塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
学区全廃!②
2012-02-02-Thu  CATEGORY: 未分類
平成26年度、現在の中1生の受験から大阪府立高校の通学区を全廃することが決まりました。前回の松井府知事の25年度発言からは、一年の猶予期間がつきましたが、府教委や教育委員の意見は一切通らなかったようです。

これからは新しい入試制度が検討されることになります。昨年から、ハッキリと学区の制限を受けない専門学科は前期試験、学区内しか受験できない普通科と普通科総合選択制は、後期入試と色分けされたのですが、これからは、その必要もなくなります。

今までのように、前期・後期に入試を分けるのか、分けるのならどう分けるのか。入試日程はどうするのか。全廃といえども何らかの制限を残すのか。これから検討すべきことが山ほどありそうです。

泉塾連のK先生から、次のような新聞記事(読売2月1日)が届きました。

統一テスト、大阪府内の全中学生に 橋下市長

①大阪市の橋下徹市長は31日、府市統合本部で府立高校の学区撤廃を教育基本条例案に盛り込むことを決めたのを受け、「統一テストが必要になる。 今までのように序列化だめ、点数化だめなんていう建前論はなくなる」と述べ、府内の全中学生を対象にした統一学力テストの実施を検討する考えを示した。

②橋下市長は2014年度に府立高校の学区が撤廃された際の受験状況について、「学区を撤廃すれば、情報戦になる」との認識を示し、「自分はどの 学校に行けるのかを確認しないと(いけない)」と強調した。

③また、5段階の相対評価となっている公立中学の内申書について、絶対評価に変更するとも表明した。


①には賛成です。昔は府下一斉に実施される共通テストがありましが、三市一町とか市内統一とか範囲を狭めていき、最後、消滅しました。その細かな経緯までは知りませんが、運動会の入賞者がもらえた賞品や賞状がなくなったのと同じ流れなのだと思います。

この結果、個々の学力をはかるものさしは、小さなものなり、精度を欠くものになりました。現在地元の中学では、定期テストの結果は、本人の得点の下に校内平均と80点から90点までに何人という分布表やグラフまでになっています。また、一部の中学ではその分布表すら配られていません。

20年近く前、公立高校の合格発表を講師に分担して見に行ってもらいました。すると、ある生徒の受験番号がなかったと報告を受けたのです。私は、どう声をかけようかと思案し、意を決し電話をしました。

するとなんとも明るいお母様の声。「合格しました。本当にありがとうございました」受験番号を再確認し、ますます何だか分からなくなり、話を続けていると、なんとまあ受験した高校が違っていたのです。

私が、懇談で勧めたのは学区内で4番手の高校でした。ところが受験されたのはトップ高だったのです。力の差は歴然としたものがありましたが、低い倍率に助けられ合格されたのでした。

その生徒が通う中学が、まさしく通知表までも、「よくできる・できる・がんばろう」の三段階で評価する中学でした。これにより保護者も生徒も客観的な学力を把握できないまま、こんな受験をしたのでした。

私の責任でもありますが、この中学では、逆に多くの悲劇も生んでいることと思われます。保護者や受験生は、その結果がダメであっても、納得できる選択をしたいと思っています。こんな意味で、統一テストの復活が、より公正で信頼できる指標になるのであれば、ありがたいことだと思います。

また、私立高校にとっても願ってもないことです。現在、大阪の私立高校入試では、他府県にないシステムが続いています。これに関わるのが、受験生の中学での成績です。

ところがこの成績は、その中学だけのもので、他中学との比較ができません。各私立高校は、その取り扱いに苦慮しています。同じものさしが使えないのです。この結果、各中学校間の不公平感が否めないのが現状なのです。

どの程度統一テストの結果を反映させるのか、それもまた問題ですが、現在よりもより受験生の実力を知る材料になるのは、間違いありません。

②、③については次回、書きたいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。