塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
槇尾山に登る!
2010-06-14-Mon  CATEGORY: 未分類
先週、K隊長のもと、槇尾山に登ってきました。

参加者6名。天気もよく、少し汗ばむ中、山頂の施福寺に到着。今日は何もなく帰れそうだと安堵しておりましたところ、その西側にある蔵岩(黒岩)からの眺めが絶景だとのことで隊長の指示に従いました。

蔵岩までの距離はしれているのですが、その道が急勾配で、四つんばいにならないと登れないのです。途中、すべらぬように結び目をつけたロープが張ってありました。目の前の木の幹や、木の根っこを掴まないと登れないのです。まただまされました!

もしも、足を滑らせたら…子供の頃に登った山を思い出しつつ…しかし、こんな登山だとは聞いてなかったぞ…と隊長を恨みながら…そんな隊長は、そ知らぬ顔でもうすぐだとおっしゃり…でも、帰りはどうなるんだろうと不安になるばかりでした。なんとか蔵岩に到着!

本当に眺めは最高でした。
100610_1034_01.jpg

頂上で休んでいると、ロッククライミングの方がお見えになり、準備を始められました。ここは、大阪南部では絶好のポイントなのだそうで、初めてじかに見る装備やその手順に驚きました。その方はかなりのベテランで日本どころか海外まで出かけるとのこと。分かりやすい説明に、生徒気分でしばし、皆聞き入っておりました。

帰りの急勾配は、足にこたえましたが何とか下山し、最後は満願寺の滝を見物。30mを超える落差に、見とれてしまいました。下から眺めると、水量は少ないですが、本当にとてもきれいな滝です。

今回は、道草しながらも早く下山したため、温泉にゆっくりつかり、昼食をみんなで食べて解散。次の日に「人間ドッグ」の予定を入れてしまっており、前日は、激しい運動は避けるようにと書いてあったため、参加を悩みましたが、登って良かったと思いました。

隊長にはいつも驚かされますが、また次も参加したいと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。