塾長の独り言です。日々思ったり、感じたことを書き込んでみたいと思います。この仕事は、実態が不明な部分が多く、このあたりが、少しでも皆様に伝われば幸いです。
塾長のモノローグ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪府公立高校入試結果!
2013-03-18-Mon  CATEGORY: 未分類
本日は、後期入試の発表日でした。
電話を転送に設定しており、直接合否結果を聞けない事態になりました。それで、全員の合否を確認できたのが14時頃になりました。1人不合格になり喜びも半減ですが、最後まで力を尽くした塾生の健闘を称えたいと思っています。

前期入試の結果は悲惨なものです。
地元の中学によると、泉陽全滅…和泉1人…登美丘全滅…!?
別の中学では、前期全体の合格率が36%!そのうちの専門学科の合格率60%に対し、普通科前期の合格率は12%とのこと!とんでもない入試であったことがご理解いただけると思います。

自塾もこの数字通りで前期は専門学科の受験生が、合格者の大半を占めました。

なんとしてでも来年は、今年のような入試を止めていただきたいのですが、教育委員会には今のところそんな気配はありません。

来年の入試日程が発表になりました。
私立高校入試2月10日(今年2月9日)
公立前期入試2月20日(今年2月20日)出願2月14・17日、発表2月27日
公立後期入試3月12日(今年3月11日)出願3月5・6日、発表3月19日


以上のように日程は今年とほぼ変わりません。私が申し上げている発表までの長い期間、逆に短すぎる願書提出期間はそのままです。さらに、今年同様、前期発表後の土日を除く3日間で後期受験校を決めなければなりません。落ち込む暇もない慌ただしい入試日程に来年もなるのです。

どこへ?誰に?この問題を突きつければお分かりいただけるのでしょうか?

後期は、学校の進路指導に従う受験生が多く、分散した結果、定員を割る高校が減りました。しかし、これは受験生が意志を曲げたからなのです。大きく減った定員割れが今回の前倒し入試の成果だと見るのは誤りです。

平均でも3倍を超えた普通科前期入試を何とも思わないのでしょうか?不合格になり体調まで崩した受験生がいることをご存知なのでしょうか?

断固として、この入試日程に反対し、抗議していきたいと思っています!
ページトップへ  トラックバック0 コメント14
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2013-03-18-Mon 20:32 [EDIT]
前期の定員の見直し(80→160)は濃厚との噂ですが、それも望み薄でしょうか?

Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-03-19-Tue 21:28 [EDIT]
情報がなく、申し訳ありません。

ただ、中学は嫌がります。
160名にすると前期の定員がまた7000名増えることになります。
そうなると私立専願生と前期合格者で中3の7割近い生徒が2月中に進路が決まることになります。

進路が決まれば、もう勉強に身が入りません。
現状でも、中3の3月授業は大変なようです。

ですから今年の前期増員にも中学側は反対しました。
しかし、願いは無視されたのですから、また、お構いなしに変更するかもしれません。

何よりも、残りの生徒がますます可哀想になります。
コメント | URL | 2013-03-21-Thu 21:30 [EDIT]
お礼の書き込み遅れました。
ご返答、ありがとうございました。

そうですか。
前期での定員増は、嫌がられるのですね。
私の周りの反応では、前期で落ちる生徒を減らして欲しいとの
声が圧倒的でしたので。
確かに、勉強は上の空になるかもしれないですね。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-03-23-Sat 01:18 [EDIT]
入試日程が発表になりましたが、この日程が前期の定員増を見込んでなのか、今年同様の入試を睨んでのことなのか分かりません。

また、とりあえず日程だけを決めただけなのかもしれません。

中原教育長のもと、ますます予想が難しくなりました。

現状入試の続行も考え、中3生の指導計画を練り直しております。
コメント | URL | 2013-03-23-Sat 09:38 [EDIT]
そうでした。教育長が変わるのですね。
個人的には、あの方は優秀ではあるのでしょうが、英語以外にビジョンが見えないのが、少し違和感があります。民間感覚として、自分の得意な分野で成果を見せたかったという側面は否定はしませんが、教育ですからね。

国際化が叫ばれる中、英語は大切では有りますが、英語に膨大なエネルギーを費やさざる得ない入試制度には反対です。
偏差値40台の生徒で有っても、英語に関しては、現地で1、2年生活すれば、コミュニケーションには困らないレベルまで到達可能です。物理や数学はそうはいきません。

以前、先生が彼と話した時、その辺りの事は承知している旨のコメントをなされていましたが、TOEFLを導入して、それを受験資格にするという事になると、膨大なエネルギーを注ぎ込まなければなりません。

それにはまず、幼児教育、初等教育段階での英語教育を充実させないと、他の教科へしわ寄せが行くと思いますし、公教育がその辺りをケアーしないと、傾向、経済力にものを言わせた、一部の富裕層が幼児教育段階で英語に力を注ぎ、貧乏人は大学に行けないってことも無いとは言えません。

私個人の見解ではありますが、英語はエリート層だけに必要という考えには反対です。
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-03-25-Mon 16:32 [EDIT]
自民教育再生本部から、平成30年度の実施をにらみ、すべての大学の受験資格として、TOEFLの点数基準を設けるとの方針が示されました。

