塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
天晴れ!東福岡高校!
2010-01-10-Sun  CATEGORY: 未分類
冬期講習会も終わり、一息!録画していた高校ラグビーの決勝戦を見ました。

東福岡対桐蔭戦は31-5のスコアとは思えない、白熱した試合でした。点差を知っていたので、いつ桐蔭の張り詰めた糸が切れるのか、時間を追いながら見ましたが、最後までその闘志は変わりませんでした。

オールスター軍団の貫録勝ちといえばそれまでですが、作戦を変えていたらひょっとしたら接戦になっていたのかもしれません。不思議なもので、点差がそれぞれのチームの実力を表しているのではありません。相性や作戦、天候やけが人、それにゲームの流れをいかに掴むかで大きく点差は変わります。それだからこそ面白いのだと思います。

両チームの選手のつきささるタックルに、思わず「えずい!」と声を発してしまいました。

私がラグビーをはじめた理由は、大学入学時のクラスに、「腕立て伏せ」もまともにできないのに「合気道部」に入部した清楚な女の子に刺激を受けたからです。私も何か始めなきゃと思い、練習を見学に行きました。

初めての試合で、密集の下敷きになりながら、「えずい!」と思いました。見るのとやるのでは大違い。なんでこんなに痛くて、しんどいスポーツをはじめてしまったのかと後悔しました。

私の大好きなラグビーの先生は、東福岡の選手等を「体幹がしっかりしている」と表現されます。技術の前にしっかりとした体作り。ウェイトトレーニングをはじめとした基礎運動を通してバランスのとれた体を作る。これが出来上がると体幹ができるわけです。

スポーツも学習も同じだと思います。体幹を作る基礎トレーニングは、読み、書き、計算です。もっと昔に戻って、低学年から漢字や計算の練習を強化しないと、一番学力の伸びるはずの小学校高学年から中1で伸び悩んでしまっています。

こんな意味で、「ゆとり」はもう結構です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。