塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
中原 徹 氏
2011-09-15-Thu  CATEGORY: 未分類

橋下知事の友人浮上(大阪府知事選)
維新民間人校長中原氏
11月7日投票の大阪市長選との同日選が想定される大阪府知事選で、橋下徹知事率いる地域政党「大阪維新の会」の知事選候補に、橋下知事の友人の弁護士で、府立和泉高校に民間人校長として勤務する中原徹氏(41)が浮上していることが13日、関係者への取材でわかった。中原氏の擁立が固まれば、橋下知事は、大阪市長選にくら替え立候補する方針。
(9月14日産経新聞)


このブログでも何回かお伝えしてきた、和泉高校のイケメン校長先生の写真が、産経新聞朝刊の一面を飾りました。突然のことに驚いて記事を読みましたが、まだ確定はしていない話しで、勇み足のようにも思われます。

6月に和泉高校を訪問し、中原先生から直接、今直面している問題や取り組みをお聞きました。そのお話は、1時間40分にも及びました。

本音の発言で、見えてくるものは「現在の公立高校の姿」です。学校の組織や制度が抱えている問題、教員の質や能力の問題、いまどきの高校生の実態。

お話を聞いて、就任から一年が経ちましたが、他の教員の中に埋もれることなく、自分の考えを貫かれている現状がよくわかり、応援したい気持ちになりました。少しはお力になれればと思い、泉塾連の会員全員に、お話の内容をまとめたものを、配布させていただきました。

今後も彼のような校長が増え、幅広い視野で公教育を眺め、変革していけば、私立高校に劣らない、魅力ある公立高校がいくつもできるかもしれないと思いました。

校長契約は三年、その後延長されればさらに二年。五年でどこまで変革できるのかは分かりませんが、蒔いた種が実を結ぶまでは、校長として果敢に取り組んでいただきたいと思っています。

しかし、悲しいことに、聞こえてくるのは、中原氏のお考えが浸透するどころか、不協和音のほうが多いことです。さぞやご苦労なさっていることでしょう。形として、結果として、新しい風穴を開けることができれば、次の人がそれをさらに大きくしてくれるものと信じています。

中原校長先生!どうか府知事ではなく、校長としての足跡をハッキリと残していただきますようお願いいたします。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。