塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
清風中学校説明会に行きました!
2010-09-08-Wed  CATEGORY: 未分類
清風中学校入試説明会に行ってきました。

大阪の私学の雄、私が学生の頃は、関関同立の合格者数は断トツで一番でした。刈上げの清風、なんかしでかしたら「般若心経」を書かされる清風…。冗談はさておき、大阪の私学の重鎮、平岡氏はご健在で、「清風魂」という著書をいただきました。

清風の特徴は、早くから中学生の獲得に力を注いできたことです。2001年の募集人員は、中学部245名、高校部571名でしたが、来年は、中学部400名、高校部310名になります。

長引く不況の中、私学を希望する生徒の数は減ってきました。その少ない生徒を私学間で奪い合っているわけです。この結果、共学に踏み切る学校、レベルを下げて下位層を受け入れる高校が出てきました。

このようにままならない高校入試に見切りをつけ、中学部の募集を年々広げてきました。この結果、たくさんの優秀な生徒を6年かけて鍛えあげれるわけです。さらに、高校からの募集を減らすことで、高校入試のレベルを下げることなく良好な募集が続けられています。

来年度の変更点は、高校部の「普通科」を「文理科」に名称変更します。理由は、普通科は私立大学を目指すコースだと定着してしまっているからだそうです。一年次の教材・授業・時間数は理数科とまったく同じです。二年次には、上位40名以上が理数科へ転科することも含め、コース名の変更に踏み切ったとのことです。

また、中学入試問題の重要ポイントとして、国語…記述問題。算数…思考力を問う図形問題。理科…計算問題(分数不可)。社会…漢字指定がなければひらがな可。を挙げていらっしゃいました。来年受験される方は、お気をつけください。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。