塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
関西大学連携浪速中学校ピンチ!③
2012-02-26-Sun  CATEGORY: 未分類
長々と進展がないまま進んだ関大と浪速の一件ですが、いよいよ大詰めを迎えたようです。

私は、11月に泉塾連の例会で、浪速高校の先生から、これまでの経緯と現状の説明をお聞きした後は、行く末を見守っておりました。

泉塾連での説明は、締結時からの流れをかなり具体的にお話しいただき、新聞報道に至るまでを詳しく述べられました。細かな内容は申し上げられませんが、私がその時にメモを取った内容の一部は、他のブログ等で明らかにされていることとほぼ同じです。この意味では、包み隠さずお話しいただけたのだと思っています。

私は、以前にも書きましたが、双方の利権がらみの顛末ですので、今後、どちらもがきちんと責任をとって幕を引いていただければと考えます。ただ、ドロ沼化する前に、いや、中・高入試の前に、これができなかったことで、罪はさらに重くなったと考えています。

昨日、浪速から文書が届きました。毎日新聞の記事を「大きな誤報」と書いてありましたが、反論などせずにすぐに法的な措置をとっておりますと簡潔に結んでほしかったです(法的な措置については一切書かれていません)。動揺を与えたことを詫びるのであれば、これだけで十分だと思うのです。

公立高校の学区が再来年全廃になり、入試制度も大きく変わることになりそうです。大学入試もこういった問題を機に変わるべきではないでしょうか!

今年、この高校を卒業する卒塾生が、パイロット校推薦で関大への進学が決まりました。一方で、公立高校に進学した卒塾生は、公募推薦でK大を押さえ、一般入試で関大に4回チャレンジしましたが、全滅でした。

中学時の成績を知っているがゆえにこの2人の明暗が心に残ります。もちろん、高校3年間を彼らがどう過ごしたのかは分からないのですが…。

まずは、指定校推薦をばら撒くのは止めるべきです。卒業生の人数以上に4年制大学への推薦枠を持つ高校がたくさんあります。中位、下位の公立高校でも、短大への推薦枠は使いきれていないのが現状です。推薦の定員が増えた分、一般入試が厳しくなり、なんとかその大学の面目が保たれているのです。

中学入試を目指し、難問に毎日泣きながら挑戦している小学生がいます。一方で、労せずに大学が決まり、遊びほうける高三生がいます。この不条理はあってはならぬものです。文科省は、推薦枠を減らし健全な入試バランスに戻すよう厳しく指導すべきだと思います。

私は、大学入試につまずき、浪人を経験しました。あの一年は、長かったです。下を向いて歩きました。とても不安でした。しかし、充実していました。

電車を降りて予備校まで歩く道すがら、仲間と俳句を作って遊んでいました。
わびしかな 試験単(シケタン)片手に 暮れる秋 (笑)

誰もが苦しさを経験し、強くたくましくなります。楽をして進学させたい親心も分かりますが、世の中を生き抜く力は絶対に必要です。

無論、今回の件は、それ以前の問題です。学校の企業化を推し進めるばかりに、常軌を逸してしまったのが原因です。そして生徒を衆目にさらし、さらに、辛い思いを重ねて合格した受験生の汗を濁らせてしまいました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント9
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-02-29-Wed 00:20 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2012-02-29-Wed 02:32 [EDIT]
私が書くことを躊躇した一文が気になられたようですね。
書き方を変えようかとも悩みましたが、指定校推薦に向け、自分で書いた志望理由書を添削してくれと持ってきた卒塾生の文章があまりにもつたなかったのを思い出し、書いてしまいました。

推薦入学を勝取った生徒が、全部遊びほうけているとは思っていません。評定平均や外部模試の基準をクリアしての決定です。労せずにはその成果は出せなかったはずです。

申し上げたいのは、推薦入学者数と一般入試入学者数のアンバランス、そしてあまりにも多様化しすぎた入試制度です。お子様が入学される大学にいくつの入学試験が存在し、いくつの選抜制度があるのかをお調べください。私の言いたいことがお分かりいただけると思います。もうここまできては、入試の公平性が保たれているとは思えないのです。

お子様の高校から付属大学への高い進学率は、私の耳にも入っています。先生方の手厚いフォローはもちろん、それに応えたお子様たちの努力があってこその数字だと思っています。

決して、すべての推薦入学者が楽をして入学し、遊んでいるとは思っておりませんので、ご了承ください。

コメント愛読者 | URL | 2012-02-29-Wed 14:04 [EDIT]
すべての生徒が希望学部に入れたわけではありませんのでもちろんつたなさや嘘八百の志望理由もありましたが修正を重ねて提出していました。
それはそれで就職の際にも役にたつ経験かもわかりません。

不公平など大阪だけといわれている相対評価の学校間格差で高校受験
で経験したくなくてもしているものにとっては、ある生徒にとっては
指定校推薦の制度は救いのある制度として残しておくべきだと思います。
不公平を保つ受験でないと嫌だというなら、国公立大にチャレンジすればいいだけの話ですよね。
「公立高校受験」には、不公平は充分存在しますが。

