塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
隠蔽!
2011-05-16-Mon  CATEGORY: 未分類
「レベル7」到達の恐れ アメリカ
米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は3月15日、声明を出し、福島第1原発事故の状況が国際原子力事故評価尺度(INES)で2番目に深刻な「レベル6」に近く、最悪の「レベル7」に達する可能性もあるとの見方を示した。日本の経済産業省原子力安全・保安院は先に、今回の事故の暫定値を「レベル4」と発表していた。ISISは声明で、福島第1原発の1~3号機で爆発があったことや、4号機の原子炉建屋で火災が起きたことを踏まえ、「この事故はもはや(局所的な影響を伴う)レベル4とはみなせない」と指摘。

米政府、米国民に福島原発半径80キロ圏内からの退避勧告 
米政府は3月16日、日本の地震に伴う原発事故が深刻化していることを受け、米国民に対して福島原発から半径80キロ圏内から退避するよう勧告した。ホワイトハウスのカーニー報道官は「津波の後、状況は悪化している。被害が拡大する可能性があり、原子炉から放射能が放出される恐れがある」と述べた。


アメリカは、知っていたのですね。フランスもこの時期に少なくともレベル6に達していると発表しています。

測定された放射線量から、あるいは衛星からの映像分析から、メルトダウンの可能性が高いと確信していたのでしょう。それなのに日本は…。

アメリカのこの発表を聞いたとき、「何!チェルノブイリと同じレベル!そんなはずはありえない」と思ったのは、私だけでしょうか。

東電は、政府は、どこまでの事実を知っていたのでしょうか?
不安な国民を安心させるために、ここまで引き伸ばしていたのでしょうか?
それとも本当に、最近まで分からなかったのでしょうか?
いつごろ、この恐ろしい事実に気付いたのでしょうか?

どうであっても、この責任は誰がとるのでしょうか?
結局、不信感だけをつのらせてしまいました。

お人好し過ぎる国民よ!今こそ、怒らねば!
いつまでたっても、この隠蔽体質は治りません。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。