塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校前期入試問題分析《数学》!
2009-02-28-Sat  CATEGORY: 未分類
前期入試の数学の問題を全部解いてみました。生徒にもやらせましたが、今年の傾向や感想をまとめてみたいと思います。

24問中、中1内容7題、中2内容8題、中3内容9題になっています。全般的にやさしく、難問や奇問はありません。10年以上前は、大阪府の数学の問題は難しく、他の教科と平均点に差がありました。最近は、やさしくなりましたが、その分、工夫や面白い問題が減っています。大問3でホッチキスの針を題材とした問題が出題されていますが、ホッチキスと問題内容との関連が薄く、何のためのホッチキスなのかが理解できませんでした。10年以上前、家庭用のビデオが全盛の頃、「2時間テープで出来るだけ画質を落とさずに3時間録画するためには、何分3倍速で録画すればよいか…」のような問題が出題されました。この問題は、実際に自分が録画するときにも応用できる問題でしたが、内容とまったく関連がないこの問題では、身近なものを題材にとった良問とは言えないと思うのです。

毎年気になるのは、立体の問題です。今の中学生は立体図形の問題がものすごく苦手です。理由は、指導要領の改訂で、小学6年生で、立体の体積や表面積を詳しく学習しなくなったからです。6年で学習する体積は直方体だけで、角柱や円柱の体積は学習しません。また、表面積は一切出てこないのです。この結果、3.14を使った計算が減り、子供たちの計算力も低下しました。以前は、小6生の算数は、面積・体積を繰り返し学習することで計算法則を使う力や計算力を磨いていたのです。

中学一年生で、~柱とすいの表面積と体積を学習します。しかし、中一の最後の単元で、じっくりと学習できていません。失礼な事を申し上げますが、学校では、みんなが出来ないからサラッと流しているといえます。さらに、中3の「三平方の定理」で、この定理を立体図形に応用する学習をしますが、これもまた中3の最後の最後の単元で、いつのまにか終わってしまっているのが現状です。つまり、立体に関する理解を深めて、問題をたくさん解く演習時間が少なすぎるのです。

こんな現状にも関わらず、毎年、立体図形の問題が出題されます。中学の実情を知らないからか、入試問題の分析が足りないからか、しっかり対応して欲しいと思います。ここが塾の出番なのかも知れません。これから後期入試に向かって、立体図形を中心に指導するつもりです。難しい問題には、手を出さずに基本問題をこなし対応力を高めないと、立体の問題が全滅してしまいそうな、そんな状況だからです。

最後に、理数科・総合科学科・サイエンス創造科の問題についてです。こちらは13問、まったく別の問題が出題されています。問題数が少ない分、難度の高いのが特徴です。上位の生徒でも頭を抱えてしまいそうな問題が4問、これが証明や求め方を書かせる問題で38点の配点です。80点のうちの38点ですから、部分点を入れても半分も点数が取れない生徒が多数でたことと思われます。

以前にも述べましたが、こんな難しい問題を五木の目標偏差値42の市立堺のサイエンス創造科が採択しているのです。おそらく、20点にも満たない生徒が続出していることと思われます。昨年でも同じことが起こったはずなのに、何故、今年問題を変えないのか不思議です。面子で問題を採択しているのなら、受験生に失礼な話です。選抜の基準になるべきテストが、その役割を果たしていないのですから…。正直に申し上げて、目標偏差値55の泉北の総合科学科を受験した生徒たちにも難しすぎる問題です。この問題で差かつくのは、偏差値65を超えるレベルの生徒たちだからです。理数に特化した高校に進学したいのに数学で差がつかないなんて…。

RITZでは、泉北の総合科学、市立堺のサイエンスを受験した生徒には、早くから数学は捨てるように指導しました。解けた問題だけ何回も答を見直すように言いました。理系の学科に進学したいのに、「数学を捨てる」なんておかしな話です。これが公立入試の実態なのです。是非、早急に改善して欲しいと願っています。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
大阪府公立高校前期入試!
2009-02-22-Sun  CATEGORY: 未分類
24日は、公立高校前期の学力検査が実施されます。前期は、予想通りの高倍率になり、全体の平均倍率も昨年の1.44倍から1.50倍に跳ね上がりました。

