塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
来年の公立高校入試!
2010-02-21-Sun  CATEGORY: 未分類
まだ、公立前期試験も終わっていないのに気の早いお話ですが、お付き合いください。

来年も今年以上に大変な年、荒れる公立高校入試になりそうです。

その理由は、まず、授業料の問題です。現在、正式には何も決定していない状況で、受験生やその保護者を困惑させています。公立の無償化は、まず間違いないものとして、私立高校の授業料がどうなるのかで、受験生の選択が変わってきます。今年の半ばまでには、この辺のお話が、具体的になるでしょうから、来年は、受験生の新しい流れが始まるかもしれません。この問題が入試に及ぼす影響は、大きいと思います。

次に、以前からお話している文理科が新設されます。公立トップ高がしのぎを削る文理科ですから、当然、人気が高く、難関になることが予想されます。学区を越えたトップ高の戦いは、今後の勢力図を変えていくことになるでしょう。また、先日、発表になりましたが、文理科が前期に募集され、ますます、前期の募集数が増えることから、「普通科総合選択制」の19校が後期入試に戻ることになります。今年まで高い倍率を維持してきた普通科総合選択制の各高校ですが、来年からの倍率はどう変化するのでしょうか?

受験する側からも、普通科総合選択制と普通科の入試日が重なることになり、今年はどちらも受験することが可能ですが、来年からはどちらかを選ぶことになります。また、逆に、今年は専門学科と普通科総合選択制の入試日が重なり受験できませんが、来年からは、前期が不合格になった場合の後期受験校に普通科総合選択制の高校を選択肢に加えることが出来ます。

最後に、今年の入試は、公立:私立の7:3の募集比率を無視して別枠で公立高校の募集に960名の増員が実施されます。この影響が、後期入試にどう表れるのかまだ分かりませんが、この別枠が、来年はどうなるのかが分かりません。もっと増員されるのか、また逆に、私立に向かう新しい流れができれば、増員する必要はなくなるかもしれません。

まだまだいくつかあるのですが、実際どこが得をして、どこの倍率が高まるのかは、多数の要因がありすぎて簡単には判断できません。進路指導を行う塾としては、とても頭の痛い入試になりそうです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2010-03-06-Sat 23:49 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2010-03-07-Sun 01:48 [EDIT]
メールありがとうございます。
お母様が島高ご出身とのこと、何かのご縁かもしれません。
さて、ご相談の件ですが、私も今年の定員割れに驚いている次第です。二度ほど訪問させていただきましたが、伝統校の上に実績もあり、生徒に勧めてよい高校だと思っています。
定員割れの理由は、まず、学校統合のマイナスイメージがあると思います。三校が天商に統合されるわけですが、名前は別名になるのかもしれません。多くのOBがこの統合を残念に思っていると思われます。次に、天商だけでない商業高校の人気の無さがあると思います。昔と違い、普通科を受験できない生徒が工業科(工科)や商業を受験する傾向にあります。上位生は高専などを受験します。商業高校には、商業=「就職」「簿記」というイメージが強く、数学が苦手な生徒ははなから敬遠するようです。今年、一人だけ堺市立堺高校のマネジメント科を受験した生徒がいますが、彼女は、早く就職したいという希望を強く持ち続けていた生徒で、今時、めずらしい生徒でした。
人気は、ありませんが、入って後悔する高校ではないと思います。ご安心して下さい。
塾生のお母様に、お子様の適性に合わせて、受験校をいろいろ考えていらっしゃる方がいます。長男は、一昨年都島工業の理数工学科に進学し、次男は今年、今宮高校の総合学科に合格しました。別に強く勧めるわけではないのですが、こんな選択もあると、普通科にとらわれない、お得な高校選びをされているように思います。来年、長女の受験に向け、どんな選択肢をお考えなのか楽しみにしています。
将来に向けての何のビジョンもない現時点で、専門的な高校選びが出来ないお子様が多いため、とりあえず選択肢の広がる普通科へ進学される方が多いだけです。普通科の中味がよいからではありません。
お子様の、晴れの門出をお祝いいたします。オメデトウございます!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。