塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
キッザニア甲子園!
2010-02-13-Sat  CATEGORY: 未分類
先日、小6受験生たちを連れてキッザニア甲子園に行ってきました。

マスコミや人から話を聞いて、どんなところなのか興味を持ち、一度行ってみたいと思っていました。

事前に調べると様々な場内の情報が公開されています。なんだかディズニーランドやUSJのように要領よく回らないと、あっという間に6時間が過ぎそうです。そうなのです。キッザニアは入れ替え制で、一部が6時間、二部が5時間しか滞在することができないのです。

子供たちには、事前にパビリオンの情報を渡し、ネットで調べさせました。いくつか自分たちが回りたい所を絞り込めたみたいでした。一度行ったことがある子がいて、その子の話も参考にしていたと思います。準備はこうやって終わりました。

こんなふうに私自身も、とても楽しみにしていたのですが、実際は、少し期待はずれでした。子供たちは、それなりに楽しかったみたいです。子供たちが主役になって、いろんな仕事を経験できる。お金を払ったり、仕事をしてお金を稼ぐ。キッザニアの人は子供目線で、やさしく対応してくれたのですが…。

一つ目の問題点は、どれだけの子供たちが自分で決めて回っているのかということです。人気のパビリオンは、すぐに定員に達して、後から来た子供たちは、体験することはできません。親が、真っ先に予約に走らないと無理なのです。折角、子供たちが考えて動ける機会を与えられているのに、限られた予約数が台無しにしているのです。

二つ目の問題点は、小さな子供たちが多すぎる点です。これも親の存在が不可欠になってきます。3歳から15歳は、幅が広すぎます。3,4歳児にお金は使えませんし、中学生が喜ぶ内容でもありません。お分かりいただけると思いますが、3歳と15歳がパビリオンで同じ職場を体験している姿を想像してください。対象年齢は、5歳から12歳が適当だと思いました。わが子をトップモデルに、おすし屋さんに、消防士に…。小さな子供のその姿は愛くるしく、写真やビデオに残したいのはわかりますが、それなら衣装だけあればよいことになります。やはり、小さい子供たちの存在が、稼働率を下げているように感じました。

最後に、キャンセルが出来ないことです。詳しく申し上げると、いったん予約すると、一部のキャンセルはできないため、全員をキャンセルすることになります。キャンセル料が一人200円かかります。もう一度予約することになるのですが、初め予約していた日が満席なら、キャンセル後のその日の予約はできなくなります。つまり、希望の予約日がいっぱいの場合、キャンセルをすると全員がその日には入れなくなってしまうのです。これでは、キャンセルできないのと同じです。子供は風邪ひきやすく熱を出しやすいもので、それによるキャンセルが不便なのは、子供のための施設なのに、納得ができません。

これほどの、日本を代表する大企業が集まっているのに、営利目的みたいに感じるのが不思議です。次世代を担う子供を、しっかり育てたいのが目的なら、対象を絞り、もっと中身を充実して欲しいと思いました。小学校の遠足や社会見学で訪問できるのが理想です。

内容は面白く、もっともっと子供たちの夢を膨らますことができます。企業は、格好のコマーシャルになるのですから、お金は出してくれるはずです。現在のキッザニアが無理なのなら、どこかの自治体や団体に別のキッザニアを作ってもらいたいです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントりり | URL | 2010-02-13-Sat 20:19 [EDIT]
キッザニア、うちの子供も大好きです。

>親が、真っ先に予約に走らないと無理なのです
親が予約することは出来ないですよ。
子供が並んで待ちます。
人気のお仕事をするために朝早くから並ぶというのが現状です。
一番の人はいたい何時に並んでいるの?と思うほど皆さん早いです。

何はともあれ子供さんたち楽しんでこられたことでしょう。
大人は見ているだけなので疲れてしまいますよね。
引率お疲れ様でした。
申し訳ありません
コメント管理人 | URL | 2010-02-14-Sun 02:23 [EDIT]
お母様が、子供をひきずるようにダッシュしてパビリオンに向かう姿をみたものですから、そう感じてしまいました。日曜日だったからでしょうか。
本当に申し訳ありません。

