塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府立高入試ミス!
2013-06-23-Sun  CATEGORY: 未分類
6月21日読売新聞夕刊
大阪府立高入試ミス新たに20人…4人不合格に 
 今春の大阪府立高校入試で大量の採点ミスが発覚した問題で、府教委は21日、3校で新たに20人分のミスが判明、うち美原高(堺市美原区)で受験生4人が誤って不合格になっていたと発表した。これまでの判明分と合わせると、ミスは57校延べ131人分に上り、このうち合否に影響したのは 大手前高(大阪市中央区)2人、成城高(同市城東区)2人、美原高4人の計8人となる。陰山英男・府教育委員長は「入試の信頼を揺るがす大変なミス。全受験生と保護者、府民の皆様におわび申し上げます」と陳謝した。

 府教委によると、ミスが判明したのは、美原高のほか、清水谷高校(大阪市天王寺区)と、とりかい高等支援学校(摂津市)。美原高では、2月の前期試験ボーダーラインにいた受験生17人の合否について、基準では学力と内申点をもとに判定すべきところ、誤って小論文の点数を足して判定していたという。このため順位が入れ替わり、合格すべきだった2人が不合格になっていた。この2人が3月の後期試験で同高に合格したため、合格枠から別の2人が押し出された。

 清水谷高では、府外からの受験生2人の内申点を、府内用に換算する計算式を取り違え、とりかい高等支援学校では、正解していた問題の点数を足し忘れる集計ミスが1人にあったが、いずれも合否に影響はなかった。今回のミスは美原高で来春の入試に向け、受験生の判定基準などを決める会議の場で、今春入試の採点方法の資料が出され、偶然、教員が気付いたという。府教委は、美原高で不合格とされていた4人を合格とし、必要があれば賠償に応じる方針。

大阪府教委、3度目謝罪「情けない」…入試ミス

 今春の大阪府立高校入試で3度、入試の根幹を揺るがす不手際が発覚した。美原高(堺市美原区)など3校で20人分の点数に影響し、うち4人は合格すべき試験で不合格となっていた。3週連続で謝罪会見に臨んだ大阪府教委の幹部たちは「絶句した」「本当に情けない」と平謝り。過去にもミスが あったのではとの疑念に、中原徹教育長は「可能性はある」と認めた。

 21日午前9時半から始まった記者会見では、中原教育長、陰山英男・府教育委員長ら幹部5人が一列に並び、深々と頭を下げた。中原教育長は「短期間で3回目のミス。本当にみっともない」と苦り切った表情で採点ミスの経緯の説明を始めた。

…省略…

 一連のミスは、大手前高の受験生からの情報開示請求を受け、答案の開示準備をしていた教職員が採点ミスに気づいたのが発端。府教委は、全府立高に採点や集計のミスを一斉点検させて14日に結果を公表したが、この際、各校に指示したのは答案のチェックのみで、選考方法の点検までは指示していなかったという。

 報道陣から「過去にもあったのでは」と追及された中原教育長は「去年、一昨年、10年、20年と(あったと)推測する余地はある」と話した。

 大阪府立高入試では2001年にも、入試を巡って大規模なミスが発覚。約50校200件で、採点を間違えたり、採点結果をパソコンに転記する際、誤った数値を入力したりしていた。

 これを受けて府教委はチェック体制を強化した採点マニュアルを作成、
〈1〉採点は3色のペンを使い分け、3回行う
〈2〉パソコンに数値を入力する際は、複数人でチェック
〈3〉内申書は原本で照合する――など、細かな手順を定めていた。それでもなお防げなかったミス。再発防止策について問われた陰山委員長は「具体的な原因を分析しないと、軽々にものはいえない。根は深い」と苦渋の表情を浮かべた。

…省略…


大阪府の入試問題は、配点が複雑で部分点もありひどく採点しにくいテストです。今年の前期入試国語の配点を1番から並べると、1点2点2点3点3点6点1点3点3点1点5点2点3点4点1点となります。

