塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
情報交換セミナーⅡ
2009-09-30-Wed  CATEGORY: 未分類
本日も、情報交換セミナーに朝から眠たい目をこすりながら参加しました。

今日の参加校は、開智、浪速、大阪夕陽丘、近大泉州、明浄学院、桃山学院、帝塚山泉ヶ丘でした。

昨日も、一部の高校の話に出たのが、1.5次入試のことです。私立高校の募集が厳しい中、大阪府下90校中、50校以上の高校が、1.5次入試を実施しています。

1.5次入試とは、私立入試と公立前期入試の間に行なわれる入試で、私立不合格者と不本意なコースへの回された生徒の救済の目的で実施されています。

10年ほど前までは、専願生のみを募集し、実施する高校も10校あまりでしたが、最近は、半数以上の私立高校が実施しています。これが、一人でも生徒が欲しい私学の現状を表しています。

そんな中、上位生のみにターゲットを絞り、難関高校の不合格者を拾うために、敢えて実施している高校もあります。

今回は、そんな1.5次とは違います。新型インフルエンザの今後の感染拡大を警戒して、感染した受験生対策としての入試です。保健室受験ではなく、別の日に変更して受験させるためのものです。

当日受験の原則を曲げるのは、勇気の要ることですが、感染拡大を阻止するには、効果的であると思います。これ以上、広がらないことを祈るのみです。

現状では、受験生へのワクチン接種が、後回しにされそうなので心配しています。

それより、公立高校は、どんな措置をとるのでしょうか?
別の入試問題の作成にとりかかっているのでしょうか?
なんだか、不安になってきました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。