塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
揺れる大阪府公立高校入試!②
2012-03-30-Fri  CATEGORY: 未分類
大阪府教委:府立高入試前倒し 来年から1週間程度(毎日新聞3月29日)

大阪府教委は28日、教育委員会議を開き、府立高校の入試日程を来年から前・後期ともに現行より1週間程度繰り上げることを決めた。 来春入試は前期が2月20日(今春は2月23日)、後期は3月11日(同3月16日)に実施される。また募集定員も、現在後期のみで実施している普通科などの試験を一部前期でも実施し、前期の比率を高める。

大阪府内では府立学校の定員割れが深刻化しているが、府教委は府の私立高校授業料無償化に加え、私立の入試が例年2月10日で府立よりも早く実施されるため「進路を早く決めたい受験生の心理が働き、府立から私立に流れた」と分析し試験日程の前倒しを検討していた。有識者などからは「公私で同一日程にすべきだ」などの意見もあったが、府教委は「公私で日程の繰り上げ競争が起こりうる」などとして、1週間程度前倒しすることとした。一方、募集定員の比率は現在、前期が3割、後期が7割程度だが、前期を最大で5割近くまで引き上げることも決めた。


記事を読むと、公立の身勝手な考えが分かります。私立の入試が先だからという理由だけで、生徒は私立高校に流れているのでしょうか?答えはNO!です。公立に魅力がないだけなんだと思っています。

にもかかわらず、同一日程にするなんて…。本当にやってみてほしいです。定員割れする公立高校が続出することでしょう!さらに、入試日程の繰り上げ競争が起こりうるだなんて…。喧嘩をふっかけておいて、双方のけが人の数を心配しているようで情けない限りです。

これくらいの入試日程の前倒しはすぐにできると誰もが思っていました。入試から一週間後の合格発表、これが遅すぎるからです。私立中入試では入試の夜に合格発表をする学校があります。2千人近く受験する私立高校でも合格発表は入試の2日後です。何で受験生が400人にも満たない公立高校が一週間もかかるのでしょうか?これを三日後にやれば、前期と後期の間は簡単に縮めることが出来るのです。

また、来春の前期入試の合格発表は一日早くなり、入試の6日後になります。(後期は例年通り7日後)入試科目が3科目になるからという理由なのでしょうが、事務処理を迅速化する気が全くないことが分かり、ガッカリしました。

どんなに立派な制度に変えても、それを使う人や組織が変わらなければ、また次の問題が必ず出てきます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
揺れる大阪府公立高校入試!
2012-03-30-Fri  CATEGORY: 未分類
公立高入試、前倒し 25年度から1週間程度 大阪 (産経新聞3月29日)

府教委は28日、平成25年度公立高校入試の概要を発表した。前・後期とも日程を1週間程度早め、私立高校授業料の無償化が拡充された影響で低迷する公立高校人気の回復をはかる。

日程の前倒しは高校や保護者から要望が根強かった。公立高校の定員割れが相次いでいることを受け、学校側から「合格を早く決めたい受験生が、試験日の早い私立高校に流れている」と指摘があるほか、保護者からも中学の卒業式後に後期入試が行われる現行日程に「落ち着いた気持ちで卒業式に臨ませたい」という要望が上がっていた。

25年度入試は前期が2月20日(合格発表2月26日)、後期が3月11日(同3月18日)となり、24年度より前期は5日、後期は1週間前倒しされる。

また「選抜方式が複雑」という保護者の声に応え、試験科目の見直しも実施。学科によって科目数や内容にばらつきがあった前期は国語、数学、英語 の3教科に統一し、全学科で面接や小論文などを導入する。

後期のみで行われていた全日制普通科も募集人員80人を上限に前期でも実施するほか、後期の「クリエイティブスクール」にあった面接は廃止。これにより、後期は5教科の筆記試験のみに統一される。


予想的中!と喜びたいところですが、早急すぎる改革に不安が隠せません。

入試日程の前倒しはヨシとしても、普通科の受験機会の複数化は、再来年からの学区全廃に合わせて実施されるものと考えていました。塾としてはその対策を早急に考えていかなければなりません。

前期入試を3科目受験に統一することで、普通科単位制や総合学科も来年から3科目入試に変わることになります。また、前期で2クラス分を限度に実施される普通科の入試も3科目入試です!

各学科で異なる複雑な選抜方式をもっと分かりやすく、直前に受験校を変えても対応しやすいものに変えるべきだと訴えてきましたが、この決定はどうなのでしょうか?

