塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校前期入試問題分析《数学》
2010-02-26-Fri  CATEGORY: 未分類
昨年に続き、前期試験の問題を全問解きましたので、感想を述べます。

相変わらず、私立高校の問題と違い独特の出題が続きました。何が違うのかというと、写真や図が多用され、問題が長く、ちょっとマニアックな、中学校で解いたことの無い、へんてこな問題が多いのです。

どんな方が作られているのか、一度お会いしてみたいです(笑)。今の中学生の現状とその傾向、そして学力が分かっていないため、こんな独特の切り口で問題を作り続けてしまうのだと思います。数学が嫌いな生徒にとっては、どの大問もきつい問題です。そうなると小問集合問題の1と2で得点するしかなく、ここの出来具合が、数学の点を大きく左右したことと思います。

大問3で、「結束するためのバンド」の問題が出ています。身近なものを題材にとったと言いたいのでしょうが、結束バンドを使ったことのある中学生のほうが珍しく、他の物にして欲しかったです。表を対応させるところは、公立らしい問題です。

大問4は、相似と三平方を使って長さを求めるものですが、この問題が解ける中学生はごく一部で、もう少しやさしくして欲しかったと思います。

工業と情報学科のみが解答した大問5は、立体図形の問題です。これは、適度な難しさで、正答率も高かっただろうと思います。この程度で、十分差が出ますから、もう少しこのレベルの問題を増やして欲しいです。

全般的に、引っ掛けもなく、数学的な考え方が身についている生徒には、解けた問題だと思います。

続いて、理数科の問題です。相変わらずとっても難しいです。13問中6問は、すんなりとは解けない問題で、最上位生の実力判断としては使えるかもしれません。

中三数学の最後の単元が以前は「確率」でした。このため二月初旬の私立高校入試には確率の問題は出題しない、三月の公立入試にも基本問題しか出さないと暗黙の了解がありました。

現在は、「確率」が中二での履修になっているため、複雑な確率の問題がいずれ出題されるだろうと予測していましたが、やっと今年、大問1(5)で出されました。学校レベルでは太刀打ちできない問題です。

大問3②は、三平方の定理を使って、線分の長さを求める問題です。背を合わせて左右に出来る直角三角形をもとに、共通する辺を求める式を作り方程式にすると簡単に解けます。これは塾で使っている教材の例題になっている問題です。

気になるのは、正答に26分の419とか-8分の√3χの2乗プラス2分の√3χプラス√3があります。日頃書きなれていない複雑な解答に躊躇した受験生も多かったのでないかと思います。

何度も述べますが、理数科と同じくこの問題を解く総合科学科はもちろんサイエンス創造科の受験生には難しすぎて、その実力をはかるものさしにはとうていなりえません。どうか早く気づいていただき、もっとレベルを下げた問題で、公正に受験生の実力を判断してもらいたいものです。これでは、数学のテストは捨てるのが正解です。

来年から理数科がなくなり、文理科が出来ます。文理科でどんな問題を使おうが構いませんが、総合科学科とサイエンス創造科は、それぞれ独自の問題で入試を実施して欲しいです。

昨年、某総合科学科の高校の説明会でこの話をすると、その高校の校長先生は、「教育委員会が問題を決めているから」の一言で、現場で感じている問題点には触れてももらえませんでした。

そのとき、採点する先生から出たのが、、証明問題は、減点法ではなく、加点法?。つまり、間違ったことを書いていても点数は引かれず、条件に合うことが一つ書いてあるごとに加点していくとのこと。自信がなくてもよいので、とにかく書くことなのです。配点が大きいため、部分点が期待できます。

厳しく採点すると、理系であるはずの総合科学科の数学の平均点が、半分をきることになるからでしょう。現場から是非その実情を上にあげ、その声が天に届くことを期待しています。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
来年の公立高校入試!
2010-02-21-Sun  CATEGORY: 未分類
まだ、公立前期試験も終わっていないのに気の早いお話ですが、お付き合いください。

来年も今年以上に大変な年、荒れる公立高校入試になりそうです。

その理由は、まず、授業料の問題です。現在、正式には何も決定していない状況で、受験生やその保護者を困惑させています。公立の無償化は、まず間違いないものとして、私立高校の授業料がどうなるのかで、受験生の選択が変わってきます。今年の半ばまでには、この辺のお話が、具体的になるでしょうから、来年は、受験生の新しい流れが始まるかもしれません。この問題が入試に及ぼす影響は、大きいと思います。

次に、以前からお話している文理科が新設されます。公立トップ高がしのぎを削る文理科ですから、当然、人気が高く、難関になることが予想されます。学区を越えたトップ高の戦いは、今後の勢力図を変えていくことになるでしょう。また、先日、発表になりましたが、文理科が前期に募集され、ますます、前期の募集数が増えることから、「普通科総合選択制」の19校が後期入試に戻ることになります。今年まで高い倍率を維持してきた普通科総合選択制の各高校ですが、来年からの倍率はどう変化するのでしょうか?