学科ごとに4学区内の高校を昨年と比較してみると、普通科総合選択制の成美高校昨年1.68→今年1.63倍、伯太高校1.68↑2.34。普通科単位制の鳳高校2.19↓1.92。工業系高校の堺工科1.45→1.51、市立堺の機械2.25↓1.33、建築2.50↓1.80、商業系の市立堺高校マネジメント1.88↓1.73、岸和田産業高校の商業1.72↓1.30、情報1.09↑1.80、デザイン1.45↑1.68。市立堺の理系コースのサイエンス創造1.10↑1.48。佐野高校の国際教養1.43→1.30。泉北高校の国際文化1.34↑1.53、総合科学1.95↓1.79。総合学科の堺東高校は1.85↓1.78、貝塚高校は2.01↓1.51。

公立は、定員ギリギリしか合格者を出さないため、2.34倍の伯太で志願者654人-定員280名=不合格者374人、1.92倍の鳳高校で志願者613人-定員320名=不合格者293人も出ることになります。一番高い倍率は、天王寺の理数科で4.85倍もあり、難関大学並みの狭き門になっています。

学科別にみてみると、普通科に近い普通科総合選択制、総合学科、普通科単位制の高校の人気が高いのに対して、専門学科である工業や商業科の人気が低いことが分かります。私が注目している天王寺商業の商業1.18、情報1.20、英語1.25。都島工業では、機械1.23、都市工学0.98、電気1.24、理数工学1.06などです。後期入試並みの低倍率ですので、あわよくばを狙った生徒でなければ、まず合格できる状況だといえます。

こんな入試の後、さぞや不合格者への対応が大変だと思われるかもしれませんが、私立のようにほとんどの生徒が合格する中での不合格ではなく、友達も半数以上が落ちる入試ですので、不合格者同士励ましたりして、意外と早くショックから立ち直っています。

気になるのは、私立入試から公立後期の合格発表までが一ヵ月半もあり、長く緊張感を持ち続けなければならないことです。このことを嫌って、前期に勝負をかける受験生が増えています。私は、不合格になっても気持ちの切り替えがすばやくできる現代っ子ですので、前期と後期入試の間を短くして精神的な負担を軽くしてあげたり、他府県のような推薦入試を導入して、本当に行きたい高校が選びやすい入試制度にして欲しいと思います。また、1000人を超える受験生がいても、入試日の一日から三日後までには合否が分かる私立高校入試に対して、公立は、合格発表まで一週間をおくのは、ちょっと長すぎると思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
私立高校入試終る!
2009-02-15-Sun  CATEGORY: 未分類
私立高校入試が終わり、結果も全部判明しました。もちろん、全員合格です!

例年と違ったのは、逆回し合格の生徒が2名いました。「回し合格」とは、私立高校入試で、希望した上位コースの合格最低点が取れなかった場合、下位コースに回されての合格になることです。受験生は、回し合格があることで、安心して受験できます。ありがたい受験制度といえます。

今年二人の塾生に起こった「逆回し合格」は、下位コースを希望したにもかかわらず、入試の得点がよかったため、逆に上位コースに回されて合格になったのです。私は、インターネットで合格発表を確認しました。塾生の受験番号が見当たらないのです。不安な気持ちのまま、となりの上位コースの受験番号を追うと、不思議なことにあったのでした。これも、私立入試が楽になったからだといえます。思いのほか、上位コースの生徒が確保できなかったから、こんなことが起こったのだと思います。

また、逆に受験生が集中した高校を受けた二人は、事前相談でOKをもらっていたコースから、回されての合格になりました。こちらは、きちんと上位クラスの生徒が確保出来た結果、入試の点数で判断され、回し合格になったものと思われます。

最後に、現在、驚いているのは、私立専願生を除いた生徒の70%が公立前期入試を受験することです。RITZだけの異変かもしれませんが、例年以上に前期入試が人気を呼んでいるようで怖いです。以前にも書きましたが、安易な理由で前期入試をするのは感心しません。希望の高校が後期入試にあるのなら、どっしり構えて3月に備えるほうが得策だと思います。

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
ピンポンダッシュと時効!!
2009-02-14-Sat  CATEGORY: 未分類
深夜に後輩少女の自宅の呼び鈴を鳴らして逃げる「ピンポンダッシュ」を繰り返したとして、京都府警下鴨署は3日、京都市左京区のアルバイト店員の少年(18)を府迷惑行為防止条例違反(押しかけ)容疑で書類送検した。容疑は、昨年11月27日深夜から翌未明と12月1日深夜に計9回、左京区内の中学3年の少女(15)宅の呼び鈴を鳴らして逃げたとされる。

