塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
学校訪問やめました…
2009-10-21-Wed  CATEGORY: 未分類
先週の大体大浪商高等学校の訪問を最後に、今年の学校訪問をやめました。

あと、行きたいところが2、3校あったのですが、なんか行く気が無くなってしまったのです。

きっかけになったのは、某私立高校の学校説明会でこんなことがあったのだそうです。
ある会場を借りて実施されたその高校の説明会の最後に、学校側からの説明に対する質疑応答がありました。これは、どちらの説明会でもやっているごく普通のことです。ところが、この質問の内容が、普通ではなかったらしいのです。友人の塾の先生から聞いた話なので、正確さに欠けるかもしれませんが、こんなふうです。

「今回のこの説明会への、塾関係者の出席が少ないのは、こんな会場でやったからだ。ちゃんとしたホテルで実施し、昼食ぐらいは出すもんだ!」とある塾関係者が発言したのだそうです。

本当に恥ずかしく思います。学校の情報を仕入れるのは、塾としての重要な仕事の一つのはずなのに、何か、私立高校に接待されていると、根本的に勘違いしているようです。

最近の説明会には、いろいろなお土産がつきます。車代としての多数の交通機関で使えるカードは許せるとしても、菓子折りにいろんな商品、さらには現金まで…。以前も書きましたが、5000円の商品券をいただける高校の説明会には、見るからに塾の先生ではない人が多数参加しています。

さらに、驚くことに、これも知り合いの塾の先生の話ですが、説明会でよく見かける年配の先生は、各私立高校の説明会で頂いた商品の一覧を表にしているそうです。一線を退いた塾の先生の楽しみとしても、あまりにもさもしいと思います。

そういう、私も、舌切り雀の悪いおじいさんそのもので、大きな包みに心オドラサレテ、中身が気になったり、豪華なホテルの昼食を、あさましく詰めこんでいたりします。

そんなことが嫌で、今年はもう行かないことにしました。学校案内はすぐに手に入りますし、どうしても知りたいことは、こちらから個別で訪問すればよいからです。

私立高校の募集が苦しい中、高校が塾にすがってくるのであれば、これを逆手にとってよいはずはありません。やはり、ある程度の距離をとってこそ、バランスが保たれるのです。

15年以上前、塾との関係をとても大切にした私立中学がありました。塾からの推薦者は、無条件で受け入れるというのです。実を申しまして、私も3人の推薦枠を頂いていました。ところが、この推薦枠に甘んじて、学力の劣る生徒を送り込む、塾関係者が増えていったのです。こうしてその中学のレベルは、どんどん落ちしてしまい、いまや、誰でも入学できる中学になってしまいました。

学校と塾は、相反してはいけないと思いますが、仲良くなりすぎるものではありません。お互い話をすることになんら問題はありませんが、もたれあいになると…。ここらで一つ、申し合わせでもしたらどうでしょうか?学校説明会のマニュアルなんてのはいりませんが、塾からの要望書なんて出せたらステキだと思うのですが…

皆さん、どう思われますか???
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
城星学園に行ってきました!
2009-10-03-Sat  CATEGORY: 未分類
金曜日、城星学園の学校説明会に行ってきました。参加した理由は、度々、城星の先生にご訪問いただき、恐縮していたことと、泉塾連で以前、担当割したときに、私の担当校になっていたからです。

大阪市内中心部に位置するこの高校は、大阪星光学院と同じ宗派のカトリック系の女子高です。

女子高の共学化が進む中、あえて女子教育にこだわる姿勢には共感できます。ただ門戸を広げ、その場しのぎで共学にはしる高校が多いからです。

校舎内を見学させていただきましたが、さすがは女子高。きれいな教室に、整然と貼られた掲示物、もちろん、床にはチリ一つ落ちていませんでした。

こんな状況をみると、私学へ通わせたくなってきます。何も進学や就職のためだけでなく、6年間または、3年間、お子様を預ける場としての環境が整っているからです。

個々のお子様の性格や進路を考え、私立か公立かの選択をするのはよいことだと思います。何もお子様をすべて同じ学校に通わせる必要はありません。くれぐれも同じ学校に入れないと不公平だなんて考えないで下さい。

その子に合った学校が一番です。私立の中にも、ガンガンとお子様をひっぱって育てる学校もあれば、のんびり、ゆったりとお子様の良い面を伸ばしてくれる学校もあります。

いろんな学校を見ましたが、私立高校が公立より勝っている点が多いと感じます。
経済的な余裕があるのなら、やっぱり私立ってことになるのでしょうか…。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/10 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。