塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校入試③
2012-11-27-Tue  CATEGORY: 未分類
先日、関西私塾教育連盟のオープンセミナーに参加しました。

内容は、公立高校の校長先生とテスト会社による講演会でした。校長先生のお話はもちろんですが、テスト会社のデータに基づく来年の予想は、説得力がありとても有益なものでした。

来年の公立入試の予想
①前期普通科募集の高倍率化
②これまでの前期選抜学科の倍率低下
③後期選抜の倍率低下
④私立専願者の減少

この予想だと来年の入試で恐いのは、公立前期入試だけということになります。
前期入試では、高倍率の普通科高校が並び、イレギュラーの不合格者を多数生むことになるでしょう。

そして、この不合格をまともに受け止めた生徒ほど、後期受験校を安全に下げます。

後期受験校を決める懇談では、生徒の総合的な学力にあった高校を勧めますが、「100%大丈夫か!」と迫られれば「絶対!」とは言い切れず…。

そうやって下げた後期受験校。願書受付が終ってみると、希望していた高校は、思いのほかの低倍率で…。受検するべきだったと後悔しても…なんてことに。

私立の募集定員に続き、公立の募集定員も発表になりました。4学区では、岸和田360、金岡360、高石360が1クラス増員になり、鳳320が1クラス減ることになります。

また、今年度同様、泉陽は400名の募集です。前期で80名とっても後期で320名も募集することになるのです。

上位校は別として、募集定員が多い⇒後期の募集定員が多い⇒より低倍率な後期入試へ

個人的な大胆予想!「銀の匙」というマンガが爆発的にヒットしています。コンビニに置いてあるほどです。架空の農業高校を舞台とした話なのですが、私もはまってしまい全巻そろえています。そこでこの「銀の匙」効果で農芸高校が高倍率になるのではないかと思っています。!



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。