塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
関西大学連携浪速中学校ピンチ②!
2011-10-27-Thu  CATEGORY: 未分類
この件は、皆さんの受け止め方が違うように、いくつもの問題を提起しているように思います。

一つは、大学への推薦入試のあり方です。各大学の指定校推薦が乱発され、10月には推薦で大学が決まる高校生が激増しました。これにより、最後の半年を遊んで過ごす高3生が増え、大学生の学力低下に拍車をかけています。

これは、1人でも多くの生徒を、いち早く確保したい私大の切なる思いから発されたものです。大半の生徒を様々な推薦制度で確保するため、一般入試は狭き門になります。この結果、難易度が維持されているのです。公表されている偏差値は、一般入試に対するもので、推薦入試では、かなり下のレベルの生徒でも入学している大学が多数あります。

関大には、パイロット校があります。浪速高校もその中の一校です。まず、関大と高校とで相互の連携推進と双方の教育の充実を目指して「パイロット校」の協定を結びます。すると、関大から「パイロット校推薦入学枠」が与えられます。ある高校では、10月に3年生の希望者の中から関大への内定者を決定。内定者は、インターネット等を通して関大が示す学習プログラムの課題(英語・小論文…文系の場合)を提出。この結果12月に合否が決定するものです。また、2、3月にもプログラムの課題等があります。

このパイロット校には、私学だけでなく公立高校も協定を結んでいます。この数年でその数は急増し、20校は超えていると思われます。一度、関大にその内容等について質問の電話を入れましたが、人数とかは確約するものではなくぅ~、高大連携の一環としてぇ~と、歯切れの悪い返答しかもらえませんでした。関大の思惑はおいといて、協定を結ぶこと=推薦枠の増加ととられても仕方がないと思っています。

関大が、今回、浪速中学と交わした連携協定はこれとも違う初めてのものです。しかし、中味はどうあれ「関大連携」という名称を許可したことから、その親密さが受け取られ、推薦は当たり前と思うのが自然です。建前と本音、ハッキリできなかったというより、ハッキリしなかったというほうが正しいかもしれません。

私立大学の募集難は、私立高校より深刻であり、明暗が分かれようとしています。指定校推薦枠、パイロット校の協定、そしてこの連携協定。生き残りをかけ、学生確保のための手段でもあったわけです。ところが、大学というところには、教授会という大きな権力が存在し、この承認を得ないと推薦枠がもらえないわけです。

ですから、一概に浪速中学の非ばかりを責められない部分もあると思います。

しかし、一名の推薦枠も確定していない状況で、関大コースはまだしも、校名を「関西大学連携浪速中学校」に変えてしまったのは、浪速の驕りであり、こちらも生徒募集の目玉にしたかっただけにすぎません。最初の連携協定の中味は、職員交流に関するものだけだったのです。推薦枠等については、経過観察後にこの協定とは別に協議することになっていたのですから、そこまで待てばよかったのです。

この数年、浪速は、いくつもの花火を打ち上げて注目を集めて来ました。門を変え、宿泊学習施設を整備し、新しい運動場を作り…。さも未来に向けて前進を続けているイメージばかりをアピールしてきました。

校長先生の改革は、ネーミングもすばらしいです。第一章浪速が変わる、浪速で変わる。第二章新生浪速の第二章。第三章浪速の教育改革はまだ。第四章文武両立さらに加速!次々と繰り出されるマジックに踊らされたくないと思うのは、わたしだけでしょうか…。また、いくつもの新しい建物には校長先生の自筆による看板が…。

私は、何度かお見かけしただけで、じっくりお話したことはありませんが、とても威圧的な態度をとられたのが記憶に残っています。あれでは誤解を受けて、敵を作ることになってもしかたありません。この問題も、誰が新聞社にもちかけ、絵を描いたのは、分からないところです。

以前、大阪学芸高校から封書が届き、このブログにも書かせていただきました。あの時同様、もう少し様子を見た上での、大人の対応ができたのではないかと思います。言い訳はせずに謝罪に終始してもいいと思うのです。なんだか、その場を繕う言い訳をして、問題をさらに大きくしているように思います。

人の上にばかり立ってきて、謙虚さをなくしたのでしょうか?素直に、頭を下げれないのでしょうか?これは私も同様、組織の長であるものは、いつも意識しておくべきことだと思います。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
関西大学連携浪速中学校ピンチ!
2011-10-27-Thu  CATEGORY: 未分類
新聞でご存知の方もいらっしゃると思いますが、問題になっているのは、10月15日、関西大学連携浪速中学(以下浪速中学)で実施された入試説明会での、理事長兼校長先生の発言です。

①関大コースに入れば、関大に間違いなく入れる!
②うちなら併設校(付属校)より、2、30万低く行ける!

