塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
学区が変わって…
2009-04-25-Sat  CATEGORY: 未分類
大阪府の公立高校の学区が、9学区から4学区に変わり、3年目を迎えます。現高3生から実施されました。

この改編で、得をしたのは、やはりトップ高でしょうか。学区が減った中での序列が明確になり、以前の学区を越えた生徒の移動が盛んに起こっています。トップ高には、今まで以上に優秀な生徒が集まっているといえます。

また、通学時間は、志望校決定の大きなポイントです。近くの高校、また、距離はあっても、駅から近い、通いやすい学校に人気が集まっています。

割合で言えば、いままで通えなかった学区からの受験生が20%を越える高校。これは、この学区改編によって得をした学校といえるのではないかと思います。

先日、高校ラグビーの試合を見に行きました。3試合ほど観戦して感じたのは、以前と比べると確実に力を上げてきた公立高校があることです。

注目するのは、昨年から普通科でなくなったA高校。今年も、2倍近い高倍率をキープしています。前期試験になり、学区の影響を受けず広域からの生徒を集めています。また、学区改編により、新学区でのトップ高の座を守ったB高校。旧学区からの生徒が極端に減り、遠方から通学する生徒が増えています。

この二校の力が急に上がってきたのです。中学と同じく、強いクラブには優秀な指導者が必要なわけで、それが原因かもしれませんし、人気の薄いラグビー部は、15人のメンバーさえ揃わない学校も多く、その浮き沈みが激しいのも事実です。

しかし、私はある仮説を立ててみました。「この2校の強さの秘密は学区改編による」というものです。

高校でもラグビー部がある高校は、少ないですが、中学では、さらにその数は大きく減ります。そんななか、ラグビー部がある中学が多い、盛んな地域が大阪にはいくつかあります。当然、いままではその地域の高校も、経験者をそろえることになり、ラグビーの強い高校になっていたわけです。

ところが、学区改編によって通学圏が広域になり、この貴重なラグビー経験者が他の高校へ流出しているのではないかと思うのです。各チームの出身中学を調べてみると面白いかもしれません。つまり、強豪私立高校へは、府下全域から優秀な選手が集まるように、公立高校へも全域または広域から集まるようになったおかげで、中学にラグビー部が少ない地域の高校へも優秀な選手が入学するようになったからではないかと思ったのです。

たわごとですが、そう考えると楽しくなります。学区の壁を越えた交流が新しい校風を生むように、その学校の盛んなクラブが変わっていく。そして、その評判が、さらに人気をよべば、常連の私立強豪校を破って、公立高校の花園出場が実現するかもしれません!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
岸和田高校に行ってきました!
2009-04-25-Sat  CATEGORY: 未分類
泉州私塾連合会の皆さんと、岸和田高校を訪問してきました。

特に記憶に残ったことをご報告いたします。

新しい学科「文理科」が平成23年4月開設される予定だそうです。ということは今の中2生が一期生になります。設置は以前にも書きました10校にそれぞれ4クラス。普通科4クラスと文理科4クラスという形になりそうです。

文理科は学区の壁がなく、府下全域から受験できるのが魅力で、前期入試になります。これも以前書きましたが、普通科が減り、どんどん前期入試の学校が増え、前期と後期の受験校のバランスが崩れています。さらに文理科ができ、前期入試が増えますので、逆に前期入試から後期入試にまわる学校が出ることになります。

正式な発表はこれからになりますが、「理数科の発展系」という言葉が耳に残りました。理数科は、文理科に吸収されると考えるのが自然なようです。今以上に優秀な人材がトップ高に集まることになります。

次に、橋下府知事が公立高校の校長と会いたいとのことで、6名の校長が呼ばれ、当初の予定を越え、1時間40分もにわたる意見交換があったのだそうです。

府教委が反対している土曜日の授業について、午前中授業、そして午後はクラブ活動を実践する岸和田の現状をお伝えして、土曜日の活用を話されたそうです。

また、公立改革を進める府知事に、単に私立高校との進学実績を競い合うのではなく、充実した学校生活(学校行事やクラブ活動)を過ごしながら、自分の目指す大学へ現役で進学できる公立高校を目指していきたいとおっしゃったそうです。

この数年、進学実績は右肩上がりで、今春は国公立大合格者178名、そのうち現役生145名です。さらに東大1、京大12、阪大26と難関国立大への数字が伸びています。3月23日付のAERAに地方公立高校の「逆襲」との見出しで岸和田の記事が載っています。

上位が難関国立大へ進学する一方で中位・下位の生徒が存在するのも事実のようです。これからは、この層の底上げが課題になってきます。しかし、特進ゼミや理系・文系スーパーコースに選抜された生徒だけが難関国立大に合格しているわけではなく、学校そのものの指導力のアップがこれを支えているといえます。

文理科ができ、さらに優秀な生徒が集まるようになれば…。と思いました。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
モラルの低下…!①
2009-04-23-Thu  CATEGORY: 未分類
ダブルクリック! いきすぎな立て看板
お恥ずかしい話なのですが、私の住んでいるマンションの入り口に、このような立て看板があります。

