塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
岸和田と泉陽!
2013-02-15-Fri  CATEGORY: 未分類
さて、公立前期入試の願書が締め切られました。この結果、平均競争倍率は、前期全体で2.19倍、普通科平均で3.74倍。定員しかとらない公立では、これが実質倍率になります。

今年から普通科でも前期入試が実施されることになりました。泉陽の倍率が5.54倍、363人もの受験生が不合格になります。さてこの入試によって泉陽の難易度が変わり、岸和田との位置関係がどう変化するのか?気になるところです。

現状で、某テスト会社の偏差値表によると、岸和田普通科ss64、泉陽普通科ss62となっています。これに加え前期の岸和田文理学科ss67。

今年から80名を募集する泉陽の前期の難易度をどう判断すればよいのでしょうか?

昨年の岸和田文理学科の合格者の内申平均が8.7、普通科の内申平均が8.8。これに対し泉陽の平均が8.1.内申だけで判断すると、岸和田の優勢がみてとれます。

問題は、今年のこの5.54倍の難関を突破する層がどれほどの学力かということです。

昨年岸和田文理学科を受験した生徒は419名(倍率2.62)、今年は383名(倍率2.39)。三国丘文理も昨年439名(倍率2.74)、今年は391名(倍率2.44)と僅かに減っています。この差の約80名をどうみるのかが微妙なところです。

また、泉陽の前期は募集が80名、これに対し三国丘、岸和田は倍の160名。合格の可能性を考えると倍率の低い文理学科に挑戦したい気もします。しかし、難易度を考えると泉陽のほうが…。

生徒は、自分の中学内での成績を把握しています。この結果、以前は、最上位生から順に受験校が下がる傾向が強くありました。ところが実力重視の文理学科出現によって崩れました。これは、岸和田の文理学科合格者の内申が、普通科の内申より0.1ポイント低いことからも分かります。

難しいです。

単純に岸和田の前期文理学科はss67、後期普通科より3ポイント上になります。泉陽に3ポイント加えると前期はss65ということになり、岸和田後期普通科を上回ることになります。

判断に苦しむのは、受験生の動向です。4学区制がとられてから岸和田を受験していた上位層が三国丘に流れました。これが一昨年の文理学科の登場でまた戻ることに…。さらに今年は、泉陽が前期入試に参入することでまた…。

この泉陽の高倍率は、地元志向の強い現状からすれば岸和田から泉陽に動いた生徒の多さを表しているのかもしれません。また、今年から調整校の人数制限がなくなり、大阪市内南部等からの他学区受験生が増えた結果だとも考えられます。泉陽に地の利があるのです。市内南部からは、自転車でも通えます。

色々考えてみると、泉陽が難しくなる条件が多いようです。岸和田との逆転までは難しくとも、今以上に人気が高まることでしょう。

今年の合格者の分析が待たれるところですが、80名の合格者は、岸和田文理160名とそれほど変わらないのではないでしょうか?

少し気になるのは、大手塾の進学指導です。文理学科の合格者数を競う大手塾は、今後も文理学科を推すことでしょう。しかし、文理学科に入り落ちこぼれることよりも、普通科内で競い合う事が今の公立の指導体制から考えると生徒にとって良い結果につながると思っています。

こんなことを考えるより、公立入試を見直すことが先決ですよね!今年のような入試は即刻変えていただきましょう!入試制度を含め学科そのものも変えていく必要に迫られています。

お粗末でした!
ページトップへ  トラックバック0 コメント16
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2013-02-15-Fri 13:30 [EDIT]
天王寺理数科廃止は4学区の最上位受験生に影響がありましたか?

単に天王寺理数科受験が天王寺文理科受験に切り替わっただけでしょうか?

