塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
千代田高等学校に行ってきました!
2007-08-29-Wed  CATEGORY: 未分類
26日の日曜日、「進路フェスタ」と題して、中3生を対象にしたイベントがあり、塾生4人を引き連れて参加してきました

河内長野市にあるこの高校は、RITZからは少し通いにくい場所にあるため、今まであまり訪問することもありませんでした。また、以前河内長野の塾に勤務していたとき、あまり評判が良くなかったため、そんなに関心がなかったからでもあります。

面白いもので、同じ特徴を持つ学校でも、少し離れた学校の方が、地元の高校より評判が良い傾向がありますこれは、どうしても一部の目立った生徒を、目の当たりにするとあの学校は…と思い込んでしまうからだと思います。河内長野にいるときは、千代田よりも評判が良かった学校が、転勤先のその学校の近くでは、全く評価されていないことに驚いたことがあります。

千代田が変わってきているという話は、複数の方から聞いていたのですが、確かめる間もなく過ごしていました。どんな風に変わったのか、半信半疑で、昨年「夢探しフォーラム」という生徒向けの学校説明会に参加したのです。在校生の明るく、伸び伸びとした姿に驚くとともに、楽しく学園生活を過ごしていること、何よりも本分である勉強に積極的に取り組んでいる生徒が多くいることが分かり、塾生にも勧めようと思いました。

想像ですが、10年ほど前に「国際文化科」という上位クラスを作ったことで、少しずつ学校が変わったのではないかと思います。このコースの生徒を中心に、学習への取り組む流れが出来上がり、全校の雰囲気そのものが変わってきたのではないかと思うのです。

しかし、以前の千代田をよく知っている人は、まだまだ、昔のイメージが強く、その良さが伝わっていないように思います。完璧な学校などありませんが、色眼鏡ではなく、純粋に今のその学校を見つめられる目を持つべきだと思います。以前にも書きましたが、この多様化する価値観の時代に、絶対などありえません。自分には、うちの子には…そんな目で、高校を選択していくべきだと思います。

今回は、在校生の歌、卒業生の話、そして模擬授業を体験させていただきました。実際にその学校で過ごした卒業生、過ごしている在校生の話は、説得力があり、素直に耳に入ってきました。他の学校でも真似をすべきだと思いますが、その学校の姿がそのまま生徒の声になって表現されるわけですから、自信がなければ出来ないですし、逆効果にもつながると思います。

千代田高校は、女優の「伊東美咲」さんの母校でもあります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。