塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「N語録」
2011-06-23-Thu  CATEGORY: 未分類
・I高校は「ぬるま湯」と言われているが、保護者を含め、生徒は何をしに来ているのかが分かっていない。何となく楽しめばよいという雰囲気。大阪の公立高校は、生徒の学力を下げている。これでいいのか?潜在能力ではK高校の生徒と変わらない。ハンドボールの試合でKに負けると泣くのに、学力で負けてもなんとも思わない。

・《家庭学習の充実に向けて》私は、大学まで体育系クラブをやった人間。クラブには賛成だが、バランスや優先順位が勘違いされている。文武両道というが、クラブと行事が優先されすぎている。甘やかし、行けるところに行けばいいという雰囲気!

・《ベネッセで壊滅的な点数を取った二年生に向け学年集会で》私は、君たちにいい大学に入ってくれとお願いしている訳ではない。今の君たちの学力はこんな悲惨な状況です。他の高校では、必死にやっている生徒がいます。切磋琢磨しながらより高い志を持った生徒が難関大学に進んで、さらに切磋琢磨していく。10年後の結果にI高校は何もしてくれなかったというのだけはやめてくれ!とぶった。突き放した言い方だが、発奮を促した。

・《土曜日9時~11時をクラブ制限時間に、自主トレはOK!》土曜日の9時~11時の自主トレにしても、現実的にできないという生徒がいる。ビデオで自分のスイングを研究してもいいし、自分のやっているスポーツの本を読んでもいいし、仲間内で作戦会議してもいいし、家で腕立て伏せするのでもいい、いくらでもある。そういうことへの発想がない。公園ではテニスができないというが、コートがないと、普段の練習ができないと自主トレではないと思い込んでいる。

・《保護者のニーズも様々》ブログへの反響は、「ありがとう」という声もある半面、土曜日のたった二時間を奪うのかという意見もある。国際舞台に活躍するためには、合唱やクラブ活動はその原動力だと言う方もいる。だから、さまざまなニーズに応えるため3年生の文化祭は有志参加にした。

・教員は、頑張らなくても給与が上がる。ピュアで世間知らずな良い人ばかりだが、プレッシャーがないと、易きに流れるように思う。人は憎くないが、制度が憎いと感じている。これをいじらないと日本の公教育は変わらないと思う。

・文化祭で新しいことをやりたいという新たな声も出ている。文化祭でシンクロスイミングをやりたいとか後夜祭でキャンプファイヤーをやりたいと言ってきている。課題克服が勉強になるのでやらせたいと思っている。好きなことをいろんな人が選べてやっている、そんな文化祭にしたいと思う。

・《ロックンローラーになるので勉強をやっていないという生徒に》プロを目指すのなら学校をやめろ!矢沢永吉は中途半端に中間テストの結果や、代ゼミ模試で偏差値がいくつなんて気にしていてはでてこない。すべてを捨ててかからないとなれない。それくらいの覚悟がないのなら、勉強せよ!と言ってやった。ところが相変わらずで…。

・《自分の受験したい大学の受験科目すら知らない生徒がいるのは》予備校の人を信用して先生を信頼していない。どうせ学校の先生ってろくなこと言わないだろうって、ハッキリしたことは言わないし、受験にはこれだけやればよいとはいわないで、キレイごとばかりを並べるからだ。予備校の先生だと信用する。

※過激に感じられる方もいらっしゃると思いますが、大勢の人が同じ思いを持ちながら、口にはしなかっただけのことだと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。