塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府高校入試《ボヤキ編》③
2013-02-23-Sat  CATEGORY: 未分類
公立高校入試の問題点の一つに、入試問題の難しさが挙げられます。前期入試を終え、あまりの出来の悪さにやる気をなくす受験生も多いのです。今回はその問題について書きます。

20日の前期入試の数学の問題を解いてみました。難し過ぎるとの声を受けてか、例年より少し易しくなったようです。文理学科・理数科・総合科学科・国際文化科・サイエンス創造科が受けた難しいほうの問題は、昨年までは考え込むものが1、2題含まれていました。しかし、今年はすんなりと解法が見えてくるものばかりでした。

実際に解いていただきたいのですが、昨年までの状況だと文理学科合格者平均で5割程度しかとれない問題です。国語や英語の平均と比較すると2割以上の開きがあります。

この問題が総合科学科やサイエンス創造科の入試問題なのです。理系の学科だからとの判断でしょうが、受験層の学力を考えれば無理があることがお分かりいただけると思います。さらに今年から文系学科である国際文化でもこの問題が使われました。

実際に問題を解くと色々なことが見えてきます。

まず、問題そのものに古臭さを感じます。私が解けたのは古臭い(腐ってはおりません)からです。昔、演習した問題と似ているのです。何故そう感じるのか?その理由の一つに、図形の問題の多さがあります。配点の半分以上が図形の問題なのです。

受験生は、図形の問題が苦手です。これは面積や体積を徹底して学習していた小学校が、その量や質を落とした結果だと考えます。以前は、6年生の後半は、面積・体積に多くの時間を割いていました。また、3.14を使った演習を多く積むことで、計算力をつけて中学に進学していたのです。

この蓄積のない受験生に、複雑な図形や空間的な思考を要する問題は酷なのです。実際、このような問題は教科書になく、中学校で学習することもありません。

この現在の受験生と入試問題とのミスマッチが大きな問題です。

次に問題文の長さです。張りつめた緊張感の中で、長文の問題説明は可哀想です。もう少しわかりやすく手短にしてもらいたいです。なんとでも書ける内容が、一々細かに長々と説明されています。問題を最後まで確認せずに解く受験生も多いのではないのでしょうか?条件をまとめて示し、中学生に適した表現にして欲しいと思います。

さらに、問題数です。難しい問題で15題(60分)、易しい問題で22題(40分)です。

以前、塾仲間で集まり中3生に実施する模試を5科、5回分作った経験があります。この時の問題数が数学33問(50分}でした。生徒の真の学力を判断できる、小さなミスが響かないテストを作ろうと考えた結果でした。今回の入試問題の配点は、証明や求め方を書く問題で5点、単問で4点がありますが、100点満点に換算すると10点、8点になるわけで、この差は大きく合否に響くことになります。

幅広い学力層に対応し、各高校の学力層間に差が出る問題であること。とても難しいと思いますが、そのためには、それなりの問題数は必要だと考えます。もう少し配点を小さくして問題数を増やすべきです。

具体的には、易しいほうの問題で普通の中学生が解けるであろう問題が13問(18点)というところでしょうか。100点満点に換算すると36点ということになります。おそらく、中位から下位の高校では部分点を減点法ではなく加点法で加えて調整するものと思われます。

それからいやらしい問題が2問、易しいほうの3(2)、傾きと考えるとマイナスになりますが、速さと考えればプラスになること。それから難しいほうの2(1)、昔よく出た直線の傾きを変域で答える問題ですが、あといを逆に書いてしまった受験生がいると思います。折角答えにたどり着いて、最後の最後で間違える問題はいらないと思うのです。

大阪府教育センターが後期入試の合格者の平均点を発表しています。平成22~24年度後期入試の各科の平均点は、国語60.2、社会60.9、数学A38.2、数学B47.1、理科51.0、英語A50.0、英語B65.5になります。

前期の平均点が知りたいです。サイエンス創造科だけでも…。また上の数字は、適しているようにとれますが、合格者の平均点であること。さらには、数学同様、国語にはあいまいな採点基準が多く見受けられ、各校の裁量で採点が行われているのです。本当の実態を調査し理解した上で、入試問題を作って欲しいと考えています。

今年は、昨年の前期より、約7000人の定員増がありました。ところが、受験者は22000人以上増えたのです。前期受験者数は昨年の2倍以上になりました。この難しい問題によって、自信をなくし、やる気をなくした受験生が何人いることでしょう。

変えましょう!こんな入試問題!

