塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
84-0
2011-09-20-Tue  CATEGORY: 未分類
高校ラグビーのシーズン到来、全国大会の大阪府予選が先週から始まっています。

日曜日、摂津高校まで行ってきました。なんと人工芝のキレイなグラウンドにびっくり!今年から体育科スタートにあわせてのことだと思われます。

初めのゲームは、千里対大体大浪商。俄然、浪商有利かと思っていましたが。結果は21-15で千里の辛勝!決め手に欠けた浪商でした。試合が終わり、負けて泣く浪商!勝って泣く千里!どっちがどっちなのか分からない状況でした。

次は、天王寺対合同E(刀根山、北淀、東淀川高校の合同チーム)。公式戦の緊張感か、ミスが目立った試合でした。天王寺が試合を支配した分、19-7で勝ちました。天王寺は攻め込むものの決め手に欠け、点につながりませんでした。前半終了直前、合同チームがゴールを越え、ゴールポスト下まで回りこんだボールをインゴールノックオンしてしまったのが最後まで響きました。トライしていれば、逆転して後半を迎え、流れが変わっていたかもしれません。

最後は、高津対太成学院大。84-0の高津の圧勝でした。バックスの差が歴然としており、後半は、回せばトライという状況でした。太成学院大のメンバー表には13人しか記載されておらず、単独チームにこだわった結果ではないかと思います。高津でも部員が24名ですが…。

今大会でも部員数が20名以下のチームが多く、それどころか、なんと61校が単独チームが作れないため、合同チームでの参加になっています。やはり、きつい、痛い、汚いは、今の若者には受け入れてもらえないのでしょうか?

日本でのワールドカップの開催に向けて、どうラグビー熱を高めていくのかが大きな課題だと言われています。あの新日鉄釜石、早稲田、明治、同志社、神戸製鋼等々に次々と現れたヒーロー、そして、それを盛り上げた熱烈なファン!

アマチュア規定が厳しくマスコミ等をうまく利用できないラグビーですが、サッカーのような協会組織を挙げての、仕掛けがいるように思います。

凍てつく中、大勢の観客が固唾を呑んだ花園の試合が懐かしいです…
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。