この内容を「関大推薦枠」と虚偽説明…学校案内にという見出しで、25日付毎日新聞が記事にしたのです。実際に取り決めはないのに、関大コースに入れば推薦入学できると虚偽の説明を保護者にし、学校案内にもこれを明記したと書かれています。また、最後に関大側のコメントを載せ「本来であれば連携協定を結んだ時点で、推薦基準を明確にしておくべきだった。反省すべき点がある」「推薦基準はまだ決まっておらず、現状では適切といえない」と結んでいます。

この日に、RITZに浪速中学の入試広報室からファックスが届きました。
「毎日新聞朝刊掲載の事実誤認に基づく記事について」
①平成21年に交わされた連携協定書の内容、その後の経緯、この6月に進学枠や基準の明確化を関大に求め、この11月には提示される予定になっていること。
②生徒募集活動では「関西大学連携浪速中学校入学が関西大学への全員進学を保証する」が如きの説明を申し上げたことはなく、逆に進学見込み数について明確でない点をご指摘いただいていたこと。
③皆様を欺いての募集活動を行なってきたかのような記事内容については、まったくの誤報道であること。

浪速中学のその後、
25日夜、関大コース生の保護者への緊急説明会が開かれました。校長は「関大に(推薦で)間違いなく行ける」と発言したのは言い過ぎだったと陳謝。保護者からは「関大に行けると思って通わせている。裏切られた。推薦枠がないなら、なぜ「関大」と名乗るのか」との声が上がった。(毎日新聞26日)

関西大学のその後、
26日、既に在学中の生徒約100名については、特例として推薦を受け入れるよう教授会に提案。一方、「関大連携」の名前を認める現状の連携協定は、できるだけ早く解約し、今後入学する関大コース生の受け入れについては白紙に戻すとした。(毎日新聞27日)

私見については、次に述べます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
警鐘2
2011-10-24-Mon  CATEGORY: 未分類
20111023_113645.jpg
一昨日、昨日とラグビーの練習試合を見てきました。全国大会の予選の真っ只中ですが、散ってしまったチームは、新体制での活動を開始しています。昨日は、千里対高津の試合を観戦しました。三年生が抜けて部員は、千里15名、高津16名。やっと試合が出来る人数です。先生に「あと2、3人は欲しいですね」と話しかけると、「いや、このほうが、各個人の経験値が上がります」とのこと。部員不足で苦労なさっているはずなのに、頭が下がります。指導者の先生方、本当にありがとうございます。(好きでないと出来ません)

ラグビーは、ポジションごとにハッキリ役割が違います。このため、太った選手でも、小さな選手でも出来る仕事があります。ですからデコボコな15人で、立派なチームが作れるのです。しいて言えば、人との接触を恐がらず、タックルさえできれば十分。運動神経が少々悪くてもやれる数少ないスポーツだと思います。

昨日は、グラウンドにいくつも水溜りが出来ていて大変でした。ボールを追いかけて全力で走っていた選手が、水溜りの真ん中で動かなくなったボールに、一瞬ためらい、立ち止まったプレーが最高でした。経験値!経験値!

ラグビー不振の理由は、サッカーと野球部にありますが、それとは別に軽音楽部等、音楽関係のクラブの人気が高まったからです。大学でも、仲間内でバンドを組むのが流行っていて、運動系の人気は下がる一方のようです。草食系には、向かないスポーツなのでしょうか?

さて、「平成の落ちこぼれ」が生まれるのではないかと心配してますが、この分厚い教科書を教えるには、まず指導力が求められると考えています。今までのように、ダラダラと進めていては終らないのです。全体計画を立てたうえでのポイントを絞り込んだ指導が必要だと思います。ですから、担当の先生が、どこまで踏み込んで、どこまで綿密に準備を進めたか、そして、その先生の技量次第で大きな差が生まれます。これほど、質量ともに大きく変化した教科書なのです。

今回の指導要領には、この辺りを察してか変化が見られます。それは、すごく「丁寧な教科書」になっていることです。教科書の使い方やノートの取り方、さらには、いままでの教師用の指導書に書いてあった指示等が、直接教科書に示されています。これは、生徒だけで教科書内容を理解するにはとてもありがたいことです。しかし、今まで教師の裁量に任されていた部分がなくなり、独自の工夫した授業が出来なくなってしまいます。

これは、教師のスキルを心配してのことなのでしょうか?教師は、教科書を教えるマシンになれというのでしょうか?

単調に原稿を読み上げるだけの大学の授業は、学ぶ意思を持った学生だからこそ、なんとか成り立っています。ところが、学ぶ意欲をまだ持ち合わせていない子供たちには、退屈で眠たいだけの授業になってしまいます。

ここまで書かなければいけないほど「新教科書」は、欲張りすぎたのです。「学習項目の増加」「練習問題量の増加」「知識や技能を活用する学習」「発展的な学習」全部を積み込んだ結果なのです。

演習量を増やし、基礎基本学習を徹底させる!それと同時に、思考・判断・表現力を高める!すばらしい指導要領です。しかし、ここに大きな問題が生じます。これを実践するためには、多大な問題演習時間と考える時間が必要になるのです。今回、ほとんどの教科で大幅な改訂が加えられました。各科で理解を進めるために必要な時間は、さて、どこで確保するのでしょうか?