とても悪質なケースとはいえ、ピンポンダッシュは犯罪なんですね。
息子が小6の頃、学校からの帰り道でピンポンダッシュをやった時のことです。日頃から度々この被害を受けていたこの家の方は、怒って、飛び出し、犯人を追いかけたのです。その時、荷物を解くために使っていた包丁を右手に持ったまま追いかけたため、大事になりました。白昼、包丁をもったおじさんが走っている…小学生の通学路で…当然、警察に通報され…それは、小学校にも伝わり…小学校では市内の先生を集めての研修会が行われており…わが子の帰りを心配する保護者もいて…大騒ぎ、いやちょっとしたパニックになったそうです。おじさんは警察に連行され、その後どうなったのかは知りませんが、我が息子が、しでかした事件の一番の被害者であることは間違いありません。

親の私とて、負けていません。中学生の頃やりました。いややらされました。その当時、剣道部に所属していた私は、一つ上の先輩といつも一緒に帰っていました。仲は良かったのですが、上下関係が、まだ残っていた頃で、私はその先輩の半ば丁稚状態だったわけです。帰り道に、町の唯一のグレイゾーン、飲み屋さんが10軒ほど並ぶ小さな通りがありました。先輩が、あごで指した店を私は「トントン」と叩いて孟ダッシュで逃げるのです。時には、連続で「トントン」「トントン」「トントン」と…時には、間を置いて低い声がしたり…時には、ゆっくりとドアが開いたり…しかし、追いかけられたことは、一度もありませんでした。

こんなふうに良い遊びも悪い遊びも教えてくれた先輩でしたが、実は彼の秘密を私は握っています。ある休みの日、当時剣道部のマネージャーをしていたこれまた一つ上の先輩のところへ二人で遊びに行った時のことです。その先輩の家は、町で唯一の衛生車(バキュームカー)の仕事をしていました。坂を上ったところにあるそのマネージャーの先輩の家で、「戦闘ごっこ」が始まりました。今のBB弾、そのころは銀球の出る鉄砲やライフルを片手に野外戦が始まったのです。私は、いつもの先輩と追っ手をのがれ走り回っていました。そのとき!目の前に、高さ3,4m、幅10mほどの黒っぽいかたまりが私たちの目の前に現われたのです。ちょっと黒い砂場のように感じたと思います。目の前の物体の危険を一瞬で感じ取った私は、「アッ!」と大きな声を上げました。横を走っていた先輩は、勢いあまって、そのどす黒い塊に足を一歩踏み入れたのです。「ヌチャ!」そうなのです。その黒い塊は…。当時はほとんどの家庭がまだ「汲み取り式」でした。先輩の家では、町内のウンチを一手に引き受けていたのです。記憶によると、発酵のせいかそんなに臭いはありませんでした。先輩が足を洗っているとあたりは薄暗くなり、帰り道の自転車で、その先輩は、何度も何度も私に口止めをしました。そのいつもとは違う、やわらかな口調の繰り返しを聞きながら、さらに気持ちよい風を受けつつ私は、自転車を走らせたのでした。もう先輩、時効ですよね!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
誰が止めるのか…
2009-02-09-Mon  CATEGORY: 未分類
先日、早朝からテレビを見ていると、さもしい顔をしたおじさんが映っていた。なにやら数千億もの金を詐欺したようで、その逮捕直前の映像のようであった。このおじさんを取り巻くマスコミの多さに唖然とした。ビールを飲み、おもいっきり机を叩いて虚勢をはる。こんなおじさんを何故各局は追いかけるのだろうか?

マスコミのセンスのなさ、品性にかける報道にうんざりする。逮捕される時の持ち物リストを書いたメモ、明日はどの服を着ようかと考えるおじさんを映しだすことに何の意味があるのだろうか?

そんなことよりも、もっとこれまでの経緯を掘り下げて欲しい。何故、こんなに被害が拡大したのか?どうして逮捕が遅くなったのか?誰が、このおじさんを止めるべきだったのか?

こんな報道では、間抜け面のおじさんにだまされた人たちが悪いように思える。なぜ、あなた方は、こんな三文芝居しかできないおじさんにだまされたのかとあざけ笑っているかのように取れる。

こんなことを考えていると、アメリカの旧大統領の顔が浮かんできた。こちらは世界中の人々を相手に、数千億の数千倍以上の金をだましとったことになる。おじさんの比ではない。新大統領は、引き継ぐときに、皮肉の一つでも言うのかと思い期待していたが、何も言わなかった。いや、言えなかったのかもしれない。

大統領が、どんな詐欺をしていたのか疑問に思うかもしれない。彼は破綻するであろう事実を知っていた。それを承知でこの数年やり過ごしてきた。すなわち、止めるべき人が何にもしなかったのである。ようはグルだと思われてもしかたがないと思う。

そんなことを考えていたら、今度は「日本漢字能力協会」の記事が、目に留まった。公益事業では認められていない巨額な利益の一部で、京都市内に敷地1000坪以上もある豪邸を購入していた。漢字資料館を作るためだと苦しい言い訳をしているらしい。何故、こんな協会を文部科学省はそのままにしてきたのか?