来春は、2月9日の私立高校入試を5科で受験し、20日の公立前期入試を3科で、そして3月11日の公立後期入試を5科で受験することになります。

まず考えられるのは、私立の3科目入試校の増加です。現在、一部に3科目の高校がありますが、大半の私立高校は5科目です。公立前期に向け、3科目に絞って追い込みをかける受験生が増えるほど、私立の5科目入試は負担になってきます。

私立中学入試では、この10年、4科目入試から3科目入試に変更する中学が急増してきました。これは、受験生の入試対策の負担を減らすことと、3科目でも4科目でも受験できる事で、受験者数を増やすことが目的です。この結果、4科目で受験した生徒は、3科目でも換算してもらえ、高いほうで合否判定を受けれる中学が多くあります。

私立高校では、今回のこの決定を受け、来年度入試を3科目でも受験できるようにする私立高校が出てくるかもしれません。併願受験で私立を押さえる生徒の中には、前期入試の公立高校を目標とする生徒が多くいます。この生徒にとっては、私立の3科目入試は、とてもありがたいことです。私立高校の中に、3科目受験が可能な高校があれば、それに飛びつく生徒も出てくると思うのです。

さらに不安なのは、公立高校の半分が3科目で受験できるようになれば、5科目入試の公立後期を受験する生徒がさらに減るかもしれません。「安・近・単」と言われるように、受験科目の少ない楽な入試に流れる風潮は昔からあります。入試が目前に迫るほどに、受験科目が少ない学校に変えたいと思うのが受験生の正直な気持ちです。3科目に絞りこむほどに5科目の公立後期をうとましく思う受験生が増えるように思います。

また、理科や社会が苦手な生徒が増加する中、3科目受験がこれに拍車をかけることになるかもしれません。国公立大学を目指し、5科型で受験勉強をしていた卒塾生が、やむなく3科型の私立大学に通うことになりました。卒塾生は、その難関大学で友人の学力を知り、愕然としたというのです。国公立くずれで入学した学生と私立専願で入学した学生に大きな学力差があるというのです。大学でこんな状況ですから、せめて高校受験は5科目にして、きちんとした基礎学力を蓄えてほしいと思います。

これでは、大阪の子供たちの学力を高めるどころか、ますます、学力低下を進めることになるのかもしれません。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
文理学科合格者数!
2012-03-10-Sat  CATEGORY: 未分類
そうそう忘れていました。

今年の文理学科の合格者数は、大きく明暗が分かれたようです。
北野高校の合格者数は、MとR塾で合わせて153名!なんと合格者の95.6%を占めています。

残りの7名が、他の大手塾、中小、個人塾???ちょっと少なすぎるように思うのは私だけでしょうか!

他の塾は、ダンマリを決め込んでいて、よほど昨年実績より落ち込んだのか、公表を控えているものと思われます。

なまじっか文理学科模試とか文理学科クラス、ゼミを表に出したがゆえに、引っ込みがつかない結果になっています。

受験生を煽りすぎたしっぺ返しが来たのかもしれません。数字を公表した2塾にもそのうち必ず、こんなときが来ることでしょう。

平家物語の冒頭を思い出しつつ、私も初心に戻り、気を引き締めなければと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント7
大阪府公立高校後期入試!
2012-03-10-Sat  CATEGORY: 未分類
志願者数の最終人数を確認しました。予測どおり、高倍率の上位校に対し、低倍率の下位校がハッキリと数字に表れました。

倍率の高かった10校には、進学指導特色校(トップ10)が9校(天王寺を除く)名を連ねました。この10校の五ツ木テストの目標偏差値の平均はss65.2!まさしく上位校に人気が集まったことが分かります。

これに対し、定員割れになった全日制普通科の高校は14校。このうち13校はニ年連続の定員割れ、さらにこの中に三年連続の学校が2校あります。

二年連続定員割れした学校のうち11校は、昨年から1クラス定員を減らしての募集だったのですが、それでも満たせなかったことになります。14校の五ツ木テストの目標偏差値の平均は、ss36.6!あまりにも明快すぎる結果に、驚いてしまいました。

3、4学区の定員割れ校は、大阪市内から離れた南部に集中しています。何年か後には、このように他府県に隣接した高校が姿を消し、その地域の生徒は大阪市内に向かう方向でしか通学できなくなるのかもしれません。しかし、これは地方では当たり前のことです。大阪は今まで地元の高校に恵まれ過ぎていたのだと思います。

進学指導特色校の人気が目立ちますが、私は少し不安を感じています。学区全廃が決まった今、これからは文理学科を置く意味がなくなり、逆にその存在が邪魔になるからです。

一年を経過した今、文理学科内の学力差は広がり、各校はその対応に頭を痛めています。授業レベルを普通科と同じにすれば、折角入ってきた上位層を伸ばせません。高度な授業を続けると、中位から下位の生徒が落ちこぼれてしまいます。

私立のようにコース間の入れ替えができない公立では、初めから分かっていたことですし、文理学科をいきなり押し付けられても、現場では戸惑うことばかりなのだと思います。

文理学科だけの募集にしようとする動きもあるようです。私は、賛成です。再来年の学区全廃を機に、文理学科だけにするのか、文理学科をなくすのか、決断すべきだと思います。

現状では、進学を目的として文理学科に進みたいのなら別ですが、クラブや高校生活を十分満喫したいのなら普通科をお勧めします。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2012/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。