塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
最近の出来事①
2009-09-20-Sun  CATEGORY: 未分類
保護者の方とのお話は、楽しくもあり、恐くもあり、ちょっと複雑であります。

先日懇談した中一男子のお母様は、わが子が信じられないご様子で、塾での話はもちろん、塾からの連絡等、一切話してくれないそうで、お子様に、不信感をつのらせていらっしゃいました。

中学生の男子で、ぺらぺらとその日の出来事や、学校でのことを話してくれるほうが、メズラシイと思います。だんだん、お母さんの存在が「うっとおしい」と感じるのが自然で、逆に従順なら心配するべきです。

お子様が学校や塾でのことを話さなくなったのは、成長した証だけでなく、お母様自身に原因が、ある場合もあります。いちいち、しつこく聞く!すぐに他の人(友達のお母さん、先生等)に聞いたことを話す!必ず、結論を出して、言い負かしてしまう!自分の中学時代の話を持ち出す!ねちこく、責める!思い当たることはありませんか?

うっとおしく感じさせているから、話さないのかもしれません。自分のお子様を信じてあげてください。少々、羽目をはずしても、いいじゃないですか。性根が腐ってしまわない限り、失敗を糧に次のステップを目指しているのだと考えてください。

お母様からの不審感を、お子様自身がキャッチしだすとこの負の連鎖が大きくなり、逆に取り返しのつかないことにも発展します。口ではお母様にはかないません。ですから、お子様の立つ瀬を10%ほど残しておいてあげてください。その10%でお子様は救われるのです。

たかが、週二回、お子様と顔を会わすだけの塾です。お母様の教育方針を変えて下さいなどど大層なことは申しません。ただ、お子様は、お母様の思い通りに動くロボットではないこと。そして、こちらが良しと思ってしたことに対しても、反発することを重々理解してください。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。