塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
三国丘高校に行ってきました!②
2011-05-21-Sat  CATEGORY: 未分類
3.感想
●まず驚いたのは、男女の合格率の違いです。
岸和田高校文理学科では、受験者490名(倍率3.06倍)
合格者は男子279名中76名(合格率27.2%)
      女子211名中84名(合格率39.8%)
三国丘高校文理学科では、受験者411名(倍率2.57倍)
合格者は男子225名中89名(合格率39.6%)
      女子186名中71名(合格率38.2%)
男女の合格率の差が、この二校の男女比を逆転させています。
男子の最上位生が目指した三国丘、地元志向の強い女子の最上位生が受験した岸和田といえるのかもしれません。
またこの傾向は、後期の普通科でも、起こっています。
岸和田普通科200名募集に受験者288名(1.44倍)
合格者は男子168名中110名合格(合格率65.5%)
      女子120名中90名合格(合格率75%)
三国丘普通科160名募集に受験者222名(1.39倍)
合格者は男子120名中88名合格(合格率73.3%)
      女子102名中72名合格(合格率70.6%)
これほど明確な差が出るとは予測していませんでした。

●次に、普通科のレベルダウンのお話が強く残りました。
学区の改編が旧9学区の最上位生の三国丘受験を可能にし、岸和田のレベルを少し下げた。これは、4学区制になってからの卒業生の大学進学実績が下降した岸和田、逆に少し上昇した三国丘の数字が表しているのかもしれません。
この状況が、文理学科によってまた変わるかも知れません。三国丘高校普通科のレベルダウンが事実ならば、地元最上位生が岸和田文理学科に戻ったと考えられるからです。
しかし、10校を競わすための文理学科が、学校内の学力レベルの大きな格差を生み出したのならば、能力別クラスが作れない公立では、実質レベルダウンしていくことになるでしょう。
文理学科と普通科の入れ替えでもできればよいのですが、文理学科が専門学科である以上、それは難しいようです。文理学科にかきまわされているようで、今後がとても不安で気になります。

4.その他
●三国丘は、現状の教室数からの申請で一学年320名になっているようです。ですから、今後も文理学科4クラス、普通科4クラスは変わらないようです。
●中学3年生向けの説明会は、7月21日(木)22日(金)午後2時から、11月5日(土)の予定。申込みは6月から、HPからの申込みも可能だそうです。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
三国丘高校に行ってきました!
2011-05-21-Sat  CATEGORY: 未分類
1.三国丘高校の特徴
●今年で117年目を迎える。SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受け4年目、さらに進学指導特色校(グローバルリーダーズハイスクール)にも指定されている。これにより、次世代リーダーの育成と難関大への進学希望の実現が使命だと考えている。
●クラブには98%の生徒が加入、実績を上げているクラブは、陸上、水泳、野球、サッカー、ハンドボール、美術、弦楽合奏団等、生徒は定時制があるので、5時30分に完全下校。このため授業開始は4月から9月の夏時間は、8時10分。冬は8時30分開始である。
●現高三生の進路希望は、東大6名、京大50名弱、阪大100名強、神大30から40名。高三の約8割は、予備校へ通っている。
●進路状況
H21年度 国公立210名合格(内現役319名中129名、合格率40.4%)
H22年度 国公立224名合格(内現役315名中136名、合格率43.2%)
H23年度 国公立241名合格(内現役318名中137名、合格率43.1%)
※詳細な内訳は三国丘高校HPをご覧ください。
今年の現役生の進路決定率は、59.4%、残り126名が浪人中。

2.今年度入試
●前期入試(文理学科)
       男    女   合計
志願者 225人 186人 411人
合格者  89人  71人 160人
※志願者数の内訳は、旧8学区から72.3%、旧9学区16.3%、その他11.4%
●後期入試(普通科)
       男    女   合計
志願者 120人 102人 222人
合格者  88人  72人 160人
※志願者数の内訳は、旧8学区から81.5%、旧9学区17.6%、その他0.9%
男女比は55:45、文理学科不合格者の7、8割が普通科を受験している。
●後期は倍率はそこそこだが、例年より少しレベルダウンしているかもしれない。(これは印象で具体的な資料に基づくものではない)担当教師との面談では、同じ指導内容を理解させるまでの時間差、テスト等で感じているようだ。具体的には4月10日実施の進学指導特色校共通テストの結果(5月末)で分かると思う。これにより、授業スピード、教材(副読本や問題集)、指導の深み等での差を検討していく。
●文理学科の小論文20分は少ない。論理的に書こうとすると無理がかかる。差は数学でついた。
●文理学科受験者は、ほとんどが4学区からだが、河内長野、狭山、富田林から、八尾や東住吉からの受験生もいた。私立中学からは4名受験、2名合格した。
●文理学科と普通科の教科の差は、文理学科が専門学科であるため数・理・英でその名称(SS数学Ⅱ等)が違う。しかし教科書は同じ。数学は、違うテストを実施するが、英語はまず共通テストをしようと考えている。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
隠蔽!
2011-05-16-Mon  CATEGORY: 未分類
「レベル7」到達の恐れ アメリカ
米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は3月15日、声明を出し、福島第1原発事故の状況が国際原子力事故評価尺度(INES)で2番目に深刻な「レベル6」に近く、最悪の「レベル7」に達する可能性もあるとの見方を示した。日本の経済産業省原子力安全・保安院は先に、今回の事故の暫定値を「レベル4」と発表していた。ISISは声明で、福島第1原発の1~3号機で爆発があったことや、4号機の原子炉建屋で火災が起きたことを踏まえ、「この事故はもはや(局所的な影響を伴う)レベル4とはみなせない」と指摘。