いつやるのか?
今でしょう!
ページトップへ  トラックバック0 コメント14
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-02-24-Sun 11:33 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ご指摘御尤もだと思います。
コメント管理人 | URL | 2013-02-24-Sun 12:32 [EDIT]
A・B・Cの3段階の難易度の問題を作り、各高校に選ばせる。
大賛成です!

業者模試でも、どの層をターゲットにするのかでそのテストの信頼度が決まります。
中位層に合わせると下位と上位層に差がでないからです。
文理学科設置以後、上位生向けのテストが氾濫しているのはこのためです。
下位生向けのテストがないのは、採算がとれないからだと思います。

入試は違います。
その生徒の学力を公正に判断できる「ものさし」であるべきものです。
ですから下位生向けの問題があって当然だと思います。

また、教科による平均点のアンバランスは、不公平な入試を生みます。
何を隠そう私も数学によって大学に合格できたようなものです。

さらに、あいまいな採点基準では、公正な入試とはいえません。
誰が採点しても同じになるような入試問題に近づけるべきだと思います。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-02-24-Sun 14:49 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: はじめまして、こんにちは
コメント管理人 | URL | 2013-02-24-Sun 17:57 [EDIT]
数字の理解に苦しんでいます。7から7.5割とは入試の得点のことでしょうか?
今年の配点は、各科100点に小論30点の330点満点です。
350から360点ほどというのは調査書を含めた総合点のことでしょうか?

昨年の追跡資料を今年の配点に換算すると、合格者平均の内申138(150点満点)、入試得点194(300点満点、小論除く)合計点332点(450点満点)になります。

合格者平均ですので、これ位あれば安全圏というところでしょうか。
ご参考になれば幸いです。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-02-24-Sun 18:01 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして
コメントバタースコッチ | URL | 2013-02-25-Mon 13:33 [EDIT]
今年中3の次男が、先日の大阪公立前期入試で、サイエンス創造科を受けました。
過去問を見て覚悟はしてましたが、やっぱり数学が次男にとっては「超」難しく・・・もう「受かる気がしない」と落ち込んでいます。
五木などの結果から、そう厳しくないと判断してただけに、母親としてもかなり動揺しております。

ただ理科が好きなだけで、それほど勉強できる方ではないわが子が、文理学科と同じ問題で試験を受けると知った時、何か情報ないものかと色々検索して、コチラのブログにたどり着きました。
先生の言葉に「ホントにそうだ!」と頷いてばかりです(゜ー゜)(。_。)ウンウン

当方3学区なのですが、学区撤廃になってから末娘が高校受験を迎えるので、今後も時々覗きに来させて下さい♪

それにしても、サイエンス創造科の数学の平均点、
私も知りたいです~!!
Re: 言葉足らずですみませんでした
コメント管理人 | URL | 2013-02-25-Mon 16:10 [EDIT]
伝統ある良い高校です!
明日の合格を祈っております。
Re: はじめまして
コメント管理人 | URL | 2013-02-25-Mon 16:34 [EDIT]
ありがとうございます。

この高校は、校舎も新しく、各設備も充実しています。
大学へ進学、就職した卒塾生へは、しっかりフォローしていただきました。

明日の発表が待ち遠しいですね。
文理科入試について思うこと
コメント躁介 | URL | 2013-03-01-Fri 19:05 [EDIT]
現状のように10校に文理科160人コースを作るより、天王寺、大手前にあった理数科を、北野、三国丘、茨木、四條畷の4校にも作ればいいだけだと思います。※豊中、高津、生野、岸和田の4校には敢えて理数科の設置は不要と個人的に思います。

そして学力検査も、「主要3教科+小論文」ではなく、東大や京大の二次試験教科の配点比率に合わせ、「国語80点+英語120点+数学120点+理科120点、合計440点」を基本ベースにすればいいと思います。どうしても小論文を入れたいのなら国語80点の中の15点分を小論文配点にすればいいでしょうし、学校によって「国語90点+英語120点+数学150点+理科80点、合計440点」などと教科毎の配点差をつけてもいいかも知れません。

現状のように10校が一律同じ方式ではなく、高校毎に配点比重を変えて「どの教科が強い生徒がほしいのか?」を高校毎にもっと明確にし違いを出すべきだと思います。

内申点は学力検査のある4教科は5点満点、その代わり学力検査のない社会は30点、副教科は15点×4教科、合計110点満点にする。内申の評価は中学のレベルによりかなり不公平感があると思うので、内申点の比重は学力検査点に比べて極力少なくするのが個人的にはいい(異論は多々あるでしょうが)と思います。

