塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
帝塚山泉ヶ丘中・高校訪問
2007-05-27-Sun  CATEGORY: 未分類
 帝塚山泉ヶ丘高校へ行ってきました。RITZから一番近い私立高校です。毎年、塾生が進学しています。今年も中学、高校に各一名ずつ入学しました。施設設備や環境に優れた、きれいな学校です。

 志願者も増え、入試が難しくなるようですが、その中学入試に、一つ文句があります。清風南海との併願受験生を狙った、医進クラス生のみを募集するM入試なるものをやめて欲しいのです。この入試は、京阪神どころか、奈良、和歌山までが一斉に入試日を迎え、すべり止めを受験できなかった生徒のため、統一入試日(一次入試)の翌日に実施されました。今年から始まったこの入試を、医進コースに限り、入試問題まで難しくしたのは、明らかに、清風南海の受験生を狙ってのことです。(予想通り、押し寄せましたが、大半は逃げることに…)

 かわいそうだったのは、入試機会が増えたものと勘違いして受験した子供たちです。もちろん、南海を受験した上位層だけが合格しました。この結果、泉ヶ丘を目指してきた中堅層は不合格になったのです。なんか、策をめぐらし、おこぼれをいただこうという姿勢に共感できません。本当に泉ヶ丘を目指してきた生徒たちが落ちて、南海との併願生が合格するなんて…。落ちた子供たちに申し訳ないと思わないのでしょうか?しかも、合格発表の次の日が二次試験日。つらい気持ちをひきずって受験した子供の気持ちをどう考えているのでしょうか?ちょっと身勝手すぎる入試日程に憤りを感じました。入試をするのなら、医進に限らず、全コースでやって欲しいですし、医進だけに絞るのなら、二次試験の後、本命校に落ちた上位層にやってほしいのです。

 受験する子供たちは小学六年生だということを考え、子供の立場に立った入試システム、日程を組んで欲しいのです。もちろん大切にしなければならないのは、併願生ではなく専願生のはずです。本当に泉ヶ丘を目指して頑張ってきた生徒が、合格しやすい入試になることを期待しています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。