塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校募集3440人増!③
2009-11-25-Wed  CATEGORY: 未分類
さて、来年の大阪府公立高校の入試はどうなるのでしょう。いくつか現時点で私が考えたことをお話します。

大阪府教育委員会は、その年の中学3年生の人数をもとに募集人員を求める現在の方法は、各年度の生徒の増減が反映される、公平な算出方法だと主張しています。

ところが、以前から指摘されてきたことですが、この方法には大きな欠点があるのです。なぜなら、、普通科全体の倍率が、年々高くなっていることが物語っています。RITZのある4学区普通科の平均倍率は、平成18年度1.16倍、19年度1.18倍、20年度1.22倍、21年度1.24倍と年々高くなっているのです。

倍率が一定に保たれてこそ、公平な募集だと思うのですが、逆に公立高校の門が狭まっているとしかいえない状況なのです。

この原因は、受験者のニーズが募集人員に反映されていないからです。適切なたとえではありませんが、その年のトレンドを考えずに昨年と同じ割合で製品を作り出している工場はつぶれてしまいます。売れない商品の在庫が増え続けることになるからです。そのために各企業は、市場調査をはじめとした、さまざまな手法で、今後を予想し、これから作る製品の割合を決めています。

公立高校に行きたいと願う受験生が増加しています。なのに、同じ割合で受け入れているために、公立高校からはあぶれ、私立高校には、あきが出ているのです。受験生のことを考えない、不公平な募集が続いているのです。

ちょっと考えれば分かりそうなことが、堂々と続けられている。これが「現在の日本の姿」なのかも知れません。行き場をなくす受験生が出て初めて、それでは増員しましょうでは、正直遅すぎます。

愚痴ってもしかたがありません。で、来年の入試はどうなるのか考えてみました。増員する3440人のうちの2480人は、従来の数式で出た増員です。今年より来年の受験生が、3557人多いために増えたものです。この数字は、今までもそうであったように、入試倍率を下げるものではありません。

そうなのです。別枠で増員された960名だけが倍率に影響するものと考えられます。4学区に振り割られた人数から試算してみました。公立希望者が今年と同じ割合で存在していると考えて、はじき出しました。出ました!1.2倍です。960人では、0・04倍しか倍率を下げることが出来ないようです。

あっ!忘れていました。公立高校の授業料無償化で、今年よりも公立に人気が集まった時のことは、もちろん考慮していません。当然、これ以上の数字に…。

どうゆう根拠で、この960名の増員になったのかは分かりませんが、どうやら、これでは、受験生に及ぼす影響は、僅かなものだといえそうです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント旧8学区の住人 | URL | 2009-11-26-Thu 21:24 [EDIT]
三国:定員増なし
泉陽:2クラス増

よくぞ、ご指摘下さいました。

敷地面積が最小の泉陽に80人も生徒を増やして、どうしますか?

北野、三国は増員なし。
大手前、天王寺は理数科を持っているから、”まあ少しくらい増やしたろか”

って、策略がミエミエですよね。

某知事も府教委も、ほんと闇を感じますね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。