塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
岸和田高校に行ってきました!
2011-04-29-Fri  CATEGORY: 未分類
先日、泉塾連で岸和田高校を訪問しました。隣接する岸和田城とマッチした、落ち着きと伝統を感じさせる高校です。今年、RITZからは、二人の生徒が進学しました。

聞きたかったのは、文理学科の入試結果ですが細かな数字や資料はいただけませんでした。ビックリしたのは、文理学科160名の募集に受験者490名、倍率3.06倍でしたが…。合格者は男子279名中76名、女子211名中84名。なんと男子の合格率27.2%に対し女子39.8%。明らかに女子の健闘が光っています。

理由は、なんでしょうか?成績開示資料の分析が必要ですが、①最上位の男子は三国丘に挑戦したから②最上位の女子は、安全に岸和田を受験したから③内申の良い女子が多かったから④実力のある男子が減ったから⑤男子の挑戦型受験者が多かったから…。地理的条件から、ほとんどが4学区の生徒とのことですから、遠距離通学を嫌う、大阪南部の女子が集まった結果かもしれません。これと対照的なのが、高津高校です。一年生の出身中学数が119校と、府下一円から生徒が集まっているようです。

進学実績については、国公立大学現役合格者数一昨年145名(45.5%)⇒昨年140名(44.6%)⇒今年126名(39.5%)と下がっています。理由については、昨年の合格者から4学区制になってからの卒業生で、やはり、最上位生を三国丘にとられてしまっているのが一因だといえそうです。今年は、浪人が多く、来年の実績が楽しみだとおっしゃっていました。

明るい話題は、今年からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受けたことです。今回、大阪では、岸和田と大阪市立東高校が指定を受け、府下に12校のSSHが存在します。全国で145校ですから、大阪の多さが突出しています。文科省は、200校まで増やす計画らしいのですが、この震災で、少し遅れることになるかもしれません。

SSHの指定を受けると、年一千万以上の予算が使えます。物品購入や視察旅費、講演を依頼した大学教授への謝金等…。もちろん理科系の生徒育成を目指すものですが、英語教育等、全生徒が享受できるように使っていきたいとのことでした。

文理学科生は、全員、毎週土曜日午前中に実施している特進ゼミを受講するそうです。この特進ゼミには、普通科の希望者も受講します。

最後に、普通科も女子が頑張っています。普通科200名の募集に288名(1.44倍)が受験しました。男子168名中110名合格(合格率65.5%)女子120名中90名(75%)となっています。

《オマケ》教員の平均年齢が50才を超えている高校が多い中、岸和田高校の教師の平均年令は約45才と非常に若いそうです。近年2人、3人、3人、5人と、この4年間に13人もの新任者を迎えています。また、先生の加配も多く、数学科だけで13人、英語科も同程度いるそうです。熟練教員のもとで若い先生が経験を積み、中堅教員として活躍していく。様々な世代の先生の存在は、学校には必要不可欠です。こんな面でも、魅力的な活気ある学校だと思います。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
不適切表記…
2011-04-21-Thu  CATEGORY: 未分類
新聞報道でご存知の方もいらっしゃると思いますが、「大学別合格者数を、実際より多く合格したと誤解しかねない不適切な表記をした」として、二社の大手塾が行政処分を受けることとなりました。大手塾の毎週はいるチラシの多さ、様々な広告媒体を使った宣伝におびえる個人塾として、一言申し上げます。

今年から大阪のグローバル・リーダーズ・ハイスクールに設置された文理学科、大手塾はこぞってその合格者数をチラシに載せました。

三国丘高文理学科合格者数=A塾5名+B塾4名+C塾5名+D塾51名+E塾75名=140名
5塾の占有率は、87.5%にも上ります。

ところが、本日確認したところ、土曜日だけ開校しているF塾は合格者41名とうたっています。
合格者は160名ですから、
140+41-160=21名???(大手塾と併用していた生徒!中小塾生は0人??)

北野高校文理学科は、大手4塾で合格者149名(占有率93.1%)。残りの僅か11名が…。

合格者数の競い合いは、今後ますます熾烈なものになると思われ、大手塾だけで100%を超えるかも知れません

一科目だけ受講した生徒はもちろん、講習会だけ参加した生徒、無料で実施した文理科対策授業に参加した生徒、自塾の文理科模試を受験した生徒…。なんでもいれちまった数字なのです。

大手塾の皆さん!どうか、もう少し、常識ある表現、表記を使ってください。保護者の皆さまが、「やっぱり大手塾でないと文理学科は狙えないのか」と勘違いされてしまいます。塾生100名足らずの個人塾からもちゃんと合格しています!