そうだ!何も手だてを打たずに、ほったらかした罪はどうなるのだろうか?

ほったからした罪、知っていた罪、止めなかった罪、これはどう裁かれ、誰が罪を背負うのだろうか?

何の罪も受けないから、みんな黙っているのだろうか?


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ニコニコ歯科!
2009-02-07-Sat  CATEGORY: 未分類
半年以上、ぐらぐらの左下の奥歯をほっといてたら、こんどは右上の銀色の歯が痛み出して…覚悟を決めて歯医者に行くことにしました。

基本的に歯医者は大嫌いです。奥歯がガタガタになったの原因は、虫歯を治療してかぶせてもらった歯のせいで噛みあわせがおかしくなり、右が痛み、次は左と…なっていったからです。ちゃんと言って調整してもらえばよかったのですが、治療が終れば、二度と行きたくないのが歯医者で…大嫌いです。

歯がガタガタなのは、自分が一番良く知っており、覚悟して出かけたわけですが、親切な歯医者さんで満足しています。昨日は、下の前歯の歯石をとるのに一時間以上かかりました。以前は、機械でやったのですが、今回は、溜まりすぎていたのか手でガガガガー、ガリガリ、ガガガガー、ガリガリと延々やりつづけ、途中で機械、また手でととても丁寧にやっていただきました。

力がいる仕事ですし、疲れることでしょう。誰が好き好んで他人の汚い口の中をきれいにしてくれますか…。そんなわけで、歯科衛生士の仕事を見直したうえに、今回は、徹底して治療しようと決心した次第です。

話は変わりますが、本当にあった笑い話を一つ。橋下府政のもと小学校に塾の先生が出かけての授業が、あちこちで始まっています。そんなある小学校ですごいですな~さすがプロの授業は違いますね!とおっしゃった学校の先生がいらしたそうです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
私立大学と提携しなくても…
2009-02-01-Sun  CATEGORY: 未分類
前回、私立大学と提携した高校の募集状況が厳しいことをお話しました。今回は、こうなった理由と現状を書いてみたいと思います。

大阪府南部の私立高校の先生から、昨秋、こんな話をお聞きしました。その高校は上位、下位の2コースに分かれています。その2コースのうち、私立大学の指定校推薦枠を使って進学できるのは下位のコースだけになっています。(私立高校では、上位コース生は一般入試で合格させ、下位コース生に、推薦枠を使わせる高校が多いです)この下位コースに合格するための目標偏差値は五ツ木テストで専願ss44になっています。

さて、この私立高校に来ている私立大学の指定校推薦枠は、関々同立が24名、産近甲龍で33名、合計57名分あります。なんと!驚くことにこのコースの高3生はたった73名なのです。78%の生徒が、一般入試を受けることなく、産近甲龍までの大学に簡単な推薦入試で進学できるのです。伸び伸びと好きなスポーツをやりながら高校生活を楽しんで、成績中位を保ってさえいれば、ある程度自分の希望する大学に進学できるのです。

これで、わざわざ、私立大学と提携する必要などないことがお分かりいただけると思います。提携によって、ライバル大学との関係が気まずくなることも考えられます。私立高校より、私立大学の募集が深刻で、推薦枠を数名ではなく数十名単位で各高校にばら撒いているのが実情なのです。短大など推して知るべし…なんと楽に進学できるようになったのでしょうか。関々同立も地に落ちてしまいました。

受験する側からすると、私立高校の募集難は、入学しやすくなった、言い方をかえればレベルが下がったことになります。この結果、勘違いをする生徒、保護者の方が増えてきました。数年前までは行けなかった私立高校に進学できる、専願でも厳しかった高校に併願で進学できる。この状況が、自分の力を見誤らせてしまうのです。希望する私立高校への合格は、変な自信となって、より上位の公立高校受験に向かわせます。ところが、定員しか合格者を出さない公立高校入試は厳しく、合格してもその高校で3年間苦しむことになります。私立高校の入試が楽になった一方で、こんな問題も出てきました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2009/02 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。