塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
体罰について思う②!
2013-01-16-Wed  CATEGORY: 未分類
指導者と生徒との関係、これは部活動だけでなく、教室でもそして塾でも変わってきています。
その変化を捉え、理解した上で変えるべきなのでしょう。

私の大好きなラグビーの話で恐縮ですが、高校ラグビーで前東福岡高校の監督さんと毎年全国大会の切符を争う筑紫高校の監督さんがマスコミで取り上げられました。

筑紫高校の監督さんは、大声を張り上げ叱咤激励し、生徒をグイグイ引っ張るのに対し、東福岡の前監督さんは、穏やかに見守り、生徒自身に次のプレーを考えさせるタイプなのです。

ミスを指摘し正しかった選択を示すことは、受け手の生徒がまた同じ失敗を繰り返さないために必要なことです。しかし、別の局面ではどうしたらよいのかが分からない。

これに対し、何故こんな結果を招いたのかを生徒自身が考え、打開策をもとにプレーを修正する。これは、様々な局面に応用できる力になっていきます。

そんなことは誰もが分かっているのですが、その生徒の自発的な考えやプレーを悠長に待ってはいられないというのが本音ではないでしょうか。

長男のラグビー部の先生は、どちらかというと東福岡タイプ、次男の先生は筑紫タイプです。長男は、試合中に声を荒げる次男の先生を見て「俺はこの先生のもとでは続かなかった!」と言いました。しかし、しょっちゅう先生のことを話題にする次男には、とても合っているのです。

指導者としての品格に加え、指導者と生徒との相性も重要なのだと思います。学校では、三ヶ月ごとに担任が変わることが理想だとする意見もあります。

塾は簡単にやめられますが、学校やクラブはやめられない。しかし、不可能なことではありません。まわりにそんな彼の苦悩を理解し、別の決断を勧めていればよかったのかも知れません。

また、進学前にその先生がどんな名将であれ、自分の子に合った先生なのかどうかを判断できればよかった…。いやいや、そこまで考えるのは難しいですね。しかし、クラブ推薦で進学するお子様なら、先生の指導法やチームのカラー、練習に参加してその雰囲気を知ってから入学を決めるべきでしょう。

混沌とした時代に、スポーツだけでは生きてはいけない。そう思いつつ、一生懸命に打ち込む子供の姿を見ると、志望する高校で続けさせてあげたいと思う親心も分かります。ですが、学業とスポーツ、二兎追うことが厳しい現実としてのしかかってきます。このことを親が十分理解し、その後のことも視野に入れて判断すべきだと思います。

今回の事件の背景には、こんな一面もあると考えるとともに、指導者として襟を正そうと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。