B塾のチラシには、北野高校入学式の新入生代表(最上位合格生)、2名中2名ともB塾生。と名前入りで宣伝されています。ここまでくると、同情する気にもなりません。

「ライバル塾に負けるな!」とお尻を叩かれ、一生懸命自塾の宣伝文句を考えるサラリーマンの姿が浮かびます。ここに子供たちを巻き込んではいけません。

幸いにも、大手塾に洗脳されてまっしぐらに走った受験生は、高校生になるとその真実が分かるようです。踊らされていた自分に気付き、嘘で塗り固められていた言葉の真意を見抜くようです。

問題なのは、それに気付かず最後まで振り回されている大人なのです。
どうか皆さん、派手な扇動に乗らずに、冷静に判断してください。お願いします
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
うれしい便り
2011-04-16-Sat  CATEGORY: 未分類
卒塾生から、こんな封書が届きました。

〇〇先生、△△先生
お久し振りです。2005年に卒塾した◇◇です。3月18日に6年間通った清教学園を無事に卒業しました。
この春からは、明治大学の農学部農学科に通います。地震の影響により、入学式が中止となり授業も5月からですが、これから始まる大学生活を有意義なものにしたいなと思っています。
清教を卒業した今、6年間清教で過ごせてよかったなと、RITZに行っててよかったなと改めて思います。本当にありがとうございました。
〇〇先生の数学と理科の授業、△△先生の国語の授業今でも覚えています。
\(^o^)/
それでは、また機会があればRITZに遊びに行きたいと思います!
健康第一で、仕事頑張って下さい。    ◇◇


うれしさとなつかしさが混じり、へんてこな気持ちになります。
6年の運動会を思い出します。俊敏なこの子は、騎馬の上で、相手の帽子を一瞬でもぎ取り、勝ち続け、最後まで残りました。その勇ましさは、見ていて気持ちよかったです!!

中学に上がると、テニス部に入りました。清教から送られてくる学園通信に毎回、各クラブの戦績が載るのですが、まずそこを広げて彼女?の名前を探すのが楽しみでした。

一緒に過ごしたのは二年間だけで、しかも厳しいことばかり言っていたはずなのに、こうやって手紙をもらえることが本当にウレシイです。。* ゚ + 。・゚・。・ヽ( ゚`Д´゚)ノウワァァァァァァン
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
マンモス校の再来!パオ~
2011-04-13-Wed  CATEGORY: 未分類
先日、桃山学院高校に進学した元塾生が制服姿で塾に挨拶に来てくれました。
「先生、でもあんまりうれしくないねん。1年20組になったんだけど、なんかなあ…」
入学者が増えるとは思っていましたが、予想を超えて、802名、20クラスになったようです。この中には110名ほどの内部進学者(桃山学院中学からの進学者)を含んでいるそうですが、昨年の入学者は内部生を除いて473名ですから、いかに生徒が集まったのかが分かります。

もちろん、私学無償化の拡大が大きく影響していますが、予想をさらに上回ったのは、併願合格者が、高倍率の公立高校を不合格者になり、戻ってきたからに違いありません。

もっとすごいのが、969名もの入学者を迎えた、男女共学元年の上宮高校です。あまりの多さに2部制で入学式を行い、中学部の入学式と合わせ、一日、三回も入学式を行ないました。うれしい悲鳴が聞こえてきそうです。

あと調べた限りでは、近大附属917名(内部進学者含)、興国726名、常翔学園636名、阪南大学624名(内部進学者含)、大阪学芸622名…です。

ハッキリ数字が掴めていないのですが、浪速高校が16クラスの入学者とのことです。700名以上の入学者になったのではないかと推測しています。(理事長の入学式式辞によると676名のようです)

マンモス校の再来は、私立高校時代の幕開けを現しているのかも知れません。しかし、気をつけていただきたいのは、今の保護者のニーズです。指導の平準化を好まず、特別な指導を期待する保護者。これにどう応えるのかが最大の課題になります。

大きくなればなるほど身動きが悪くなります。敏感な保護者は、その対応の悪さに気付くと、いち早く逃げていくことでしょう。施設面の整備に加えて、サービス面の低下がおこらないよう、十分気をつけて欲しいと思います。

来年への新しい動きも出ています。上宮の兄弟校、いや今や姉妹校の上宮太子高校が、平成26年度から実施するとしていた共学化を改め、来年、24年度からにするそうです(こんだけ集まったらそうしますよね)。

また、近大附属高校が、新しいコース設定に変わります。近々、発表になるようです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2011/04 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。