塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
英断!
2010-04-17-Sat  CATEGORY: 未分類
先日、M先生がお別れの挨拶にRITZにお見えになりました。

M先生とは、泉塾連を通じて知り合い、同じ和泉市内に塾を構えていらっしゃるため、旧八学区の情報交換会、学校説明会等でご一緒させていただいた仲です。

この4月22日に、M先生は、南米のパラグアイの日本人学校の教師として赴任されます。向こうで、小中学生を対象に「数学」と「英語」を教えられるそうです。

以前、奥様の母国の中国に帰りたいと申されていましたが、それがかなわず、フィリピン、サイパン、ボリビア…と様々な国を探された結果、働きたいという希望をかなえてくれ、永住権までもらえるということで、パラグアイに決められたそうです。

大使館等に直接手紙を出し、こちらの希望や条件を受け入れてくる国を探されたとのこと。そのパワーには頭が下がります。スペイン語の勉強もこつこつとこの十年続けてこられたそうです。

何よりも驚くのは、先生のお年です。この6月で「71歳」になられるのです。仕事を続けれることが移住の第一条件でした。移住を受け入れてくれる国は、たくさんあるようですが、そこで働くことを認めてくれる国は少ないのだそうです。

実は、私、体調を崩し、今週は、マスクをつけたまま授業をしたりもしました。そんなちょっと気弱になりかけた時に、先生の元気の出るお話を聞き、
まだまだこれから、もっともっとやらなければ!
と襟を正した次第です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
久しぶりです。
コメント三角の竹田です。 | URL | 2010-04-27-Tue 09:44 [EDIT]
三角は今日は朝から雨です。うちの下の娘も4月から三角中、1年生です。1学年ようやく2クラス編成です。生徒数は1年生で約60人あまり。少なくなりましたぁ。私達の時は多分、6か7クラスはあったはず。これでは町が衰退するのは仕方ありませんね。情報化時代、「いい意味での情報」を過疎地での子供にもあたえて育てるしかないと思う今日この頃であります。ではまた。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。