他では体験できないものばかりです。もっと皆さんの意見が反映されて、子供たちが喜ぶ施設になればと思います。

子供たちを刺激し、感じさせ、考えさせる。都会の子供たちには、必要だと思います。このような施設がどんどん増えるといいですね。
コメントba-bamama | URL | 2010-02-18-Thu 11:53 [EDIT]
キッザニアとは 関係ありませんが… 以前に1.5次の試験について 質問させていただいたものです。 試験が終わりました。 教育大付属はやはりハードルが高くだめでした。明星は 理系選抜のコースに合格出来ました。
本人は教育大付属を強く望んで努力してきたので相当ショックなようで ふさぎこんでいます…どのように接すればよいのか悩んでいます。3月に公立の入試もあるのですが うちの地区のトップ校は偏差値が65ほどなので大学のことを考えると経済的にはしんどいですが明星に決めた方が良いですか?もちろん子供の意思が大切ですが  質問ばかりですみません。
お答えになりませんが…
コメント管理人 | URL | 2010-02-19-Fri 23:19 [EDIT]
難しいご質問です。私が、お子様を存じ上げているなら、まだ、どちらのほうがよいのではとお勧めできますが、学力はもちろん、御性格も分からない現状では、う~ん!と唸るだけで、結論は出せません。
一般論で申し上げますと、トップ高の高校生活は楽しいです。自主性を重んじるのが公立高校のモットーであるため、学習への強制がないぶん、伸び伸びと過ごしています。クラブ活動も盛んです。体育も内申が9とか10の生徒が集まっているわけですから、そこそこ強いクラブが多いです。練習熱心で団結力も強いため、強いのは当たり前だといえます。さすがに高三になると、進学のことを考える生徒が増えてきます。地力は持っているわけですから、短期集中で、難関国立大に合格する生徒も多数います。自主性を重んじる分、自分をしっかり待っている生徒、あまり回りに流されない生徒には向いているといえます。
また、私立高校は、進学に向けてのコース分けから選択科目まで、細かく指導してもらえます。少しせかされるているように感じるかもしれません。もちろん、この感覚や度合いは、その学校によって違いますから、進学校はどこも同じだと考えるのは間違いだといえます。あくまでも、公立高校と比べて、一般的にとご理解ください。つまり、高校側から引っ張られるかのごとく、進学に向けての動きをしてしまっているのが私立だと思います。レールを敷いてくれるわけですから、方向を見失ったり、遠回りをすることが少ないと思ってください。あまり自我が強くなく、言われたことをコツコツこなす生徒に向いているのかもしれません。
一般論は、さておき、一番の問題は、お子様がどちらを望んでいらっしゃるかにあると思います。中3ですから、親としての考えは話された上で、お子様の考えを大切にしてあげてください。正直、どちらが向くのかは、通ってみないとわからないわけですから…
大学に向けては、現役での難関大学突破をお考えでしたら、塾や予備校へ一年生から通うことをお勧めします。通う中で、自分の目標や大学進学への自覚が芽生えてきます。他の高校の友達もでき、良きライバルに出会えるかもしれません。難関であればあるほど、早い時期からのスタートが必要になります。
最後に、私個人としては、あまり教育大附属に魅力は感じていません。募集人数が少ないので偏差値は高いですが、進学先をみると一部の生徒が頑張っているだけで、中位や下位層は伸び悩んでいるのが分かります。私立ほどきめ細やかなフォローは期待できないと思います。つまり、偏差値で、私立と公立を比べるのは間違いで、その特性をご理解いただいた上での判断が大切だと思います。
コメントba-bamama | URL | 2010-02-21-Sun 14:10 [EDIT]
心のこもった暖かい助言を頂き 心救われる思いです。息子は池附不合格のショックから立ち直ったようで 前向きに進もうとしています。私自身は高校生活を楽しんでもらいたいという思いもあるので 公立受験も進めたのですが 彼はもう大学受験に目標をすえたようで 進学校で勉強を頑張る、 上位の成績をとって(なんと)京大めざす と明星に進学することを希望しています。 明星は髪の毛 刈上げやで といっても そのくらい大丈夫 と明るく言い切ってくれたので 明星に 決めました。 家族も精一杯応援しようと思っています。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。