大学受験は中高一貫、浪人生とのガチンコ勝負。私大はそれらの生徒に「腕だめしに」受験されその大学を第一志望にしている生徒の席を奪われるという受験生のリスクがあります。
精神的、経済的にもそのリスクを避けたいという「親ごころ」だけでなく「親のふところ」というお金事情もあります。
親世代にはなかった制度ですが、あるなら、かしこく利用すればいいだけだと
思います。浪人してバネになる人間もあればそれがマイナスに向く人間もいます。そのバネがこの未曾有の不況を跳ね返す原動力になるかといえばどうでしょう?
せめてこのとうぶん暗い世の中に出る前にせめて思い切り大学生活を楽しんでほしいというのは甘やかしでしょうか?
辛い経験しか糧になりませんか?
「あれ、こんなとこに渡し船が流れ着いてる」「よくみればあそこに旗がたって道案内されているやないか」と
自分の性格、家の経済状況とも照らし合わせて、少子化大学全入時代なのですから進学するべきだと思います。
ロープーウェイで山に景色を楽しみながら登れる手段もあり、いや雨風にさらされファイト一発と崖を登りきるのが本当の山登りという考えもありで。
企業もファイト一発の方だけ採用しませんよ。
ロープウェイから見た山の景色、着くまでの発見や人の感性や会話を上手く表現したりできる人間をも求める企業もあるとおもいます。
この高校の入学説明会では「大学にいろんな入り方をしてくれていい。それで君たちがいろんな人間に出会えるんだから」と言われた言葉は
素直にこころに響きました。
明日は卒業式です。
コメント愛読者 | URL | 2012-02-29-Wed 14:05 [EDIT]
すべての生徒が希望学部に入れたわけではありませんのでもちろんつたなさや嘘八百の志望理由もありましたが修正を重ねて提出していました。
それはそれで就職の際にも役にたつ経験かもわかりません。

不公平など大阪だけといわれている相対評価の学校間格差で高校受験
で経験したくなくてもしているものにとっては、ある生徒にとっては
指定校推薦の制度は救いのある制度として残しておくべきだと思います。
不公平を保つ受験でないと嫌だというなら、国公立大にチャレンジすればいいだけの話ですよね。
「公立高校受験」には、不公平は充分存在しますが。

大学受験は中高一貫、浪人生とのガチンコ勝負。私大はそれらの生徒に「腕だめしに」受験されその大学を第一志望にしている生徒の席を奪われるという受験生のリスクがあります。
精神的、経済的にもそのリスクを避けたいという「親ごころ」だけでなく「親のふところ」というお金事情もあります。
親世代にはなかった制度ですが、あるなら、かしこく利用すればいいだけだと
思います。浪人してバネになる人間もあればそれがマイナスに向く人間もいます。そのバネがこの未曾有の不況を跳ね返す原動力になるかといえばどうでしょう?マイナス思考でしょうか?

せめてこのとうぶん暗い世の中に出る前にせめて思い切り大学生活を楽しんでほしいというのは甘やかしでしょうか?
辛い経験しか糧になりませんか?
「あれ、こんなとこに渡し船が流れ着いてる」「よくみればあそこに旗がたって
道案内されているやないか」と
自分の性格、家の経済状況とも照らし合わせて、少子化大学全入時代なのですから進学するべきだと思います。
ロープーウェイで山に景色を楽しみながら登れる手段もあり、いや雨風にさらされファイト一発と崖を登りきるのが本当の山登りという考えもありで。
企業もファイト一発の方だけ採用しませんよ。
ロープウェイから見た山の景色、着くまでの発見や人の感性や会話を上手く表現したりできる人間をも求める企業もあるとおもいます。
この高校の入学説明会では「大学にいろんな入り方をしてくれていい。それで君たちがいろんな人間に出会えるんだから」と言われた言葉は
素直にこころに響きました。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2012-02-29-Wed 23:31 [EDIT]
本当に言葉足らずで申し訳ありません。

私は、もう少し推薦枠を減らしたほうがいいと申し上げているので、ゼロにすべきだとは思っていません。

選抜方式ごとの大学入学者の割合をご覧ください。
http://eic.obunsha.co.jp/analysis/201107
入学者の過半数をAOと推薦入試から選抜している大学がいかに多いのかお分かりいただけると思います。

また、お子様が進学する大学は、私の母校です。
その母校を悪く思っている卒業生はいません。
良くなって欲しいからこそ、他校より厳しい目で多様化する入試制度の変化を追ってきました。

もう一度申し上げますが、私は、推薦と一般入試の割合を変えていく時であり、入試ガイドを一度見ただけでは理解できないほど複線化した入試は、見直すべきだと申し上げています。

どうかご理解いただきますようお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-03-02-Fri 02:28 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
旅立ち
コメント管理人 | URL | 2012-03-02-Fri 22:50 [EDIT]
お子さまにとって、かけがえのない4年間になることと思います。
おめでとうございます!
心からお祝い申し上げます。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-03-09-Fri 16:50 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ありえん
コメント管理人 | URL | 2012-03-10-Sat 12:34 [EDIT]
お怒り、ごもっともだと思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。