塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
私立高校入試終る!
2011-02-15-Tue  CATEGORY: 未分類
私立高校入試が終りました。

例年通り、全員が合格!しかし、少し変わったこともあります。

それは、例年に比べ回し合格が多かったのです。回し合格とは、希望コースの合格最低点に届かなかった時に、その下位コースに回されて合格になる制度です。

当塾だけかもしれませんが、回し合格になった生徒の高校が、昨年は一校だけだったのに対し、今年は4校もありました。

これは、私立高校の募集が状況が良かったため、きちんとコースの線を引いて合格者を出したのだと思います。募集が厳しかった時は、一人でも多くの生徒を確保するために、コースまでを確約し、希望通りのコースで合格を出す高校が多かったのです。

私立への専願生の増加が、強気の私立高校を増やし、昔のように専願と併願の格差が明確になっていくのかもしれません。そうなるとますます、私立専願が増えることに…。

というわけで、私立高校への専願者の急増が多くの回し合格者を生んだと考えられます。回し合格になった受験生は、君たちの力不足によるものでないことを理解し、気にしないことです。

ページトップへ  トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント雪子 | URL | 2011-02-16-Wed 10:08 [EDIT]
S学園で回し合格になりまして、大変落ち込んでいたところです。
かなり自信をもっていたので、ラインぎりぎりで回しになったのならよいのですが、過ぎた試験の成績を確かめている間もなく、今日は前期出願の日です。息子は高内申で、正直、文理科も特攻では無く、模試の判定からも五分五分だと思っています。文理科の当日点重視の力だめしに私学の上位コースは是非確保したかったし、本人も出来たといっていたので、回しといっても正直、不合格通知を受けた気でした。文理も落ちたら、いわゆる「落ちせがつくのでは?」ともう後期を下げる心の準備までしていたところでした。僅か数千円の収入超えで私学助成の恩恵がないことも、子供に伝わり、プレッシャーにしてしまっていたところです。
でも先生のこの書き込みを読んで、後期も第一希望通りにしようと思えるようになりました。ありがとうございました。



合格しました
コメント受験生の母 | URL | 2011-02-16-Wed 12:33 [EDIT]
先生に励まして頂き前日まで過去問を解きながら頑張りました
無事私立高校合格しました
まわし合格でしたが、充分です。親子とも喜んでいます
公立高校に向けてがんばります
ありがとうございました
おめでとうございます!
コメント管理人 | URL | 2011-02-17-Thu 23:41 [EDIT]
おめでとうございます!
今しばらくご心配な時期が続きますが、今度は、基礎基本の確認を中心にご準備ください。

前期入試も定員割れする高校が出るようです。倍率が落ちつき、実力通りの結果が出ることをお祈りいたします。

コメント@淀屋橋 | URL | 2011-02-22-Tue 11:17 [EDIT]
突然のメセージ失礼します。大阪市内に住む中3男子の母親です。
少し前に偶然このブログを知り、興味深く読んでおりました。
特に、数年前の記事(私立高校の事前相談の由来など)はなぜ大阪だけこんな悪しき風習(だと思っている)があるのか、誰も教えてくれなかったので大変ためになりました。
このたび、愚息は私立専願で某附属高校に合格しました。この高校はほとんどが専願の生徒で、数年前から内申重視に変わり、専願といえど定員は守る傾向で昨年も今年も100人前後の不合格を出しました。(これでどこの高校かおわかりだと思います)
実は息子は事前相談でバツを言い渡され、担任からも志望校変更を勧められましたが、本人の強い希望で半ば強引に受験させてもらいましたが、11月以降の五ツ木で偏差値5あげるなど、かなり頑張っていたようです。
事前相談バツからの逆襲ということで、担任や塾の先生方、皆喜んでくださいました。

さて、橋下知事の私立高校授業料無償化政策で、私立専願志望者が激増したのは記憶に新しいところですよね。
無償化に関係なくあの高校に行きたかったので、無償化を機に競争率上がったらイヤだな、と個人的には大変迷惑でしたが(笑)、それよりも、一部の中堅私立校で専願だけで定員の2~3倍の志願者がいたところがありましたね。特に生徒が入りきれずに体育館で受験したU高校とか。
何が原因なのでしょう?
個人的には、本来ならば難易度としては公立3~4番手の公立を目指すクラスでも真ん中程度のお子さんが、大学進学を視野に入れた場合、公立より私立のほうが手厚く有利、しかも大学推薦枠も多いし、と考えたところへ今回の無償化で集まった。しかも荒っぽい意見ですが(非難もありましょうが)俗に言う“親の経済力と子供の偏差値は比例する傾向にある”という説が正しいとすると、確か800万円以下の所得にまで対象が広げられたということで、この所得層のお子さんの偏差値と志願が激増した高校の偏差値が、案外一致したのかな・・とふと思いついたのでした。やっぱり荒っぽい意見ですかね。
しかも、定員をはるかに超えているのに、基準点に達していれば合格だそうで、定員を超えるかなりの合格者を出したと聞いています(未確認ですが)
ということは、この公立3~4番手の高校の受験者数は減って意外に合格しやすいかもしれないということでしょうか?

