塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校後期入試進路希望調査
2011-03-05-Sat  CATEGORY: 未分類
なんだこりゃ!
頭の中が、まとまってから書きます。
とりあえず、二次試験の日程をアップしておきます。数十校で二次試験が実施されることになるでしょう。前代未聞の出来事です。空くとは思っていましたが、数字を目の前にすると、ビックリしてしまいます。
まだの方は、本日の新聞各紙をご覧ください。

平成23年度大阪府公立高等学校入学者選抜方針

9 二次入学者選抜
1 二次入学者選抜は、平成23年度大阪府公立高等学校前期入学者選抜のうち合格者数が募集人員に満たない高等学校及び後期入学者選抜のうち出願締切時において志願者数が募集人員に満たない高等学校で実施する。

2 本入学者選抜を志願することのできる者は、本入学者選抜出願時に国公私立の高等学校、高等専門学校、特別支援学校高等部のうちいずれにも合格していない者(出願していない者を含む。)又は合格しても必要な手続きをしなかったため入学の資格を失った者とする。

 また、中等教育学校前期課程を修了見込みの者であって後期課程に進級しないことが確定している者及び併設型中高一貫教育における併設中学校を卒業見込みの者であって併設高等学校に進学しないことが確定している者も、同様とする。

3 中学校長が提出する書類は、調査書とする。

4 入学者の選抜は、調査書及び面接を資料として行う。

5 出願期日、面接及び合格者発表の期日は、次のとおりとする。

出願期日
3月25日(金)

面接
3月25日(金)

合格者発表
3月29日(火)


ページトップへ  トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
倍率の件
コメント | URL | 2011-03-06-Sun 10:17 [EDIT]
いつも拝見しております。

今年の倍率を見ると、旧5学区制時代に戻ったように感じます。

当時は、本当に難関国立大学を目指す、優秀な生徒は三国を選択し、その下のちょっと出来る層は、地域にもよりますが、
男子は岸和田へ、女子は泉陽へ、って感じでした。

そういう意味で、S高校は狙い目と書かれていたのは、男子に限ってのことでは無いでしょうか?女子はかなりの激戦になる様な感じもこの倍率を見る限り、します。
その通りです
コメント管理人 | URL | 2011-03-06-Sun 17:26 [EDIT]
S高校のお話はしないつもりでしたが、ズバリの内容に、恥ずかしながら白状いたします。

私は、男子が文理科に多く合格するのではないかと予想していました。実際はそうでもなかったのですが…。
その結果、泉陽の受験生は、女子に偏るのではないかと思っていたのです。もともと女子校で女子に人気のある高校ですから…。

さらに予想では、もう少し受験生が少ないだろうと考えていました。ですから男子の受験者は360×0.45=162人前後に収まり、45%ルールに守られて男子は落ちない入試になるのではないかと考えていたのです。

浅はかでした。申し訳ありません。
文理科の男女比率
コメント | URL | 2011-03-06-Sun 20:57 [EDIT]
ご回答、ありがとうございます。

管理人様のご指摘通り、文理科の合格の男女比率は、圧倒的に男子に偏ると思っておりました。ただ、私は泉陽の倍率は落ちないと確信めいたものが有りました。まず第一に南海本線沿線を除けば、岸和田へは不便過ぎること、昨年、京大を始め難関国立大学への合格者が激減したこと、つまり泉陽を蹴って岸和田まで行く動機が希薄になっていること、最後に女子から絶大なる支持があることなどでした。

この文理科の合格の男女比率を見ると、女子の進学熱が昨今の社会情勢で高まっているのかも知れませんね。ただ、理数科ではなく、文理科っていうのがミソだったのかも知れませんが。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。