塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
息子が出て行きました③!
2010-05-19-Wed  CATEGORY: 未分類
一人暮らしを始めた長男は、勝手気ままな自由を手に入れるとともに、一人の寂しさも引き受けることになります。離れてこそ、いろんな現実が見え、考え、悩み、成長するのだと思います。

父親として、何もしてこなかったので、何か返してもらおうなどとは思ってはいません。自分で生きていくすべを見つけ、それなりに生活してくれたらと思います。私の母親は、男は30までには定職につけと言っていました。それまでは、夢を追おうと、職を変わろうと構わないと言っていました。その言葉の通り、いや2年遅く、私はこの仕事に落ち着きました。

リリー・フランキーさん原作の「東京タワー」を観ると、何も出来なかった自分が恥ずかしくなります。オカンを東京へ呼び、亡くなるまで7年以上も一緒に過ごした。母としては、それだけで十分幸せだったのではないかと思います。現実、そうしたくてもそうできない人のほうが多く、いや、そこまで踏み込む決心がつかない人のほうが多く、後であれこれ思うものです。

ドラマ「北の国から」で、純が、中学を卒業し東京へ向かうトラックの中でのシーンがあります。運転手が、車代として五郎からもらった泥のついた一万円札を、「受け取れねえ」と言って純に返すのです。これは、母を亡くした黒板家ならではのお話で、本当は母親の役だと思います。

こう考えてみると、断然母親のほうが有利です。もちろん過ごした時間やかけた愛情の違いですから、当たり前だといえます。ですから、母親には、必ず父親以上のものが子供から戻ってくるようになっています。

そのためにも、きちんとけじめをもった親離れ、子離れをしていただきたいのです。そして、失望するような過度な期待ではなく、楽しみとして半分の期待を持ち続けていただきたいのです。

「疲れたらいつでも帰って来い。息が詰まったらいつでも帰って来い。国に帰ることは恥ずかしいことじゃない。」(北の国から・初恋)



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。