塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
Y君の悲劇!
2012-06-23-Sat  CATEGORY: 未分類
先日、授業が終った後に、ひょこっと高校三年生のY君が現れました。

こんな遅い時間に何事かあったのかと出迎えると、ポツリポツリと話し始めました。
「先生、この夏の大会は試合に出れないねん。応援に来ても、出ないということを言うとかな思って…」

Y君は、野球部です。しかも部員130名以上もいる高校で、この春の大会、唯一公立高校でベスト4に残った強豪校です。

小柄な彼ですが、昨年二年の時にレギュラーを勝ち取り、夏の大会はフル出場しました。昨年は、そんな彼の勇士を見に何回か応援に行きました。

昨年秋、古傷の膝が悲鳴をあげ、再発したのだそうです。秋の大会は注射をうってなんとか出場したものの、動かしていては治るはずもなく、一進一退の日々。

春から負担の少ないファーストに替わって練習したようですが、気ばかりがあせり、打撃でも結果が残せなかったのだそうです。こんな状態で、ベンチ入りするのは申し訳ないと彼から監督に申し出たとのことでした。

先日メンバー発表があり、分かっていたものの現実に自分の名前が呼ばれなかったことで、その日は泣いたそうです。次の日は落ちついたようですが…。

そんな彼が一言、自分はこれで気持ちを切り換えて大学で野球を続ける決心をしたが、この夏を楽しみにしてきた「両親に本当に申し訳ない」と言いました。

彼自身が、一番無念でしょうし、この半年悩み、苦しみ抜いたことでしょう。そんな彼から、ご両親にすまないという言葉が出てきたことがうれしかったです。

思い出しました。私の長男も高三の秋、ラグビーの全国大会予選の一試合目で鎖骨を骨折し出場できなくなりました。チームは勝ち続け、迎えた準決勝、彼は、大きな「水」文字を背につけた青いビブスでベンチ入りしたのでした。

このくやしさを胸に、きっと成長してくれると思います。いやもう成長しています。

夏の試合観戦に備え、帽子を購入しましたが…。いえいえ、M高校でキャッチャーで4番のH君、I高校でピッチャーで4番のM君がいます。出れなくなった彼の思いも含めて、燃え尽きてくれることでしょう。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2012/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。