問題の難易度に対応する配点を考えた結果なのでしょうが、合計点を出すのは大変な作業です。

まさか手作業ではないでしょう。例えば正解している問題にチェックを入れると自動的に合計点が出てくる。これで各設問の正答率等も分かります。

今回の問題は、採点法ではなく、まったく別のところにあると考えています。

多くの他府県では、記号問題や選択問題が増えて採点が楽になっています。
採点者側「このくそ忙しい時期に時間をかけて採点をする余裕はない」
問題作成者側「それでは記号問題を増やして、採点を楽にしましょう」

大阪では、小論文や記述問題が多く、採点が複雑になっています。
問題作成者側「採点基準は一応出しますが、細かな採点は一任します」
採点者側「細かな内容まで口を挟まないのならやります」

うまく書けませんが、問題を作成する側と入試を行い採点する現場とがそれぞれ独立しているのです。現場は、問題作成に口を出さない。問題作成者は、各校の細かな採点に文句を言わない。

この結果、現場は入試問題には無頓着で内容の改善を要求しない。問題作成者は、点数調査はしても、甘い採点基準で加点された答案用紙に目を通すことはない。こんなことが長年続けられてきたのです。

あってはならないミスは、これまでの流れを知れば、起こるべくして起こったこと。そして、今までにもあったであろうと考えるのが自然です。

今年は前期受験者が増えたのが一因とみる新聞がありましたが、それは違います。昨年までは、各学科で入試科目数、配点がバラバラで今年よりも複雑だったのです。今年から前期は3科目に統一され、配点もほぼ同じです。

その上、今年から大阪の入試問題が変わったという人がいます。今までは高校に迎合することのない、独自の入試問題を守り続けてきた大阪が、形だけで中味がなくなった。歯ごたえがなくなったというのです。つまり、易しくなった分、採点は今までよりも楽になったはずなのです。

それがどれほどのものなのかは分かりませんが、少なくとも今年の入試制度の改善や入試問題が今回のミスを生んだとは考えにくいのです。

「マークシートにしちまえ」とか言う前に、教育委員会と高校との連携が必要で、早急にこの溝を埋めなければなりません。そして、互いに協力し、抑制しあうことで大阪の教育を変えて欲しいです!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
進路希望調査結果
2013-06-07-Fri  CATEGORY: 未分類
「進路希望調査」に対する疑問についてお話いたします。

希望調査が前期発表前に行われているにもかかわらず、後期受験者数が前期発表後の翌日に希望調査結果として発表できるのが不思議だという疑問です。

元中学校の校長先生、お二方にこの疑問をぶつけてみました。

・確かに「進路希望調査」は、前期入試前のものである。
・その時に後期受験校も調査している。
・前期発表後、後期希望者から合格者をひいて報告した数字である。

後期受験希望者数-後期を希望していた前期合格者数=後期受験者数

謎が解けた気がしています。
前期受験後、発表後、後期受験を断念する生徒、また、気持ちを変えて受験する生徒、受験校を変える生徒等、当然数字が変わるはずですが、相殺されてそれほど受験者数に大きく影響していないようです。おそらく来年もそれほどの違いは生じないものと思われます。

以前は、信頼度の薄い地域があり、校長会で足並みをそろえてしっかりした数字を掴むよう意思統一なされたそうです。また、以前は会議の場に数字を持ち寄って合計していたそうですが、今は入力するだけでよく、簡素化と迅速化がはかられています。それで、すぐに数字が発表できるみたいです。

しかし、深読みすれば、迷うほどの時間もなく、言われるがままに受験するしかなかったと言えるのかもしれません。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
物申す!②
2013-06-06-Thu  CATEGORY: 未分類
教育委員会の方にこのような機会を作っていただき、心から感謝しています。

