塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
揺れる大阪府公立高校入試!②
2012-03-30-Fri  CATEGORY: 未分類
大阪府教委:府立高入試前倒し 来年から1週間程度(毎日新聞3月29日)

大阪府教委は28日、教育委員会議を開き、府立高校の入試日程を来年から前・後期ともに現行より1週間程度繰り上げることを決めた。 来春入試は前期が2月20日(今春は2月23日)、後期は3月11日(同3月16日)に実施される。また募集定員も、現在後期のみで実施している普通科などの試験を一部前期でも実施し、前期の比率を高める。

大阪府内では府立学校の定員割れが深刻化しているが、府教委は府の私立高校授業料無償化に加え、私立の入試が例年2月10日で府立よりも早く実施されるため「進路を早く決めたい受験生の心理が働き、府立から私立に流れた」と分析し試験日程の前倒しを検討していた。有識者などからは「公私で同一日程にすべきだ」などの意見もあったが、府教委は「公私で日程の繰り上げ競争が起こりうる」などとして、1週間程度前倒しすることとした。一方、募集定員の比率は現在、前期が3割、後期が7割程度だが、前期を最大で5割近くまで引き上げることも決めた。


記事を読むと、公立の身勝手な考えが分かります。私立の入試が先だからという理由だけで、生徒は私立高校に流れているのでしょうか?答えはNO!です。公立に魅力がないだけなんだと思っています。

にもかかわらず、同一日程にするなんて…。本当にやってみてほしいです。定員割れする公立高校が続出することでしょう!さらに、入試日程の繰り上げ競争が起こりうるだなんて…。喧嘩をふっかけておいて、双方のけが人の数を心配しているようで情けない限りです。

これくらいの入試日程の前倒しはすぐにできると誰もが思っていました。入試から一週間後の合格発表、これが遅すぎるからです。私立中入試では入試の夜に合格発表をする学校があります。2千人近く受験する私立高校でも合格発表は入試の2日後です。何で受験生が400人にも満たない公立高校が一週間もかかるのでしょうか?これを三日後にやれば、前期と後期の間は簡単に縮めることが出来るのです。

また、来春の前期入試の合格発表は一日早くなり、入試の6日後になります。(後期は例年通り7日後)入試科目が3科目になるからという理由なのでしょうが、事務処理を迅速化する気が全くないことが分かり、ガッカリしました。

どんなに立派な制度に変えても、それを使う人や組織が変わらなければ、また次の問題が必ず出てきます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-03-31-Sat 15:13 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-03-31-Sat 16:08 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。