塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
久米田高校に行ってきました!
2011-06-25-Sat  CATEGORY: 未分類
久米田高校に行ってきました!前回の和泉高校同様、新4学区制になってから、RITZから進学する生徒が毎年出てきました。なんとか自転車で通える距離にある高校です。

校長先生の方針は、「学校が外部から見えやすいこと」。校門を入ってみて、その学校がopenかどうかは、生徒・保護者が学校を選ぶ一つの基準にもなっていると思う。高校教育の基幹は、「人間教育」である。感受性の強い良い生徒たちを、この地域の中核となる人材に育てていきたいとのことでした。

地理的には、旧9学区の北端、新4学区のちょうど真ん中になる。新4学区には、偏差値50以上の公立高校が16校あるが、路線の違う金岡や登美丘を除けば、北に高石、南に日根野、そして南海沿線南部の佐野高校が競合校だと考えている。私立では、浪速、学芸、東大谷、上宮あたり。良い意味で棲み分けができるように、学校方針を明確にしていきたい。伸び盛りの学校でもあるので、教員一致団結して「南の南海線の佐野、北の阪和線の久米田」と呼ばれるようになりたい。

今までは、「学校が楽しい、クラブが活発」で売ってきたが、これからは、充実した出口を目指し、進学実績を上げる。現状は、近大、関西外大、武庫川女子等の実績は伸びているが、それより上の実績が…。本校の課題は、推薦やA.O等での一科目や二科目までの入試対応はできているが、一般入試等の3科目への対応が遅すぎて成果が上がっていない。スタートを早めることが必要。

進学状況は、4年制大学47%、短大14%、専門学校27%。センター受験者約40名、総数は変わらないが、合格者が一番多かった大学が、桃山から近大へと中味が変わってきている。また、今年の高三の4年生大学への希望者は70%と激増している。

短大進学者が4学区の中で一番多いのも特徴。保育士、看護士、理学療法士を目指す生徒が多い。

クラブ加入率は約6割。野球、バスケ、サッカーの三本柱に加え、陸上や、卓球は近畿大会出場、軽音部は部員80名、ブラスバンド、太鼓部、ダンス部等もがんばっている。

3コース制をひいており、二年次から分かれる。理系専門、文系、体育専門コース。体育専門コースは、体育教師、介護福祉士、インストラクター、トレーナー等を目指しているが、最近レベルが上がっており、推薦等ではなく一般入試で合格できる学力をつけるよう、カリキュラムを見直す。

その他の特長
・海外修学旅行(グァム、台湾)
・海外語学研修(オーストラリアのゴールドコースト)
・自習室の整備(ブース形式で30)
・学力・学習診断テスト(3年間で5回)
・サテライン授業(予備校の講義を校内で、費用は5から6分の一、英語を中心に受講)
・春、夏の学習合宿(桃大の施設で二泊三日、参加費五千円)
・学習クラブ(学習を目的としたクラブ)
・KDTV(久米田デジタルテレビ、全教室にある42型テレビで生放送を配信)
・制服(ブレザータイプ、組み合わせ自由なところが人気)

新4学区になり、旧8学区からの生徒も約30%入学しています。高石や堺市の生徒が増え、地元の岸和田市の生徒が減っているそうです。新学区制に変わり5年が経ちますので、今後は、現状で落ちつくのではないかとのお話でした。

こうやって何校も訪問すると、共通の問題と各高校がそれぞれ抱えている問題が明らかになってきます。新学区制をバネに伸びている高校です。生徒のレベルが少し上がった分、上手く進学校にシフトチェンジしていくことができれば人気は続くと思います。

今年の入試で、たくさんの公立高校で定員割れが起こりました。募集人員が減るだけでなく、統廃合にもなりかねない状況です。同じ公立でも競合校の動きをみながら、自校の特色を前面に出していく。そんな学校経営が求められているのかもしれません。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。