受験する側からも、普通科総合選択制と普通科の入試日が重なることになり、今年はどちらも受験することが可能ですが、来年からはどちらかを選ぶことになります。また、逆に、今年は専門学科と普通科総合選択制の入試日が重なり受験できませんが、来年からは、前期が不合格になった場合の後期受験校に普通科総合選択制の高校を選択肢に加えることが出来ます。

最後に、今年の入試は、公立:私立の7:3の募集比率を無視して別枠で公立高校の募集に960名の増員が実施されます。この影響が、後期入試にどう表れるのかまだ分かりませんが、この別枠が、来年はどうなるのかが分かりません。もっと増員されるのか、また逆に、私立に向かう新しい流れができれば、増員する必要はなくなるかもしれません。

まだまだいくつかあるのですが、実際どこが得をして、どこの倍率が高まるのかは、多数の要因がありすぎて簡単には判断できません。進路指導を行う塾としては、とても頭の痛い入試になりそうです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
キッザニア甲子園!
2010-02-13-Sat  CATEGORY: 未分類
先日、小6受験生たちを連れてキッザニア甲子園に行ってきました。

マスコミや人から話を聞いて、どんなところなのか興味を持ち、一度行ってみたいと思っていました。

事前に調べると様々な場内の情報が公開されています。なんだかディズニーランドやUSJのように要領よく回らないと、あっという間に6時間が過ぎそうです。そうなのです。キッザニアは入れ替え制で、一部が6時間、二部が5時間しか滞在することができないのです。

子供たちには、事前にパビリオンの情報を渡し、ネットで調べさせました。いくつか自分たちが回りたい所を絞り込めたみたいでした。一度行ったことがある子がいて、その子の話も参考にしていたと思います。準備はこうやって終わりました。

こんなふうに私自身も、とても楽しみにしていたのですが、実際は、少し期待はずれでした。子供たちは、それなりに楽しかったみたいです。子供たちが主役になって、いろんな仕事を経験できる。お金を払ったり、仕事をしてお金を稼ぐ。キッザニアの人は子供目線で、やさしく対応してくれたのですが…。

一つ目の問題点は、どれだけの子供たちが自分で決めて回っているのかということです。人気のパビリオンは、すぐに定員に達して、後から来た子供たちは、体験することはできません。親が、真っ先に予約に走らないと無理なのです。折角、子供たちが考えて動ける機会を与えられているのに、限られた予約数が台無しにしているのです。

二つ目の問題点は、小さな子供たちが多すぎる点です。これも親の存在が不可欠になってきます。3歳から15歳は、幅が広すぎます。3,4歳児にお金は使えませんし、中学生が喜ぶ内容でもありません。お分かりいただけると思いますが、3歳と15歳がパビリオンで同じ職場を体験している姿を想像してください。対象年齢は、5歳から12歳が適当だと思いました。わが子をトップモデルに、おすし屋さんに、消防士に…。小さな子供のその姿は愛くるしく、写真やビデオに残したいのはわかりますが、それなら衣装だけあればよいことになります。やはり、小さい子供たちの存在が、稼働率を下げているように感じました。

最後に、キャンセルが出来ないことです。詳しく申し上げると、いったん予約すると、一部のキャンセルはできないため、全員をキャンセルすることになります。キャンセル料が一人200円かかります。もう一度予約することになるのですが、初め予約していた日が満席なら、キャンセル後のその日の予約はできなくなります。つまり、希望の予約日がいっぱいの場合、キャンセルをすると全員がその日には入れなくなってしまうのです。これでは、キャンセルできないのと同じです。子供は風邪ひきやすく熱を出しやすいもので、それによるキャンセルが不便なのは、子供のための施設なのに、納得ができません。

これほどの、日本を代表する大企業が集まっているのに、営利目的みたいに感じるのが不思議です。次世代を担う子供を、しっかり育てたいのが目的なら、対象を絞り、もっと中身を充実して欲しいと思いました。小学校の遠足や社会見学で訪問できるのが理想です。

内容は面白く、もっともっと子供たちの夢を膨らますことができます。企業は、格好のコマーシャルになるのですから、お金は出してくれるはずです。現在のキッザニアが無理なのなら、どこかの自治体や団体に別のキッザニアを作ってもらいたいです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
私立高校の入試応援を…
2010-02-12-Fri  CATEGORY: 未分類
この仕事を始めて二十年。毎年、入試日に近くの駅に立ちます。初めての入試にひどく緊張している子供たちに一言掛けてあげたいからです。

ところが最近、私立中学の入試会場のように派手になってきているのが、とても嫌なのです。

昨年は、立て看板を持った塾関係者が、一人目だっていましたが、今年は、塾名の入った白いジャンバーを着たおじさんが3人ほどいて異様な雰囲気をかもし出していました。

いつもの朝と違う様子に、驚かれて振りかえる通勤の方もいて、私もその中の一人と思うと気が重くなりました。

中学校の先生が、生徒の点呼をとっていらっしゃるので、塾は、隅の方にいるのが筋だと思っているのですが、切符売り場の前に陣取り、塾名入りの旗を手に持ち、中学の先生より幅をきかせていて。そればかりか、若い講師の先生は、生徒を前に大声でハシャギはじめて…

改札の横に毎年陣取ることしています。こちらに気づき、はにかみながら会釈だけ、手を振るだけの生徒もいます。また、真っ先に走り寄って来る生徒もいます。子供たちは、うれしそうなのですが…。

駅の改札をやめて、どこか別の場所がよいのかもしれません。
それよりもこの業界の質の改善が必要なのかもしれません。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2010/02 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。