塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
揺れる大阪府公立高校入試!④
2012-04-08-Sun  CATEGORY: 未分類
またまた、コメントをいただいている件についての述べます。

これから詳細が決まる点も多々ありますが、来年の入試について一番よく理解できるのが、
「平成25年度大阪府公立高等学校入学者選抜における選抜制度の改善方針及び主な日程について」
http://www.pref.osaka.jp/kyoikusomu/meeting/h2403.html

これは大阪府教育委員会の3月委員会会議の資料です。(泉塾連K先生から教えていただきました)ご覧いただければ25年度入試の変更点が、理由も含めてご理解いただけると思います。

1 前期・後期選抜の再編
①学校選択の機会の公平性を改善
・前期・後期制は維持した上で、受検者が前期ですべての昼間の高校の中から志願先を選べる制度とする。
・後期だけで選抜を実施している昼間の高校について、募集人員の一部を前期に分割する。
・前期比率の抑制という観点から、1校あたりの分割募集数は2学級(80名)までとする。
②わかりやすい制度
・前期においては、「3教科型の学力検査」に合わせて、受検者の能力・適性や意欲を見極める手段として「特色ある選抜方法」を実施する。
・後期においては、昼間の高校は「5教科型の学力検査」を実施する。
2 選抜日程の繰り上げ
・受検者サイドの強い希望に応え、中学校の卒業式よりも早く後期の学力検査が終えられるよう、選抜日程を繰り上げる。


これにより、今年、併設学科を持たない昼間の後期入試を行なった高校はすべて、来年は、前期でも80名を限度とした「国・数・英3科目+実技・面接・小論文等」の入試を行ないます。普通科も前期は3科目です。

質問にあった普通科総合選択制の学校もこれに含まれますので、来年は2クラス分を前期で募集することになります。また、これに該当しないのは、文理学科や国際教養科を併設する普通科の学校です。ここは今までも学科は違いますが、学校として考えれば前期・後期の募集をしてきましたので、除かれることになります。

これで「受検者が前期ですべての昼間の高校の中から志願先を選べる制度」が達成できたということなのでしょう。

面白いと思ったのは、最後まで資料を読むと、保護者からの意見が尊重されたかのようにとれます。どんな制度改革においても反対意見は出るのでしょうが、ドンと構えられないのが、今の現状なのでしょうね。皆さんは、どう思われますか?
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
揺れる大阪府公立高校入試!③
2012-04-04-Wed  CATEGORY: 未分類
記事に対してコメントをいただいていますが、春期講習会中で返事が遅くなりました。どうかお許しください。

①普通科の前期入試80名は、学区の縛りを受けるのでしょうか?

前期になるのですから、文理学科同様、学区の制限を受けないのではないかとのご心配だと思います。勘ぐれば、再来年からの学区全廃に向け、どれくらいの生徒が学区をまたいで受験するのかを知ることができます。当然、人気校に集まるでしょうから、中心部や交通の便の良い高校に集中することが予想されます。

あるところに確かめました。もうしばらくすると詳しい発表があるようですが、現時点では、今まで同様、普通科は前期になっても学区内の高校を受けることになるようです。再来年からは制度が改正されるわけですから、今年はこのままで、入試日程だけを変えることになりそうです。

②公立の合格発表までの期間は妥当だ。公立高校に迅速を求めすぎてはいけない。公立には細かいミスも許されないので、機械に頼りすぎることもなく、複数の目で正確な判断が必要。さらに、事前相談や確約もなく、当日の実力と、内申という持ち点の合計だけで不合格者を出さなければならないので、時間がかかって当然。

そうですね。ミスはあってはなりませんが、この時代に時間をかけすぎなのは間違いありません。しかも、今年の後期入試の場合、願書提出〆切が9日で16日の入試まで間が空くわけですから、この間に出来る作業はあると思うのです。

私が怒ったのは、前期と後期の日程を安易に縮めたことなんです。今年は、2月23日に前期試験が行なわれ、発表は、3月1日午後2時。今年はうるう年ですから間が丸6日あいたことになります。これに対し後期の願書受付が3月の7、8、9日でした。不合格者は、2・3・4・5・6日で気持ちを切り換えて、後期受験校を決めたわけです。

前期入試が厳しく、不合格者が多いことは生徒も理解しています。しかし、本当に自分が不合格になるとは思っていません。初めての不合格に大きなショックを受けます。こちらは、励ましたり、なだめたりしかできませんが…。

来年の日程では、前期受験日が2月の20日で発表が26日です。後期が3月11日ですから、前期発表から入試までの期間が縮まったことになります。来年は、4、5日の願書提出になるらしいです。願書〆切から5日後の入試ですから、今年よりこの期間が2日縮まったことになります。

このように入試を早めたいのなら、事務処理日の短縮を考えるべきだと言いたかったのです。もっと短縮することは可能だと考えます。逆に、もう少し、生徒が気持ちを立て直す期間が欲しいくらいです。そうすれば、後期受験者が増えるかも知れません。

制度改革には、まず受験者ありきの姿勢が欲しいと思います。私立中学に京阪神統一入試が導入された理由は、早期に入試が行なわれていた他府県に受験生をとられるのを防ぐためです。この結果、受験生は連日の受験を余儀なくされ、さらには午後入試の出現で、小学6年生が一日に2回も入試を受ける事態になったのです。こんな大人の身勝手な制度改革は、もうやめて欲しいのです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2012/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。