具体的に述べると、今回の改訂で、数学の教科書のページ数は35%増加します。これに対し、全体の授業時間数は3.5%しか増えません。(週1時間増加)。総合的な学習の時間等を減らして回しても約10%の増加しか出来ないのです。こんな計算は、誰が考えても分かったことです。

生きる力を育むために、子どもたちの未来のために。

新しい学習指導要領は、子どもたちの現状をふまえ、「生きる力」を育むという理念のもと、知識や技能の習得とともに思考力・判断力・表現力などの育成を重視しています。
 これからの教育は、「ゆとり」でも、「詰め込み」でもありません。
 次代を担う子どもたちが、これからの社会において必要となる「生きる力」を身に付けてほしい。そのような思いで、新しい学習指導要領を定めました。
「生きる力」を育むためには、学校だけではなく、ご家庭や地域など社会全体で子どもたちの教育に取り組むことが大切です。
 子どもたちの未来のために。新学習指導要領、スタート。(文部科学省ホームページより)


次回は、各教科の内容について書こうと思います。




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
警鐘!
2011-10-22-Sat  CATEGORY: 未分類
最近、気になっていることがあります。

それは、この4月からの小学校での授業が異常なほど、速く進んでいることです。

今年から、小学校では、ゆとり路線に別れを告げた新しい教科書での指導が始まりました。
各学年での学習内容は、今までより1.3~1.4倍に増えています。もちろん、難しくもなりました。

私は、この指導要領の改訂を受け、昨年から各教科の指導時間を長くしました。
たとえば、週70分だった授業を45分×2コマ、週90分にしたのです。

この結果、塾の授業は、速く進めるようになりました。でも、今年は、小学校と変わらないのです。
生徒に学校の進度を確認しながら進めていますが、明らかに小学校は、昨年より速いのです。

限りある指導時間内で、分厚い教科書を終らせるためには、進度を速めるのは当然です。
しかし、この速さに、受け手の子供たちがついていけているのかが心配なのです。

ゆとり路線の始まりは、落ちこぼれの出現からでした。
詰め込み教育と非難された多大な学習量を、消化できない子供が増えたことがきっかけだったのです。
このまま進めばまま「平成の落ちこぼれ」を量産することになるかもしれません。

私は、学習内容を増やす前に、基礎基本学習の徹底や、学習に向かう姿勢作りが必要だと考えています。
学習からそっぽを向いてしまった子供たちの顔を、まずは、黒板に向けることから始めるべきだと思うのです。

少なくともこの現状を皆さんに知ってほしいと思います。
続けて、この問題について書いてみようと思います。




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
めだかの独り立ち
2011-10-17-Mon  CATEGORY: 未分類
20111017_193455.jpg
こめだかをもらって二週間が過ぎました。IKEAで仕入れてきた小さなポットの中で生きれるのか心配でしたが、もう大丈夫だと確信し、お披露目いたします。

中では、1cmにも満たない、こめだかが5匹元気に泳ぎまわっています。体の大きいものが仕切るのが、自然界のおきてで、エサを与えると、一番大きなヤツが、真っ先にエサの浮かぶ水面近くに現わます。この時に他のめだかが近づこうものなら、体当たりして一瞬にけ散らしてしまいます。

他の4匹も個性豊かで、何度も水面でのエサ取りにチャレンジしては追われるもの、水草の陰から水面に広がったエサをこっそりいただくもの、水に解けて落ちてくるエサをじっと下で待っているもの、何か人間社会を見ているようで、面白おかしく、眺め続けています。

実は、二週間前に引っ越して来た日には、この五匹の半分の大きさにも満たない稚魚が二匹いました。水草に紛れて運ばれてきたものです。次の日、目を凝らして一生懸命探すと、なんとか一匹だけ確認できました。しかし、その次の日からは見つけることが出来なくなりました。あまりにも小さすぎて独り立ちには、早すぎたようです。

人間も同じで、どの時期に独り立ちをさせるのかは大きな問題だと思います。昔は、家計のために早くから仕事に就かざるをえない環境があり、大半が中学卒業とともに独り立ちを迎えた時期もありました。その後、少し豊かになり、高校卒業を機に独り立ちをするように…。

そうですねえ、私は、やはり大学に進学するしないにしても高校卒業で親元から旅立つのが一番だと思います。子供は中学から準備期間が始まるとお考えください。

心配なのは親のほうです。少子化が進み、子が少ない分、親子の親密度は増しています。ベタベタの親子関係でなくてもちゃんと子離れを迎えられるよう、親にこそ準備期間が必要なのです。