他の皆様と御一緒に、約一時間意見交換いたしました。

内容については、一方的な書き込みになる可能性もありますので控えさせていただきます。

しかし、皆様に申し上げておかなければならないのは、今回の意見交換は、来年の入試についてではなく、その次への改善についてであったことです。

つまり、来年は今年同様の入試が実施されるということです。

今年の入試改善についての背景や理由についてお話いただきましたが、すでに公表されている内容に終始するもので、そのくり返しでした。

今年の入試結果についても、結果として受験者が増え、定員割れ校が減ったわけですから、急務の改善をお考えではありません。

なんとかこの不満の声を大きなものとして、早急な改善を急がせるような動きにつながればと思いますが、一個人塾では、いかんともしがたいものがあります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
物申す!
2013-06-05-Wed  CATEGORY: 未分類
大阪府教育委員会の方にお会いする機会を得ました。
今年の公立高校入試について、お話をさせていただきましたが、以下は私が文書としてお渡しした内容の抜粋です。

 平成11年からの10年間、公立高校の「再編整備計画」が進められ、学科の改編や新設、統廃合が進み姿を変えた高校は80校にも及びます。この結果、公立高校入試は休むことなく影響を受けてきました。受験生のニーズに合った高校作りを目指してのことですが、毎年、受験生を不安に陥れてきたことに相違有りません。さらに近年は、学区の改編、文理学科新設、今年の「入学者選抜制度の改善」と大胆な改革が続き、受験生に大きな不安と混乱を招いています。また、この背後に授業料無償化が影響し、私学をも視野に入れた高校選択が迷いを増幅させる結果にもなっています。

 特に今年の変更点は、受験生を苦しめました。普通科の前期参入は、受験機会を増やすという意味で期待を集めましたが、蓋を開ければ入試倍率が3倍どころか5倍を越える高校も出て、生徒に大きな畏怖を与える結果になったのです。また、選抜日程が繰り上げになったことも、中学の卒業式の前に入試を終らすという意味で受け入れられたかのように見えますが、入試日程が縮まったことでの問題が発生しました。まず、前期の願書提出が13、14日でしたが、私立高校の入試日が2月9日の土曜日に行われたため、中学がその合否を確認したのは祝日後の12日になりました。この次の日が願書提出日だったのです。例年、中学校では、私立の合格発表後に前期受験者と最終懇談を行なってきましたが、その期間を失う結果になりました。私立全入の時代ではありますが、希望コースから下位コースへの回し合格になった生徒等は、不安になり受験校に迷うものです。僅か3日の繰上げが、この重要な期間を奪うことになったのです。さらに、前期の合格発表が2月26日(火)、後期の出願が3月4日(月)から始まりました。見かけは5日間の猶予がありますが、現実は水曜日から金曜日の3日間になります。今年は、普通科前期の平均倍率が3.74倍を超えたことで、昨年までとは比べようもない多くの不合格者を生みました。この結果、後期受験校を3日間で決めなければならない受験生も急増したのです。不合格を突きつけられた多数の受験生が選択に苦しみました。入試日程の前倒しは、受験生にとって、涙が乾く間を与えないばかりか、冷静な判断をも阻害するものであったのです。
 
以下に、現状の問題点を箇条書きにまとめます。
・前期不合格者を減らす手立てを
(異常な倍率は、受験生に後期受験への意欲をなくさせるばかりでなく、冷静な判断を鈍らせるもの)
・普通科前期の合格者選抜にボーダーゾーンは不適当である。
(これほどの高倍率であれば選抜の特色を出す必要はない、選抜も難しい)
・前期入試を後期と同様に選抜するのなら、複線化の意味がない
(学力格差を生むだけ、特色入試で一握りの生徒を入学させるか、一本化すべき)
・入試問題は、学科に縛られずに選べる方式にできないか
(文理学科と堺市立サイエンスが同じ数学の問題で選抜しているのはおかしい。総合科学科にも無理を感じる。不合格者を含めた各校の平均点の調査を)
・現状の入試問題の選択を増やし、各校の受験層に合った問題で入試を実施すべき。
(下位校は甘目の採点基準で点数を上げているのが現状)
・私立入試5科、前期3科、後期5科では、受験生の負担減にはならない。
・入試日には問題はないが、それぞれの入試結果後の期間を広げられないか。
(入試から合格発表までの期間等、短縮できるものはないか)
・願書受付業務の迅速化、簡素化。
(前期受験者の増加で受付事務が追いつかず、願書提出後の帰りが6時を回る受験生が多数出た)
・普通科の専門コースを今後さらに広げて欲しい。             
(特色ある高校は、これから増える横並びの高校選択の指標になる)