時代は変わるものです。国公立、私立大学で各学部ごとに基準を示させ、その基準に満たないと受験すらできなくなるようです。

日本の不甲斐無い英語教育を一気に変革しようとのことでしょうが、ここまでやるとなるとテスト内容をはじめ、実施会場の管理等気になることがいくつか浮かびます。いやそれ以前に、実施するのかについて十分議論を尽くすべきだと思います。

アメリカのNPOが留学生の英語能力を判定するために作ったテストです。日本でこれをすべての大学入試に活用することが適切なのかどうか、私は判断に苦しみます。

実施されるとなると、早期からその対策が講じられ、中・高一貫の私立では中学時からの指導が強化されることでしょう。

そうなるとご指摘のとおり、私立と公立の差が大きく大学実績に反映していくものと思われます。

金持ちにも貧乏人にも、公平なものが入試なのですから、それに格差がでるこの制度の導入には、私は反対です。
コメント | URL | 2013-03-25-Mon 21:37 [EDIT]
御回答頂け無いので、先生は現状のままで大学入試へのTOEFL導入に賛成なのかなあ? と落胆しておりました(笑)

導入するなら、小学生から、リスニングに力を入れた、公教育でのしっかりした制度の確立を説に望みます。
(そうした制度を確立した後でのTOEFL導入なら、むしろ賛成です。)
Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-03-25-Mon 23:38 [EDIT]
そうですよね! 
前にも書きました通り、英検には不信感いっぱいです!
TOEFL導入には賛成です。

ですが、ここまでやられると…。

3番柱
①TOEFL導入
②タブレットPC配布
③大学入試文系でも理数必須
には基本的に賛成します!

しかし、厳しい大学入試が見えてきます。
18の春を泣かすな!の再燃ですよね。

その春を戦った者としては賛成なのですが、覚めた目で見るとこの先に何があるのか?問いたくもなります。

もっと、その先を明らかにしてから実施して欲しいですね。   
コメント器の違いがでましたね | URL | 2013-04-02-Tue 12:04 [EDIT]
中原徹:
「明日から職場が変わります。
和泉高校の校長から大阪府の教育長になります。
このブログをこのまま続けようと思います。
私が教育長になった後でも、私が、和泉高校の校長として、
何を考え、何をしてきたかを示す記録を残しておくことは必要
であると考えたためです。」


一方、泉陽の前校長
「ご愛読ありがとうございます。
このブログで述べたことは別に独創的な見解というわけではなく、
わたしからすれば常識です。プロなら誰でも語れる内容です。
「立つ鳥跡を濁さず」とも言いますから、任期終了と共に消去でしょう。
新校長さんが、また独自の情報発信をしてくださるでしょう。
昨年6月22日から始まったカウンターによると32万件を超える方が
本校HPを訪問して下さいました。そのうち半分のかたが当ブログを
ご覧いただいたとしても、相当の数です。ありがとうございました。」


校長への配慮が有るか無いかの違いやな。
大人の礼儀作法ってやつやな。



Re: タイトルなし
コメント管理人 | URL | 2013-04-02-Tue 22:39 [EDIT]
返す言葉が見つかりません。

実は、1週間ほど前、あの方のブログにコメントを書き込みました。
今年の入試をどうお考えなのかをお聞きしたかったからです。

しかし、残念ながらお返事はいただけないようです。

具体的なお話はできなくとも、差し支えない範囲で構わないのですが…。

今後どういう方針をとられるのか不安になるとともに、ちょっと淋しいです。
相対内申のまま
コメントH26年度受験 | URL | 2013-04-04-Thu 14:55 [EDIT]
内申も「学区撤廃と内申制度変更(絶対評価)は一緒」というお話でしたが、内申はH26年度は相対評価と決まりました。

絶対評価=内申Upと思われている保護者が多いですが、私は絶対評価の方が「10」に関しては厳しいと思っています。

でも、絶対評価を待ち望んでいた保護者からは批判の声が始業式を前に高まっています。

市長殿、教育長殿と新しい物がお好きですから・・・心配です。
教育長が「じゃ、内申への不満をかわすために○×アイデアだしました」
市長殿が「おぉ~スピード感があってよろしい。どんどん改革を」

なんて事にならないよう(つまらない小手先改革をしないよう)ただただ祈るだけです
Re: 相対内申のまま
コメント管理人 | URL | 2013-04-04-Thu 15:25 [EDIT]
そうですね!

今の方針だと、新中1生から絶対評価導入、つまり内申に絶対評価が絡むのは3年後ということになります。

様々な意見をまとめきれずに先送りにした感がぬぐえません。

仰られる通り、もっと早期に入試に影響するような気がしています。

単純に考えて、10、9、2、1が減ることになるでしょうから、内申差は少なくなることでしょう。また、各中学校間の格差を考えると入試に占める内申の割合を低くする可能性があると考えています。

より学力検査(入試)に重きが置かれることになると、過激な競争が引き起こるかもしれません。

他府県では、こぞって推薦入試を導入しましたが、問題を感じてか、近年学力検査を加える等、改める動きが広まっています。

大阪が導入しなかったのはこの意味では正解だったようです。

そこで大阪独自の新しい入試制度を導入しましょう!
他府県の皆様、あなた方は古すぎる!
これこそこれからの入試制度です!

なんてことにならなければよいですねv-292
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2013-05-18-Sat 21:22 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: テーマとは関係ありませんが...
コメント管理人 | URL | 2013-05-23-Thu 23:10 [EDIT]
了解いたしました。
塾生にも勧めてみます!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 塾長のモノローグ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。