この看板を見るたびに私は悲しくなります。どうしてペット飼育禁止なのでしょうか?スーパー等のペット関連の売り場は、広くなる一方で、ペットの数は増加し続けています。この理由は、単なるブームでは終らない、進行する核家族化や老人世帯の増加が抱える問題が影響しているように思います。癒しを求める人の増加そのものがペットの増加を促しているように思うのです。つまり、これから、家庭の中でのペットの役割はさらに重要になり、需要はますます増えることになります。

ところが現状、ペット飼育禁止のマンションがほとんどです。マンションが建設され始めたころには、ペット飼育禁止などという規則はなかったと思われます。室内で飼える小型犬が増加し、マンションでの飼育を容易にした。その結果、身勝手な飼い主によるトラブルが急増した。悪臭や糞尿被害、騒音、動物アレルギー…。飼い主のモラルの低下が、ペット飼育禁止マンションの発端を作ったのだと簡単に推理できます。
ここまでは許容範囲?
モラルの低下は、現代が抱える様々な社会問題の元凶になっています。飼い主は、もっと自覚を持たなければいけないのです。自分の家から一歩外へ出たら、そこはペットを受け入れてもらえない世界なのだということを…。そう考えれば、マンションの廊下や階段ではペットを抱く。また、マンションの敷地外でも同じことです。道路でのオシッコもダメなのです。オシッコは、自宅で済ませてから散歩につれて行く飼い主が増えているそうです。また、よく、公園でペットを放している人がいますが、これもペット嫌いの人から考えればとんでもないことですし、ペットのフンを拾ったものを公園のゴミ箱に入れるのもダメです。これくらいはいいんじゃないかなどと、いい加減にしてしまった結果が、このペット飼育禁止マンションを作り出してしまったのです。徹底した管理ができないなら飼わない、飼えないキマリが必要なようです。
ちょっと異常な公園
私がさらに悲しいのは、この看板を堂々とマンションの入り口に貼り出していることです。「私たちは、ペットとうまく共存できない、モラルのない、アホな住人の集まりです。みなさん、笑ってください!」そういっているようで悲しくなります。

全面禁止をアホな住民(私を含めた)が決めたのならそれは仕方ないとして、通りすがりの人に自分らの権利だけを主張するのはいかがなものかと思うのです。危険物の持ち込み禁止ならわかりますが、ここまでやってしまう横暴さには、憤りを感じてしまいます。私が、ペット飼育に賛成してきたから、こう思うのかもしれません。しかし、ここまで書かなければならない現状を憂えるのです。このままでは、次の世代は、どんな立て看板を用意するのか怖くなるのです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
エンドレス補習で…
2009-04-04-Sat  CATEGORY: 未分類
今日は、エンドレス補習です。新中3生にとって初めての経験で、生徒が緊張しているのが分かりました。素直に、受け入れてくれる中3なので、こちらがストレスを溜めることもありません。成績も、必ず上がることと確信しています。

三月は、新年度の始まりで塾にとっては一番忙しい月でした。その半ばで突然、新中3生の退塾の申し出を受けました。新年度であるばかりでなく、講習会の月で、授業時間も長く、中3で5科受講にもなり、授業料以外の関連費も多額になります。

授業料全額頂くのはいかがなものかと思い、3月の授業料半額と教材費の一部を申し出たら、お母様から、高すぎるとの声が…内容を説明してお願いをすると、しばらくしてお父様から連絡がありました。なんとかならないのかと言われ、なんともならない旨を説明しても、平行線のまま…。挙句の果てに「出るとこに出てもこっちは構わへんねんぞ!」と啖呵をを切られてしまいました。

このままでは、一円も払っていただけないと思い、教材費は結構ですと折れてしまいました。そのお子様は、他の生徒の二倍以上講師の手を煩わせていたお子様でした。お父様もお母様もそんなことは、一切ご存知ないようで、情けなくなりました。お世話になったという気が少しでもあれば、あんなヤクザみたいな暴言は吐かないと思うのです。

むなしさの中、同じように辞められた塾生のことを思い出し、その誠実なお母様のことを考えれば、このままではいたたまれなくなり、すでにいただいていた教材費を返金することにしました。黙っていれば、分からないことですが、4月になるまで3月分の授業料を払っていただけなかった方を減額し、3月初旬に払っていただいていた方をそのままには出来ないと思ったのです。そちらにも返金してスッキリすることにしました。

今後、街で顔を合わせたり、私がお子様と出会うことなどお考えにならないのでしょう。そうですよね、そんなことをお考えになる方なら、こんな辞め方はなさらないでしょう。イヤ、全然、平気なんでしょうね。こんな方は…

エンドレス補習は、am10:00からpm10:30までの補習です。大手塾の合宿勉強会とまでは、いきませんが無料で実施しています。昨日は、準備でほとんど寝ていません。ボヤッキーになって、申し訳ありません。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2009/04 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。