それとも天王寺志向が弱まり三国丘回帰が見られるのでしょうか?
コメント | URL | 2013-02-15-Fri 23:47 [EDIT]
前期後期に分けて試験をする意味がわかりません
前期日程で全部の公立高校の定員をしけんするわけには、いけませんか

力不足だったのでしょうが、前期も後期も8割行けるだろうって落ちてしまったダメージは想像を絶するものでした

誰のための、入試なんでしょうか 高校の評判のための入試ですか
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-02-16-Sat 00:09 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-02-16-Sat 03:30 [EDIT]
天王寺と大手前の理数科だけの時代は、貝塚市辺りからも天王寺に通う生徒がいました。
しかし、募集80名に府下全域から集まっていたわけですから、倍率も4倍を超え、南部からの生徒はほんの一握りの最上位生だったわけです。
その生徒たちが三国に流れているかの分析は難しいですね。

ここに文理学科の追跡資料があります。
受験生の偏差値分布は見た目はほぼ同じです。
学区外からの受験者はどちらも数パーセントです。
しいてあげるならば、偏差値75以上の割合が天王寺12.4%、三国丘8.5%というところでしょうか。

わたしは、天王寺志向は弱まり、三国丘回帰になっているように思います。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-02-16-Sat 05:40 [EDIT]
泉陽にどれだけの生徒が流れたのかは分かりません。

しかし、3学区の住之江地域からすれば天王寺までは、自転車で裏道を抜けて約30分で行けますが、高津へは自転車では無理です。地下鉄で40分かかります。大和川を超えることに抵抗がない人は、泉陽を考える人もこれから増えるのではないかと思っています。

岸和田の文理学科へ入学した生徒は、明らかにそれ以前よりも上位の生徒が入学しています。問題は、その生徒達を伸ばせたのかです。天王寺や大手前は理数科でそのノウハウの蓄積がありましたが、正直、急に決まった文理学科一期生への指導は、各校手探りだったと思うのです。わたしの知りうる限り、伸び悩んでいる層がいるのも事実です。(普通科でもそうですが…)

どこまでの実績を来年出してくれるのか、楽しみにしています。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-02-16-Sat 05:54 [EDIT]
同感です!

落ちて知ることも多いでしょうが、入試にわざわざ格差をつけてイレギュラーな不合格者を増やしているのですから、納得がいきません。

今回の前期入試では、落ちて自信をなくし、後期の受験校を下げる受験生やもう後期は受けたくないと私立に行く生徒が増えることでしょう。

そして、その数が多いほど、志望通りの進学ができなかったことになります。
心の傷はもちろん、その後の高校生活を考えると、その影響は計り知れません。

カッコだけつけようとした結果です。浅はかな考えで受験生を右往左往させるのは、もう止めていただきたいですね!
コメント | URL | 2013-02-18-Mon 21:50 [EDIT]
文理科の廃止や入替、または拡張(文理科対象高校の追加)
などは議論に上がってるのでしょうか?
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-02-18-Mon 23:00 [EDIT]
いや聞いていません。
当初から入れ替えは条件に入っていますので、時期が来れば見直しされるのでしょう。

変わりそうなのは、現在ある普通科総合選択制の高校を総合学科や普通科専門コースへ改編することです。
こちらは動き出しているようです。
コメント | URL | 2013-02-18-Mon 23:18 [EDIT]
御回答、ありがとうございます。

そもそも、文理科の入替などは実現不可能じゃないでしょうか?

府教委が、文理科という御墨付きを与えている訳でするから、
必然的に優秀な生徒が集まる訳で、茶番としか思えません。
文理科と単なる普通科では、初めからハンデが有り過ぎの
ような気がしますが。

先生の御指摘通り、学区撤廃により、泉陽が岸和田に何処まで
肉薄するか、そこには非常に興味はありますが。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-02-19-Tue 15:33 [EDIT]
おっしゃるとおりです。

当時、2校の理数科に集中していた受験生を分散させることが狙いだったのでしょうが、現在の公立高校の指導体制では2コース制のメリットを活かしきれません。

ですから来年の結果を見るまでもなく、文理学科を廃止する方針を固めて欲しいと考えています。
優秀な生徒が集まれば、それなりの進学実績を残すのは当たり前で、どこに作っても、誰が教えても同じだと思うのです。

差をつけずに、すべて普通科で競い合うことこそ現場にも活気がでるのではないでしょうか?
コメントうーん…。 | URL | 2013-02-19-Tue 20:58 [EDIT]
色々見てみると、鳳、市岡の普通科単位制が最も理想的かもしれません。

入試問題をAB選択にして、文理学科校を普通科単位制にして前期入試一本にすれば今語られている問題も結構解決するような気がします。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-02-19-Tue 22:04 [EDIT]
そうですね!

