塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
入試本番!
2014-01-19-Sun  CATEGORY: 未分類
いよいよ本格的な入試が始まりました。

大学センター試験日と関西の中学入試解禁日が重なり、多くの受験生が難問に挑んだことと思います。塾生は、ちょっと特殊な学校を目指して本日受験してきました。

次男もセンター試験を受験しています。試験会場の大学まで送っていくと、門前に長男の高校の先生が立っていらっしゃいました。保護者同様、先生方も心労が溜まる時期です。

高校入試は来月からですが、大阪では今年から公立高校の学区制が撤廃されます。これにより公立高校は私立同様に府下全域から募集ができることになります。しかし、今まで学区に守られて生徒を確保してきた一部の公立高校にとっては、厳しい入試になることでしょう。

学区制の廃止に反対し続けていた大阪府教育委員会が、時代の流れではありますが撤廃に踏み切りました。その理由とその真意が伝わってこないことが気になっています。

楽な入試を求めているわけではありません。子供達が前向きに努力を重ね、その結果が十分反映されるものであって欲しいと思います。そのためには、公正さはもちろんですが、受験生側に立った入試制度の改革が必要です。

最近の大阪の高校入試改革は、降って湧いたようなものが多く、その内容に驚かされます。大胆な入試改革がその真意が伝わらないまま実施されているのです。教育委員会の方さえも理解できていないのかも知れません。

反対意見に耳を傾けてばかりでは世の中を動かすことはできませんが、教育改革を急いではいけません。急げば急ぐほど偏って、いびつなものになります。今後の方針や施策が花火のように打ち上げられていますが、どうか十分な議論を通して吟味を重ねていただき、花開くことを心から願っています。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2014/01 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。