それにしてもこの無償化は、親も生徒も、もちろん先生方も結構振りまわされたのではないでしょうか。
まだまだ公立入試はこれからが本番ですね。
皆様方の健闘を祈ります。

いきなりやってきて書きなぐり、どうも失礼いたしました。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2011-02-22-Tue 20:05 [EDIT]
お子様の実力での合格です!オメデトウございます!

某附属高校とはS市にある高校のことでしょうか?それならば、この高校の選抜方針も幸いしました。某高校は、立地及び大学の付属校であるため、他府県からの受験者が多いのを理由に、事前相談は形だけになっています。(しかし女子は重視するというへんてこりんなことになっています)他の高校は、中学との信頼関係が崩れることを恐れ、なかなか事前相談と違う結果を出しません。

つまり、事前相談をしない他府県の生徒と不公平な結果にならないようにしているのです。もちろん募集状況が良好だから出来ることです。この結果、入試一発で合否が決まるため、受験生にとってはとても恐い高校です。数年前、当塾の地元の中学で私立高校の不合格者が一人でましたが、それは某附属高校を受験した生徒でした。

逆に考えれば、事前相談を重視しない分、×を〇に替えやすい高校だといえます。他府県では当たり前ですが、大阪では異色な高校になります。

私立受験者の増加は、公立の結果をみないと分からない部分もありますが、おっしゃるとおりだと考えています。授業料の無償化は、たくさん生徒の目を私学に向かせました。いままでは経済的な理由で公立を目指した生徒が実際に多かったのだということが分かります。それがこの年収枠の引き上げによって半数以上のご家庭が60万の私立授業料がなくなるわけですから、授業料以外の費用ぐらいは出せると判断したのだと思います。

また、中位の生徒が進学を考え私学を選ぶケースは今までもありましたが、この無償化がさらに拍車を掛けたこと。また下位の私学の様々な取り組みが進学や就職に成果を上げてきたことが評価され、公立よりも私立を選択する生徒が増えたのではないかと考えています。

私学の募集人員は、今年まで公立と私立で7対3に生徒を分ける公私比率に支配されてきました。さらにこの数字をもとに各私立に配分したものが募集定員になっていました。ところが、募集定員の生徒を確保できない私学が半数を超えると、定員を守っていては、私学全体の募集枠を大きく下回る事態に陥ります。そこで、受け入れ態勢があれば、募集定員は無視して何人でも入学させても構わないという状況が続いていたのです。この結果、募集定員の2倍以上も入学させる私学も出ていました。

この公私比率が今年から撤廃されました。今年は準備不足で微増の私学が多かったですが、来年は、募集定員そのものを大幅に増やす私学が増えることと思います。

また、私学側は、1人でも生徒が欲しい状況です。それは、私立への助成金が生徒数に比例して配分されるように変わるからです。これによって、今まで以上に生徒数が学校経営に影響することになります。つまり、人気のあるなしが、さらなる二極化を進めることになりそうです。

最後に、数年前から、12月の学校の懇談で仮内申が聞けるようになっています。この結果、あまりの内申の悪さに公立をあきらめ私立専願に切り替える生徒も一部出ています。




ありがとうございます。
コメント@淀屋橋 | URL | 2011-02-22-Tue 23:34 [EDIT]
丁寧な返信ありがとうございます。
そうです、S市の附属高校です。(厳密には附属という名称ではありませんが)。数年前の不合格者のことを書いた記事も読みました。あ、多分同じ高校だな、と思ってましたがやっぱりそうですか。

確かにこの高校は数年前までは事前相談はしていなかったと聞いています。
なるほど、そういう理由ですか。実力的には決して高望みし過ぎではなかったのですが、副教科の成績が一部極端に悪いため内申があまり良くなく、塾の先生も『バツとはずいぶん強気に出てるな~』とはおっしゃってました。また、もうひとり事前相談で『ギリギリかな』と言われた生徒がいたとも聞きました。
事前相談が形だけになってるゆえ、それに志望者も多いため、強く出ることができ、また簡単に×が○になったり、当日の結果次第ではその逆も有り得るのでしょうね。
私立にしては珍しく副教科の内申点(80点満点)が加えられるようになり、また女子だけなく、男子も内申重視になったと説明会で聞いていたため、本心ではたとえ当日かなりいい点数をたたき出したとしても合格は難しいと覚悟はしておりました。(1・5次の受験も準備していました)
もちろん愚息も頑張っていつも以上の実力を出し切れたようではありますが、内申重視??どの程度の比重???副教科80点???・・・と合格した今もよくわからない不思議な高校です。

ただ、他校の事情はわかりませんが、『×をくらっても、諦めるな!!!』と、後に続く受験生には言えるかもしれませんね。

私立高校が定員の2倍の合格者を出しても大丈夫なカラクリ(?)も理解できました。ありがとうございました。

お仕事の邪魔になることでしょうから、返信不要です(笑)
それでは、いつものように一読者に戻ります。
公立受験生、頑張れ!!!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。