ボーダーラインでのややこしい設定はなしにして、「学力検査点440点+内申点110点=合計550点」の成績上位80人を順に合格にする。実質的に国立大学の二次試験で必要な理系4教科の学力試験の成績で決まる「ほぼ一発入試制度」になりますが、理数科生徒の最終目標となる可能性の高い「東大・京大・阪大・国公立大医学部医学科、及び旧帝大、神戸大」系入試の二次試験配点とセンター試験の比重にできるだけ合わせるのが妥当なように感じます。そういう配点の入試が嫌なら普通科なり他の高校を選択すればいいだけです。

そうなると、2013年度の「学力検査点7:内申点3」の比率より更に学力検査の比重が高い「8:2」の比率になってしまいますが、実力を重視するにはそれ位の差をつける方が私は妥当だと思います。内申点の高さ(女子生徒に多く見られる傾向)で理数科に入っても、数学で躓いてついていけず文転する生徒は毎年10%~15%近くいるように思います。

北野、天王寺、大手前は「学力検査点8:内申点2」の比率、茨木、三国丘、四條畷は「学力検査点7:内申点3」の比率にするとかでもいいかと思います。どっちの比率の方が合格の可能性が高いかを各自が判断し、北野か茨木かを選択し、大手前か四條畷かを選択し、天王寺か三国丘かを選択できるようにすればいいと思います。
Re: 文理科入試について思うこと
コメント管理人 | URL | 2013-03-01-Fri 23:27 [EDIT]
おっしゃるとおり160人で10校=1600名の文理学科は多すぎます。その結果、偏差値50台の生徒が合格しているのが現状です。絞り込むことで最上位生だけの文理学科を作り、競わせるのは、良い結果につながるかもしれません。

ただし、公立でどこまでを求めるのか?そして、どのレベルまで上げれるのか?という問題があります。

天王寺と大手前時代でも、あれほど優秀な生徒を集めておいて、その進学先には不満がありました。

私は、公立高校の指導を批判するのではありません。学力以外にもこの時期に身につけるべきものがあります。またかけがえのない青春ど真ん中の三年間でもあると思うのです。

長男は、クラブに明け暮れた結果、浪人して大学に進みましたが、彼を羨ましく思う事があります。それは友人関係です。長男はそれほど人付合いが上手くなく、友達のこともあまり話しませんが、ある時、友人のこと褒め称えていました。そして一方で、その友人がうちの長男のことを「あんなヤツを友達に持てて誇りに思う」と言っていることをお母様から聞きました。

おちょくり合っている姿しか見たことがありませんが、お互いを認め合い、尊重し合える友人関係を持てた長男をうらやましく思うのです。

ですから、進学指導一辺倒はどこぞの難関私立にまかせて、公立には今の良さを残して欲しいと考えています。親は身勝手なもので、部活に励むことを許しながら現役での難関国公立への進学を期待します。しかし、私たちも経験したとおり、この両立は極めて困難なものです。一部のほんの一部の自分をしっかり持ち、要領よく時間が使える優秀な生徒だけに限られるのです。

なんか話がずれてしまいました。申し訳ありません。

私は、今のトップ校に不満を感じつつ、一方ではその良さを大切にして欲しいとも考えています。文理学科と普通科を併設するのではなく、一つにまとめてしまう方が、生徒も先生も幸せなのではないのかと思っています。文理学科を残すなら、その学校すべてを文理学科にしてはどうでしょうか。
Re: 文理科入試について思うこと
コメント躁介 | URL | 2013-03-02-Sat 10:26 [EDIT]
>ただし、公立でどこまでを求めるのか?そして、どのレベルまで上げられるのか?という問題があります。

公立でできるレベルはやはり知れていると思います。公立高校側に何かしてくれることを期待するのではなく、難関学科に合格した生徒同士が「自主的に切磋琢磨仕合える場」になればいいという程度に捉えています。本当に優秀な生徒は高校側に過度な期待などせず、自らを鞭打って努力し続けるものだと思うから。

>天王寺と大手前時代でも、あれほど優秀な生徒を集めておいて、その進学先には不満がありました。

正直な感想として理数科生徒の6割(48人前後)は優秀と言えますが、残りの4割はそれ程でもない(期待はずれ)と思っています。理数科入試の「内申点190点+学力検査点180点=合計370点」という「内申点:学力検査点=5:5」という入試で合格する80人中の下位クラスの生徒は、数学でついて行けず文転したり、高校三年間で伸び悩む傾向があるように思います。

>私は、公立高校の指導を批判するのではありません。学力以外にもこの時期に身につけるべきものがあります。

仰る通りだと思います。人間的に優れた生徒は学業だけでなく人間性を磨くことにも力を入れて高校三年間を過ごすものです。理数科生徒は「高校三年間勉強ばっかりのガリ勉」というイメージが当初ありましたが、全く的外れで結構クラブに所属し高校生活を楽しんでいるように感じました。逆にガリ勉タイプの方が伸び悩む(という皮肉な)傾向があるのかも知れません。