 問題点を指摘することは簡単ですが、その改善には、様々な問題がからみいくつもの壁があることと思います。ですが、今一度地に足をつけた入試改革を計画的に進めて欲しいと思います。大阪の入試制度は、他府県に流されることなく独自路線を貫いてきました。推薦入試制度を導入しなかったことは、大いに評価できることです。また、採点の簡素化のため選択問題を多用する他府県の問題に対し、記述問題を大切にしてきた大阪の入試問題は優れたものだと思います。ぜひ、この特色を柱に、新しい文科省の方針を受けた入試制度、入試問題を模索し他府県に示すことが出来ればと考えます。
 本当に僭越ではございますが、生徒に希望を与え、生徒の学習意欲をかき立てる高校入試の実現を熱望します。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
今年の公立高校入試!
2013-06-03-Mon  CATEGORY: 未分類
趣味の話ばかりでは、失礼だと思い今年度公立入試についてお話いたします。

まず、普通科前期入試ですが、80名の選抜にどの高校もかなり苦慮なさったようです。90%つまり72人までは、決められた入試科目の合計と内申点を合計して一律に選抜しますが、そのあとのボーダーゾーン(その下の20%、16名)からの選抜基準は各高校に任されています。

この基準により、16名が入れ替わり、上位8名が選ばれるわけです。ある高校では、第一基準で絞りきれず第二基準に、それでも決まらず、結局第三基準を特別に設けて選抜したとのことです。

受験した上位の3~5分の1がボーダーゾーン内に残るわけです。その線引きすら難しい上に、ほとんど差のないボーダーゾーン内の生徒の選別は、熾烈であったことが伺われます。

来年も今年と同じ入試を繰り返すのなら、前期入試のボーダーゾーンは撤廃するべきだと思います。各校独自の基準を設け、その高校が求める生徒を合格させるためのものですが、これだけ上位の点を取った生徒にはその資格が十分すぎるほどあると思うのです。

また、前期、後期の学力差は大きかったようですが、私が訪問した中堅校では、前期合格者の内申と後期合格者の内申を平均すると、ほぼ昨年と変わらなかったとのことです。

具体的な格差は、今後のテスト結果を分析しないと分からないとのことですが、それなら何も前期でこれほどの生徒を泣かす必要はどこにもありません。

また、ここに問題を感じます。どれほどの難関を突破したにせよ、高校での学習次第で大きくその順位は入れ替わります。文理学科に合格しても中位から下位の生徒は、普通科の上位者に負けてしまうのです。それであれば学科の垣根など設けず選抜するほうが得策だと思います。

来年は、学区全廃によりさらに上位の文理学科に生徒が集まるものと思われます。その意図は達成できても、その底辺に沈む生徒のことを考えねばなりません。今一度、前期の文理学科、普通科入試はその存在そのものを見直すべきだと思っています。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
博士の愛した数式
2013-06-03-Mon  CATEGORY: 未分類
学校訪問、教材会社のセミナー等忙しくしております。

標題の本は、ご存知の通り映画化され、さらに有名になった作品です。
映画で気になっていたことがあって、それを確認したくて手に取りました。

様々な本が映画化される中、その優劣が問われるものですが、目的が違ってたがゆえに素直に読むことが出来ました。原作も素晴らしいですよ!映画の出演者に重ね合わせて読んだ部分もあるからでしょうが、最後まで飽きることなくその世界にはまってしまいました。

先日テレビで、65歳以上の15パーセントが認知症であるといっていました。これから急激に進む高齢化社会。いずれ私もその中に身を置く事になります。老後の幸せとはどんなものなのか?そんなことを考えさせてくれる作品でもありました。

どうか一読あれ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/06 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。