塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
公立高校の倍率が偏った理由…
2009-03-21-Sat  CATEGORY: 未分類
下位の公立高校に受験生が集中し、今までにない高倍率になりました。この理由をいくつか挙げましたが、どれが一番大きく影響したのかが分かりません。そこで、先日、泉州私塾連合会の例会の場で、他の塾の先生に尋ねてみました。

やはり、一番大きな理由に挙げられる方が多かったのは、この不景気です。絶対に公立に行きたい。行かないと困る!こんな思いが、より安全な下位校に集まったのではないかということでした。

また、下のような意見が出ました。やはり、私と同じお考えのようで、安心しました。
・中学校が「岬高校」を勧めた。
・下の高校を受験するよう指導した。
・前期入試への偏りが、後期の選択を狭めた。
・受け皿が減った。
・あわよくば受験が減った。

やはり、最大原因は、経済的な理由のようです。私学への助成金が減り、10万以上も学費を上げた私立高校がいくつもあります。ますます広がる公立と私立の学費の差。その一方では、まったく先行きの見えないこの日本経済…。厳しいのは、塾も同じで、問い合わせのお電話で、授業料を聞かれることが多くなりました。

こういった中、生徒募集の活性化のために、共学に踏み切る二つの高校があります。
もう、発表しても良いとは思いますが、一応、名前は出さずにおきます。

一校は、堺にあるカトリック系の女子高が、来年から共学になります。いままでも小学校は男女共学だったのですが、中学からは女子だけでした。また、このブログでもご紹介した、大阪南部の男子校が、再来年から共学になります。この男子校のこの2、3年のキャッチコピーが「カッコいい男になる」だったのは、なんとも皮肉なことです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。