高校への入学を機に、「この三年を自分の下で暮す最後の期間」と捉え、イベントや行事に参加したり、一緒の旅行を計画されてはいかがでしょうか。そうしてこの三年の猶予の中でじっくりと覚悟をお決めください。

くれぐれも申し上げますが、決して早すぎることはありません。いまの世間の風潮は、若者に甘すぎるのです。この結果、モラトリアム人間を育て、ニートを増やし続けています。

これからますます厳しい社会が続くからこそ、猶予期間なく、いち早く独り立ちすべきなのです。
お子様のためなのです。決して早すぎることはありません。

皆さん、「気仙沼市立階上(はしかみ)中学校卒業式のK君の答辞」を読まれましたか?
決して早くないことをご理解いただけると思います。以下に全文を書きます。

今日は、未曾有の大震災の傷も癒えないさなか、
私たちのために卒業式を挙行していただき、ありがとうございます。

ちょうど十日前の三月十二日、春を思わせる暖かな日でした。
私たちはそのキラキラ光る日差しの中を、希望に胸を膨らませ
通いなれたこの学舎を、五十七名揃って巣立つはずでした。

前日の十一日、一足早く渡された思い出の詰まったアルバムを開き、
十数時間後の卒業式に思い出をはせた友もいたことでしょう。

「東日本大震災」と名付けられる天変地異が起こるとも知らずに…。

階上(はしかみ)中学といえば「防災教育」といわれ、
内外から高く評価され、十分な訓練もしていた私たちでした。

しかし、自然の猛威の前には人間の力はあまりにも無力で、
私たちから大切な物を容赦なく奪っていきました。

天が与えた試練というには、むご過ぎるものでした。
辛くて悔しくてたまりません。

時計の針は十四時四十六分を指したままです。
でも時は確実に流れています。

生かされた者として顔を上げ、常に思いやりの心を持ち、
強く正しくたくましく生きて行かなければなりません。
命の重さを知るには、大き過ぎる代償でした。

しかし、苦境にあっても、「天を恨まず」
運命に耐え助け合って生きていくことが、
これからの私たちの使命です。

私たちは今、それぞれの新しい人生の一歩を踏み出します。
どこにいても何をしていようとも、
この地で仲間と共有した時を忘れず、宝物として生きていきます。

後輩の皆さん、
階上(はしかみ)中学校で過ごす「あたりまえ」に思える日々や友達が
いかに貴重なものかを考え、いとおしんで過ごしてください。

先生方、
親身のご指導ありがとうございました。
先生方がいかに私たちを思って下さっていたか、
今になって良く分かります。

地域の皆さん、
これまで様々なご支援をいただきありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

お父さん、お母さん、家族の皆さん、
これから私たちが歩んでいく姿を見守っていてください。
必ず、良き社会人になります。

私は、この階上中学校の生徒でいられたことを誇りに思います。
最後に、本当に本当にありがとうございました。

平成二十三年 三月二十二日
第六十四回卒業生代表 


彼は、県選抜にも選ばれたラガーマンでもあります。
また、プログラマーを目指し「一関工業高等専門学校」へ進学しました。
これを読むと、親の援助などいらないことがよく分かります。

誰ですかぁ!家の子はこんなにしっかりしていないなんて思っていらっしゃるのは!
だからこそ、一刻も早い「独り立ち」が必要なんですよ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
テストは続く…
2011-10-16-Sun  CATEGORY: 未分類
先週と今週は、中間テスト対策で塾を開けています。今日、中3生は、五ツ木テスト、中間テスト対策、英検と重なり、とってもハードなスケジュールです。

英検は、中3生は希望者だけですが、五ツ木テストは、このテストが担う意味をちゃんと伝えて、7月、9、10、11月と4回受験するように勧めています。

そこで、今日は、全員が受験しましたと書きたいのですが、「中間テストの前日なので、テスト勉強に専念したい」と申し出てきた1人の塾生だけ受験しませんでした。

早くからこのテストのことを話し、最近も「これからはテストが続くが、これは毎年のことで、君たちだけでなく、すべての中3生が乗り越えてきたことだ」とも話をしました。その上での、申し出にガッカリしてしまいました。

中間テストの前日であることは、他の生徒も同じですし、数ヶ月前から分かっていたことです。準備さえ怠らなかったらいいのです。五ツ木テストの申込は9月の末でした。その時点で、今日の午前中の僅か3時間ばかりをとられるこのテストを受験できないというのは、本当に情けなく思います。

いや、それ以上にしっかり話をして、理解してもらえていると思っていただけに、伝わっていなかったことがショックでした。

愚痴ってすみません!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2011/10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。