塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
所得と学力…
2009-08-26-Wed  CATEGORY: 未分類
少し前の新聞に、全国学力テストの結果をもとに、所得格差と学力格差の相関関係を示したデータが開示されていた。所得が低い地域の学校の生徒は、学力が低い傾向にあるのだという。

本当にそうなのか?と思う。

子ども自身に、違いはないが、その子が置かれている環境には格差があると思う。

実際、学校を眺めてみても、私立と公立の学校設備には大きな違いがあるし、教員の数や質にも格差を感じる。

同じ公立であっても、各地域の特性で気風、校風も違っている。

確かに、その要因の一つになっているのは、親の所得であり、教育にかけることのできるお金の差なのかも知れない。

中学入試に向かわせるには、まず経済的な余裕がなければ、塾通いばかりかその後の学費は払えない。6年間の授業料の合計は、なんと450万にもなるそうだ。

こうなってくると、公立のレベルアップを望む声が、当然上がってくる。まず、学習環境の整備、教員の質の向上、学習内容の抜本的な見直し…。何もしてこなかったこの40年のツケは大きい。

子どもの授業料を無料にすることだけを大きく掲げる政治家が気になる。票を稼ぐにはそれが一番なのだろう…

もっともっと、教育にはお金を使うべきところがたくさんあることに気づいて欲しい。

そして、それを積極的に進めていかないと、学力低下は終らないことを知って欲しい。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。