塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
予想的中!!!
2010-01-06-Wed  CATEGORY: 未分類
明けましてオメデトウございます!
まだ、冬期講習会の真っ只中。塾のお正月は、入試が終わってからです。

今日の新聞の見出しに
私立専願率最低に 
大阪府公立校の無償化影響
とあります。

内容は、公立中学校長会が進路相談をもとにまとめた資料(12月16日現在)によると、府内の私立高専願率は13.34%(昨年13.94%)で過去最低を更新した。

一方、公立高志願率は、83.67%で昨年より0.28ポイント増加、公立高校の約3000人の入学定員増をふまえた全日制の競争率は、1,22倍(昨年1.25倍)に下がった。

大阪府では昨年11月、世帯年収350万円以下の私立高校生の授業料を実質無償化とする方針を打ち出したものの、今回の調査では、私立離れがいっそう進む結果になった。


私の予想通りの数字が出てきています。もちろん、この結果や今月に実施される志望校調査によりこれから受験生が動くことになりますが、今年の入試は波乱万丈なものになりそうです。

もう少し、早い時期に無償化が決まり、公立と私立の授業料が明確になっていれば違っていたのではないかと思います。この時期になっても、正式には何一つ決まっていない現状では、受験生や保護者が安全な受験に傾くのは、当然だと思います。

体調がすぐれず、大臣を辞めた方がいらっしゃいますが、何をおいても、最後まで責任を持っていただかないとそれに振り回される国民はたまったものではありません。この無償化もバラマキなら止めるべきですし、実施するのなら私立と公立に公平な助成金制度にしてほしいです。

また、この制度の実施には、なるべく生徒間の格差がないよう、全員無償化の方向で進めていただきたいと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。