>友人がうちの長男のことを「あんなヤツを友達に持てて誇りに思う」と言っていることをお母様から聞きました。お互いを認め合い、尊重し合える友人関係を持てた長男をうらやましく思うのです。

人間的に成長できる高校時代を過ごせたら最高ですね。長男さんのような真に優れた方に日本を牽引して行って貰いたい位です。

>進学指導一辺倒はどこぞの難関私立にまかせて、公立には今の良さを残して欲しいと考えています。

高校の授業料無償化が永遠に続けばいいのですが、いずれまた元に戻るような気がしてならないのです。生徒達がみな、授業料などの心配を一切することなく行きたい高校を受験できれば申し分ありませんが、現状どうしても(お金のかかる)私立を滑り止めにし(学費が安く済む)公立を本命にせざるを得ないような気がします。

>私は、今のトップ校に不満を感じつつ、一方ではその良さを大切にして欲しいとも考えています。文理学科と普通科を併設するのではなく、一つにまとめてしまう方が、生徒も先生も幸せなのではないのかと思っています。文理学科を残すなら、その学校すべてを文理学科にしてはどうでしょうか。

仰る通りだと思います。トップ校10校に文理科を作って1600人の進学実績を上げようとしても、天王寺&大手前の理数科160人の実績でさえ満足行くものではなかったのですから、99%期待はずれの結果になるでしょう。数年後には大幅に改められるような気がします。北野文理科の一人勝ちで後の9高校は現状とほぼ変わらないか逆に悪くなった...という結果になるだけのような気がします。
Re: Re: 文理科入試について思うこと
コメント管理人 | URL | 2013-03-02-Sat 16:55 [EDIT]
ありがとうございます。

私も気になっているのは、授業料無償化が今後どうなっていくのか?文理学科の成果がどうでてくるのか?そして、大阪の公立高校入試がどう変わっていくのか?です。

行政サイドの思惑ばかりが反映され、保護者や受験生がないがしろにされている現状を早急に改善して欲しいです。
コメント躁介 | URL | 2013-03-04-Mon 22:34 [EDIT]
>文理学科の成果がどうでてくるのか?
難関理数科2校(定員160名)を無くし、文理学科を新たに10校(定員1600名)作ったからと言って、10校全ての大学進学実績が全体的に均等にアップ訳ないでしょう。

難関私学に流れていた優秀層の内、何%かは公立文理学科(特に北野文理学科へ)に進学するかも知れませんが、今までなら北野普通科を受験できなかった大手前理数科・普通科トップ層や茨木普通科上位層、高津・四條畷普通科上位層...総合計50名前後が北野文理学科に流れるように思います。

そして北野高校全体の実績は、東大及び国公立大医学科合計27名前後、京大78名前後、阪大70名前後、神戸大34名前後...合計210名前後の実績になると予想しています。

天王寺文理学科もそれまでより30名前後の優秀層が流入し、進学実績を1割~1.5割近く伸ばすと予想しています。北野が突出し、二番手に天王寺という図式でしょうか。

北野と天王寺が実績アップした分逆に、三国丘は現状の実績より1割前後、大手前は1割~2割前後、茨木、高津、四條畷は1.5割~2.5割前後実績を落すのではないか?と思っています。優秀層を他校文理学科に取られてしまうような気がします。

生野、豊中、岸和田は文理学科ができても今までとあまり変わらないのでは?と思っています。10校トータルで見た場合、文理学科1600名の効果はせいぜい5%~10%程度ではないか?と私は予想しています。

>そして、大阪の公立高校入試がどう変わっていくのか?です。
文理学科の成果が数%で終ったとして、それを成功と見るのか?失敗と見るのか? 橋下市長にすれば母校の北野が大躍進すればそれだけでも成果を出せたと思うでしょうが、その他天王寺以外の8校にしたらとても納得できないのではないでしょうか?市長が代われば文理学科の在り方や定員がまた見直される可能性大だと思います。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-03-05-Tue 22:17 [EDIT]
文理学科の実績をどう判断するのかが難しい問題ですね。
文理学科校の入れ替えを検討するようですから、そのためにも基準が必要になります。

高い意識を持たされた結果、浪人する生徒も増えるのではないかと考えています。

一部ではあれ最上位層を受け入れたのですから、その層を伸ばすことができたのか?そして、その代償はなかったのか?気になります。

仰られるように上がる高校ばかりではないように思っています。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。