前期・後期で選抜するのなら、どちらも5科目入試にすべきだと思います。前期は3科目に統一されてスッキリしたように見えますが、前期校を目標にしてきた不合格者は、後期5科目を逆に負担に感じることと思います。

普通科単位制は、その優れた点をまだアピールできていません。
逆に、2、3年時の自由選択科目の決定には、早期からの準備と時間が必要なようです。
また、100を超える選択科目の開設には、内部の教員だけでは対応できないという問題もあります。

魅力ある良いシステムなので、その特長を活かして結果を出し、その存在を示して欲しいと願っています。
コメント | URL | 2013-02-20-Wed 13:13 [EDIT]
前期普通科の入試では内申比重が高く、試験問題も平易…これで優秀者が選別されるとは到底思えません。内申が不十分な学力のある受験生は文理学科を受けるしかありません。
高内申であれば、学力のそう高くない受験生でも合格する可能性のある試験だと感じます。泉陽前期の合格者の実体を知りたいです。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-02-20-Wed 17:54 [EDIT]
現在の内申については、私も思うことがあります。

中学での評価が他府県のように絶対評価に変わります。
今後、この評価を内申としてどう扱うのかが決まります。

絶対評価により中学校間のばらつきが大きくなるわけですから、そのまま使えない評価になります。
入試には相対評価を使うのか、このばらつきを何らかの数式用いて修整するのかは分かりませんが、どちらにせよ、中学校間の格差はなくなりません。

それならば、絶対評価の導入を機会に、内申比率を下げるべきだと考えています。
コメント | URL | 2013-03-01-Fri 05:46 [EDIT]
他地区での同業者です。いつものご高察を感心しながら拝見しています。

少し気になった箇所がありました。
泉陽への3学区からの調整は堺市美原区からだけではないのでしょうか?
3学区全域から泉陽へといのうのは初耳です。

今年度は、学区撤廃に先立ち人数制限が撤廃されただけではないでしょうか?
ご指摘のとおり来年が学区撤廃でアクセスがよく、同レベルの強力な競合校がない泉陽が大阪市内南部・松原市や南海高野線から人気を集めるのではないかという予想はさすがのご慧眼だと感服致しました。

学区撤廃で、泉陽のようなアクセスのよい立地の文理学科の次善校レベルの高校に人気が集中するのではと私も考えています。

北摂の春日丘
北河内の寝屋川
市内の清水谷

あたりは伝統校である種のプランド性もあり、立地も環境もよいので
泉陽と同様に人気を集めるように思われます。

ただ、どちらの高校も変化の萌しはあるのですが
進学指導よりも明朗な校風の維持を
名目に生徒を厳しく伸ばす気風に欠けるのが残念です。
そこそこ優秀な生徒が集まり、いわゆる温泉・牧場という
気風が根強く残っているようです。

そちらの泉陽は変化・進化しつつあるのでしょうか?
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-03-01-Fri 15:50 [EDIT]
ご指摘の通りです。
お恥ずかしい次第です。
美原区からの調整が昨年までは6人でしたが、今年からこの枠が取れました。
他にも、ありましたら、ご遠慮なく御指摘下さい。

泉陽に関しては、私も不満があります。
卒塾生で、難関私大に現役で進学した生徒もいますが、大半は流されてしまって中学時の成績から考えるとちょっと不本意な進学先の生徒が多いです。

ここに限らず、温泉・牧場ムードはトップ校にも溢れており、生徒の自主を重んじ、自律を期待されるばかりで、その結果が伴っていないのが現状だと思います。

それでも何とか踏ん張って、浪人してでも目標に向かう、そんな気概を持つ生徒を増やして欲しいです。

御指摘有難うございました。
誠に申し訳ありません。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。