塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
雪中行軍①!
2010-03-20-Sat  CATEGORY: 未分類
KC3S0022.jpg
少し前ですが、11日に金剛山に登ってきました。泉州私塾連合会のメンバー6人での挑戦でした。それは本当に恐ろしい、死んでも絶対に忘れない、体験になりました。あまりに面白かったので、少しずつお話します。

集合8時半、集まった兵達は、寒さに震えました。K隊長の指示書には、
服装・持ち物 登山中は暑いので長袖シャツ1枚が適当。山頂付近は10度くらい温度が低く風も強いので着替えの長袖とセーター、風きり用ナイロンジャンバーも持参のこと。
指示通り、ジャンバーに長袖シャツ一枚の私は、大きなくしゃみを一発!すぐにセーターを着込みました。

車で、五合目付近まで移動。金剛山は1125mある大阪では一番高い山です。駐車場に車が入ろうとした時、前日に積もったすごい量の雪にスリップ。ガガガー、ガ=!。タイヤが空回りして動かないのです。しょうがなく車を押すことに…。これが悲劇の始まりだったのです。

雄叫びを上げ、登山開始!一面の雪景色に、はしゃぐオジサン6人。その僅か10分後、事件は起こりました。B先生の足が動かない…前に進まない…あまりにゆったりしたペースに、隊長は休憩を即断!

B先生は、体調を崩されていましたが、その後、二ヶ月に一回の検診が、一ヶ月に一回になったと喜んでいらっしゃったのに、やはり、基礎体力に衰えが…いやそんなことよりも、これからどうするのかだ。

そこへ、歩く「気配り」、ミスター泉塾連のD会長は、B先生の負担を軽くするために、自分がリュックを背負うとおっしゃいました。遠慮するB先生。それならばとD会長は、リュックを開けて中の荷物を自分のリュックへ…えっ!…中からは、重たいアイゼンが…しかも二足!。

B先生は、登山靴。なのに何故アイゼン?。しかも二足も…それはないだろうB先生…完全防備だぜB先生…みんなのためにB先生…やさしすぎるぜB先生。

B先生は服装も完璧でした。茶色の分厚いダウンの下に黒いジャンバー。吹き出る汗に羽毛ダウン(笑)。軽くなったリュックは私が背負い、ダウンジャケットも私がその上に羽織ることにしました。

ご想像ください。自分のななめがけの茶色のカバンを前に抱え、リュックの上に、さらに茶色のダウンを着た私を…。まさしく雪中行軍!。八甲田山の世界だ!立ったまま新JAL…なんてことを考えた私でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。