。体育館等に貼り出された合格発表を見に行くときのようなドキドキ感は半減しますが、クリックして、番号を追いかける瞬間!!!ありました。見事に合格しました。何とか結果を出せて一安心です。今日は、眠気にまかせてゆっくり寝たいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
私立入試直前!!
2009-01-16-Fri  CATEGORY: 未分類
私立高校入試を直前に控え、いろいろ情報を集めています。

やはり、今年は不況の影響を受けてか、私立専願生が減っています。もちろん、数字で確かめた訳ではありませんが、いくつかの塾の生徒の希望と昨年を比べると、明らかに専願比率が下がっているようです。

RITZでも、この数年、4割前後の生徒が専願をしてきました。(この数字は、他の塾や地域に比べるととても高い割合です)ところが今年は、2割弱という状況なのです。ますます、私立は入りやすくなるのでしょうか?

各私立高校の状況をきくと、学校間の格差が広がっているようです。人気が数校に集まり、人気の薄い学校との明暗がくっきりしてきました。募集を活性化するために、最近は、大学との提携や大学の系列校になる高校が多いのですが、この系列化にも大きな差が現われています。

まず、提携を結んでいる大学による人気の差があります。これは、当たり前です。それ以外に、提携大学に進学できるかわりに、今までより大幅に難易度を上げた高校へ生徒が集まっていないのです。これもよく考えれば当たり前なのですが、これまでずっと認識されてきた難易度では、今年は入れませんと宣言したわけですから、当然なのです。数年後には、提携や系列校をやめる高校が出るのではないかと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
帰省してきました②
2009-01-12-Mon  CATEGORY: 未分類
帰省の強行軍に加え、出発前に風邪をひいていたのがもとで、先週はマスクをしての授業。息苦しく、めまいがするほどでした。なんとか、冬期講習会を終えることが出来、ホッとしています。体調も良くなり、受験モードに突入します。そうです、17日は、私立中学の入試日です。

懐かしい顔を見ることができた今回の帰省でしたが、35年ぶりに会ったT君からは、3枚の名刺をもらいました。帰ってしっかり見ると、広告会社代表、通販会社代表、それにNPO法人の理事、さらに彼のブログにびっくり!みんな頑張ってるんだなあと思いました。

懐かしさが先に立ち、名前が出てこない!そんな人もいました。それぞれが背負ってきた人生が顔に現われており、「自分の顔に責任を持つ」という意味が、初めて分かった気がします。近況を報告しあっていると、その中の一人がポツリと「背負っているものがみんな大きすぎるねん」…確かにその通り!…





ページトップへ  トラックバック0 コメント1
帰省してきました①
2009-01-05-Mon  CATEGORY: 未分類
熊本に帰省してきました。年末に風邪をこじらせ、帰ろうかどうか悩んだ末、思い切って帰りました。短い時間でしたが、懐かしい顔に囲まれて過ごすことができ、本当に帰って良かったと思っています。

ビックリしたのは、中学の同級生160名余の中で、すでに7名が亡くなっていることです。交通事故にくも膜下…一番多い死因はなんと自殺なのです!身近にこの数字をしれば、テレビではなかなかピンとこない、今の日本が抱えている大きな社会問題を真剣に考えようと思います。

おとなしくて、やさしくて、まじめで、気が弱くて…そんな顔を思い出すと…もちろん、本人が抱えた問題もあったことと思いますが、住みにくい、生きづらい世の中が原因であることには、まちがいないといえるでしょう。

政権交代が、今年はほぼ間違いなく起こるでしょうが、何を置いても、この国に生まれて良かったと思っている国民が、本当に安らかな顔で死ねる日本を考えて欲しいと思います。

あ~ぁ、ちょっと年をとりましたかね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/01 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。