塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「大阪府公立高校後期入試」を占う!
2010-03-06-Sat  CATEGORY: 未分類
公立高校後期入試の進路希望調査(3日現在)の結果が府公立中学校長会から発表になりました。

これによると、平均倍率は、1.15倍(昨年1.23倍)でした。倍率が下がった原因は、今春卒業する中3生が昨年より3500名多いため、公立高校募集枠の増員割り当てあったことと、この枠とは別に960名の増員を行なったからです。理由は、以前書きましたので省略しますが、普通科の募集が昨年より、3280名増えることになりました。

前回の調査では、「昨年より希望者は、2000名ほど増えたが、定員が増えたことで倍率は1.16倍になった」と発表されましたので、それより僅かですがまた下がったことになります。

毎年希望調査から中間集計、そして最終日の出願者数までを追いかけ、表にまとめて分析しています。

例年の動向では、まず、僅かですがさらに実際の出願者は減ります。予想では、この調査時点の1.15倍が少し減り1.13倍になるのではないかと思います。

次に、各高校の倍率ですが、この調査時点で、1.4倍を超えている学校は実際は下がり、1倍を切っているほとんどの高校の倍率が上がるのが資料から予想できます。

また、今年は、定員増の影響がどう出るのかが不安です。倍率は落ち着きますが、人数調整がうまくいかず、偏る可能性もあるからです。これは、最後の受験校選びにも影響しています。

倍率が落ち着けば、ボーダーゾーン内(普通科は110%)に収まる高校が増えることになり、各高校のボーダーゾーン内の選抜基準が気になるからです。

※ボーダーゾーンとは…大阪府では当日のテストと中学校からの内申点を合算し、その上位から合格者を決めていきます。ところがこれは定員の90%までで、残りの10%は、90から110%の20パーセント(これをボーダーゾーンという)の中から、その高校が決めた基準で選抜することになっています。たとえば実力のある生徒が欲しい高校は、内申よりも当日のテストだけを基準に、テストのよかった順に最後の10%を選抜できるわけです。

倍率が1.1倍以内なら、入試前に全員がこのボーダーゾーン内入ることになります。ですから、内申が悪いのなら、当日のテストを、内申が十分なら内申点をボーダー内選抜の基準にしている高校が有利になるのです。単なる偏差値や内申点だけでなく、どちらの高校が、合格しやすいのかをより具体的に考える必要がでてくるのです。

このためか、受験校選びのご相談が、今年は例年の倍以上ありました。

これだけ一気に定員が増えたことがありませんので、正直、予想に困ってしまいます。ボーダーゾーンの選抜基準も考慮すればするほど、頭を抱えることになります。
例年以上に、倍率と目には見えないボーダー内基準の違いで、明暗が分かれるのではないかと思います。

私は、こんな状況を考えれば、中間出願者数の新聞発表を待って、願書提出最終日に出すのも今年はアリだと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-03-06-Sun 13:00 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 困っています。今年なら、八尾翆翔高校に入れますか。
コメント管理人 | URL | 2011-03-06-Sun 17:58 [EDIT]
内申では、ぴったり合格圏に達していますが、内申に対して実力テストの点が悪いのが気になります。

得意科目を磨き1.5倍される科目の成績を上げてください。社会がお勧めです。
また、ボーダーゾーンでも得意科目で判断されるようですから、なおさら好きな科目に力を入れてください。
数学などやってはいけません。

心配なら、新聞発表の倍率を見て、10日に出願することも出来ます。
今年の場合、高倍率にはならないと思います。ご安心ください。
コメントこの学年の子供たち | URL | 2011-03-06-Sun 19:10 [EDIT]
この学年の子供たちは阪神大震災のあったときに芽吹いた子供たちです。
五黄土星、亥年には、関東大震災が起こった年だといいます。
まさに受験の天変地異が起こっている。
そういうめぐりあわせなのかな~いい意味でも悪い意味でも・・・


Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2011-03-07-Mon 18:28 [EDIT]
本当にそうですね!

文理学科入試では、五ツ木偏差値72の生徒が落ちて、内申130.5/165の生徒が合格しています。
まさに受験の天変地異が起こっています。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。