塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
モラルの低下…!①
2009-04-23-Thu  CATEGORY: 未分類
ダブルクリック! いきすぎな立て看板
お恥ずかしい話なのですが、私の住んでいるマンションの入り口に、このような立て看板があります。

この看板を見るたびに私は悲しくなります。どうしてペット飼育禁止なのでしょうか?スーパー等のペット関連の売り場は、広くなる一方で、ペットの数は増加し続けています。この理由は、単なるブームでは終らない、進行する核家族化や老人世帯の増加が抱える問題が影響しているように思います。癒しを求める人の増加そのものがペットの増加を促しているように思うのです。つまり、これから、家庭の中でのペットの役割はさらに重要になり、需要はますます増えることになります。

ところが現状、ペット飼育禁止のマンションがほとんどです。マンションが建設され始めたころには、ペット飼育禁止などという規則はなかったと思われます。室内で飼える小型犬が増加し、マンションでの飼育を容易にした。その結果、身勝手な飼い主によるトラブルが急増した。悪臭や糞尿被害、騒音、動物アレルギー…。飼い主のモラルの低下が、ペット飼育禁止マンションの発端を作ったのだと簡単に推理できます。
ここまでは許容範囲?
モラルの低下は、現代が抱える様々な社会問題の元凶になっています。飼い主は、もっと自覚を持たなければいけないのです。自分の家から一歩外へ出たら、そこはペットを受け入れてもらえない世界なのだということを…。そう考えれば、マンションの廊下や階段ではペットを抱く。また、マンションの敷地外でも同じことです。道路でのオシッコもダメなのです。オシッコは、自宅で済ませてから散歩につれて行く飼い主が増えているそうです。また、よく、公園でペットを放している人がいますが、これもペット嫌いの人から考えればとんでもないことですし、ペットのフンを拾ったものを公園のゴミ箱に入れるのもダメです。これくらいはいいんじゃないかなどと、いい加減にしてしまった結果が、このペット飼育禁止マンションを作り出してしまったのです。徹底した管理ができないなら飼わない、飼えないキマリが必要なようです。
ちょっと異常な公園
私がさらに悲しいのは、この看板を堂々とマンションの入り口に貼り出していることです。「私たちは、ペットとうまく共存できない、モラルのない、アホな住人の集まりです。みなさん、笑ってください!」そういっているようで悲しくなります。

全面禁止をアホな住民(私を含めた)が決めたのならそれは仕方ないとして、通りすがりの人に自分らの権利だけを主張するのはいかがなものかと思うのです。危険物の持ち込み禁止ならわかりますが、ここまでやってしまう横暴さには、憤りを感じてしまいます。私が、ペット飼育に賛成してきたから、こう思うのかもしれません。しかし、ここまで書かなければならない現状を憂えるのです。このままでは、次の世代は、どんな立て看板を用意するのか怖くなるのです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。