米政府、米国民に福島原発半径80キロ圏内からの退避勧告 
米政府は3月16日、日本の地震に伴う原発事故が深刻化していることを受け、米国民に対して福島原発から半径80キロ圏内から退避するよう勧告した。ホワイトハウスのカーニー報道官は「津波の後、状況は悪化している。被害が拡大する可能性があり、原子炉から放射能が放出される恐れがある」と述べた。


アメリカは、知っていたのですね。フランスもこの時期に少なくともレベル6に達していると発表しています。

測定された放射線量から、あるいは衛星からの映像分析から、メルトダウンの可能性が高いと確信していたのでしょう。それなのに日本は…。

アメリカのこの発表を聞いたとき、「何!チェルノブイリと同じレベル!そんなはずはありえない」と思ったのは、私だけでしょうか。

東電は、政府は、どこまでの事実を知っていたのでしょうか?
不安な国民を安心させるために、ここまで引き伸ばしていたのでしょうか?
それとも本当に、最近まで分からなかったのでしょうか?
いつごろ、この恐ろしい事実に気付いたのでしょうか?

どうであっても、この責任は誰がとるのでしょうか?
結局、不信感だけをつのらせてしまいました。

お人好し過ぎる国民よ!今こそ、怒らねば!
いつまでたっても、この隠蔽体質は治りません。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
四條畷高校に行ってきました!
2011-05-02-Mon  CATEGORY: 未分類
KC3S01120001_20110502181548.jpg
行ってきたといっても説明会ではなく、ラグビーの試合観戦に行ってきました!

次男が、長男に続いてラグビーを始めました。また三年間観戦にいけるかと思うとワクワクします。まあ、在学していなくても行っていましたが…(笑)。今年、鳳に入学した生徒もラグビー部に入部したとのこと、ウレシイかぎりです。

この時期の試合は、各高校ともチームとして完成しておらず、つたないプレーが目立つのですが、先日は、違いました。

第一試合は、四條畷対春日丘・茨木西・北摂つばさ・北野・能勢高校の合同チーム。12対10でなんとか四條畷が逃げ切りました。合同チームとは、思えない試合で、力が伯仲していました。けっして低いレベルの試合ではなかったと思います。一年生が試合に出れるようになり合同チームで試合をしなくなることを祈っています。四條畷もこれからが楽しみのチームです。

第二試合は、高津対摂津の試合でした。高津の上品さが目立ち、もっと点を取れる試合だったと思います。もっとボールに意識を集中させ、貪欲にボールを奪い合う姿勢が欲しかったです。でもチームとしては強力なバックス陣は魅力でした。両チームとも、これからだと思いました。

第三試合は、常翔啓光対生野、とてもすばらしい試合でした。61対7の大差ですが、観戦しないとそのレベルの高さと充実した内容が、分かっていただけないと思います。花園の常連、全国制覇7回の啓光の胸をかりた生野高校ですが、その闘志は、啓光より勝っていました。最後まで切れない集中力と姿勢の低いタックルは見事でした。二人がかりでしとめたタックルには、感動で体がゾワーとしました。試合後、泣き出した生野の選手を見て、やはりここまで思わないとこんな試合はできないのだと思いました。今年は、都島工業だけでなく、私立を脅かす公立高校がいくつも出てきそうです。

常翔啓光学園のラグビー部員は、80名を超えています。しかも、スポーツ進学コースというラグビー部員だけのクラスがあるのです。ですから、どうしても判官びいきで公立を応援してしまいます。橋下府知事に、公立高校の定員を400名にして欲しい理由の一つに、不純ですがこの部員不足があります。

啓光のコーチとして、元神戸製鋼の吉田選手が来ていらっしゃいました。啓光OBだからでしょうが、テレビでしか見たことがなく、ビックリしました。

公立高校が元気になり、大阪のラグビーを盛り上げて欲しいです。
6月に伝統校試合があると思います。今から楽しみです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2011/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。